1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 五十音検索 >
  3. 「か」

「か」からはじまる故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
槐安の夢かいあんのゆめ
飼い犬に手を噛まれるかいいぬにてをかまれる
貝殻で海を量るかいがらでうみをはかる
会議は踊るかいぎはおどる
会稽の恥を雪ぐかいけいのはじをすすぐ
解語の花かいごのはな
カイザルの物はカイザルにかいざるのものはかいざるに
改竄かいざん
膾炙かいしゃ
灰燼に帰すかいじんにきす
海賊が山賊の罪をあげるかいぞくがさんぞくのつみをあげる
書いた物が物を言うかいたものがものをいう
海中より盃中に溺死する者多しかいちゅうよりはいちゅうにできしするものおおし
快刀、乱麻を断つかいとう、らんまをたつ
海棠の睡り未だ足らずかいどうのねむりいまだたらず
甲斐なき星が夜を明かすかいなきほしがよをあかす
櫂は三年、櫓は三月かいはさんねん、ろはみつき
隗より始めよかいよりはじめよ
怪力乱神を語らずかいりょくらんしんをかたらず
回禄の災いかいろくのわざわい
買うは貰うに勝るかうはもらうにまさる
替え着なしの晴れ着なしかえぎなしのはれぎなし
カエサルの物はカエサルにかえさるのものはかえさるに
顧みて他を言うかえりみてたをいう
蛙の子は蛙かえるのこはかえる
蛙の面に水かえるのつらにみず
顔で笑って心で泣くかおでわらってこころでなく
顔に泥を塗るかおにどろをぬる
顔に紅葉を散らすかおにもみじをちらす
嬶天下にからっ風かかあでんかにからっかぜ
河海は細流を択ばずかかいはさいりゅうをえらばず
蝸角の争いかかくのあらそい
踵で頭痛を病むかかとでずつうをやむ
懸かるも引くも折によるかかるもひくもおりによる
屈み女に反り男かがみおんなにそりおとこ
鏡は女の魂かがみはおんなのたましい
書き入れ時かきいれどき
垣堅くして犬入らずかきかたくしていぬいらず
欠き餅と焼き餅は焼くほどよいかきもちとやきもちはやくほどよい
蝸牛、角上の争いかぎゅう、かくじょうのあらそい
鶴首かくしゅ
隠すより現るかくすよりあらわる
獲麟かくりん
隠れたるより現るるはなしかくれたるよりあらわるるはなし
駆け馬に鞭かけうまにむち
駆けつけ三杯かけつけさんばい
陰では王様の事も言うかげではおうさまのこともいう
陰では殿の事も言うかげではとののこともいう
陰に居て枝を折るかげにいてえだをおる
陰に託して影を求むかげにたくしてかげをもとむ
影の形に随うが如しかげのかたちにしたがうがごとし
陰弁慶かげべんけい
陽炎、稲妻、水の月かげろう、いなずま、みずのつき
嘉肴ありと雖も食らわずんばその旨きを知らずかこうありといえどもくらわずんばそのうまきをしらず
籠で水を汲むかごでみずをくむ
駕籠にに乗る人担ぐ人、そのまた草鞋を作る人かごににのるひとかつぐひと、そのまたわらじをつくるひと
籠の鳥、雲を慕うかごのとり、くもをしたう
傘と提灯は戻らぬつもりで貸せかさとちょうちんはもどらぬつもりでかせ
笠に着るかさにきる
風上にも置けないかざかみにもおけない
貸した物は忘れぬが借りたものは忘れるかしたものはわすれぬがかりたものはわすれる
和氏の璧かしのたま
鹿島立ちかしまだち
華燭の典かしょくのてん
華胥の国に遊ぶかしょのくににあそぶ
家書万金に抵るかしょばんきんにあたる
頭が動かねば尾が動かぬかしらがうごかねばおがうごかぬ
頭に霜を戴くかしらにしもをいただく
火事あとの釘拾いかじあとのくぎひろい
火事あとの火の用心かじあとのひのようじん
火事と喧嘩は江戸の花かじとけんかはえどのはな
火事と葬式に行けば勘当もゆりるかじとそうしきにいけばかんどうもゆりる
火事場の馬鹿力かじばのばかぢから
歌人は居ながらにして名所を知るかじんはいながらにしてめいしょをしる
鎹思案かすがいじあん
霞に千鳥かすみにちどり
数を言うまい羽織りの紐かずをいうまいはおりのひも
苛政は虎よりも猛しかせいはとらよりもたけし
河清を俟つかせいをまつ
稼ぐに追い着く貧乏なしかせぐにおいつくびんぼうなし
稼ぐに追い抜く貧乏神かせぐにおいぬくびんぼうがみ
風が吹けば桶屋が儲かるかぜがふけばおけやがもうかる
風に櫛り雨に沐うかぜにくしけずりあめにかみあらう
風に柳かぜにやなぎ
風の便りかぜのたより
風の前の塵かぜのまえのちり
風邪は百病のもとかぜはひゃくびょうのもと
風は吹けども山は動せずかぜはふけどもやまはどうせず
風邪は万病のもとかぜはまんびょうのもと
風を食らうかぜをくらう
堅い木は折れるかたいきはおれる
敵の家でも口を濡らせかたきのいえでもくちをぬらせ
敵の前より借金の前かたきのまえよりしゃっきんのまえ
難きを先にし、獲るを後にすかたきをさきにし、うるをのちにす
火宅かたく
片口聞いて公事を分くるなかたくちきいてくじをわくるな
固唾を呑むかたずをのむ
片手で錐は揉まれぬかたてできりはもまれぬ
刀折れ矢尽きるかたなおれやつきる
片棒を担ぐかたぼうをかつぐ
肩身が狭いかたみがせまい
片山曇れば片山日照るかたやまくもればかたやまひてる
語るに落ちるかたるにおちる
肩を並べるかたをならべる
火中の栗を拾うかちゅうのくりをひろう
渇しても盗泉の水を飲まずかっしてもとうせんのみずをのまず
勝った自慢は負けての後悔かったじまんはまけてのこうかい
勝って兜の緒を締めよかってかぶとのおをしめよ
河童に水練かっぱにすいれん
河童の川流れかっぱのかわながれ
河童の寒稽古かっぱのかんげいこ
河童の屁かっぱのへ
餓えて死ぬは一人、飲んで死ぬは千人かつえてしぬはひとり、のんでしぬはせんにん
勝つも負けるも時の運かつもまけるもときのうん
褐を被て玉を懐くかつをきてたまをいだく
勝てば官軍、負ければ賊軍かてばかんぐん、まければぞくぐん
瓜田に履を納れず、李下に冠を正さずかでんにくつをいれず、りかにかんむりをたださず
門松は冥土の旅の一里塚かどまつはめいどのたびのいちりづか
鼎の軽重を問うかなえのけいちょうをとう
鼎の沸くが如しかなえのわくがごとし
金鎖も引けば切れるかなぐさりもひけばきれる
悲しい時は身一つかなしいときはみひとつ
金槌の川流れかなづちのかわながれ
金棒引きかなぼうひき
叶わぬ時には親を出せかなわぬときにはおやをだせ
叶わぬ時の神頼みかなわぬときのかみだのみ
蟹の念仏かにのねんぶつ
蟹の横這いかにのよこばい
蟹は甲羅に似せて穴を掘るかにはこうらににせてあなをほる
蟹を縦に歩かせることはできないかにをたてにあるかせることはできない
金請けするとも人請けするなかねうけするともひとうけするな
金があれば馬鹿も旦那かねがあればばかもだんな
金が言わせる旦那かねがいわせるだんな
金が敵かねがかたき
金が金を儲けるかねがかねをもうける
金が物言うかねがものいう
金さえあれば飛ぶ鳥も落ちるかねさえあればとぶとりもおちる
鉦太鼓で捜すかねたいこでさがす
金で面を張るかねでつらをはる
金と塵は積もるほど汚いかねとちりはつもるほどきたない
金なき者は金を使うかねなきものはかねをつかう
金に糸目を付けぬかねにいとめをつけぬ
金の貸し借り不和の基かねのかしかりふわのもと
金の切れ目が縁の切れ目かねのきれめがえんのきれめ
金のなる木かねのなるき
金の光は阿弥陀ほどかねのひかりはあみだほど
金の光は七光かねのひかりはななひかり
金の草鞋で捜すかねのわらじでさがす
金は命の親、命の敵かねはいのちのおや、いのちのかたき
金は浮き物かねはうきもの
金は片行きかねはかたいき
金は三欠くに溜まるかねはさんかくにたまる
金は世界の回り物かねはせかいのまわりもの
金は天下の回り物かねはてんかのまわりもの
金は湧き物かねはわきもの
金持ち、金使わずかねもち、かねつかわず
金持ち喧嘩せずかねもちけんかせず
金持ちと灰吹きは溜まるほど汚いかねもちとはいふきはたまるほどきたない
鉦や太鼓で探すかねやたいこでさがす
禍福は糾える縄の如しかふくはあざなえるなわのごとし
兜を脱ぐかぶとをぬぐ
壁訴訟かべそしょう
壁に耳あり障子に目ありかべにみみありしょうじにめあり
壁の穴は壁で塞げかべのあなはかべでふさげ
果報は寝て待てかほうはねてまて
南瓜に目鼻かぼちゃにめはな
竈の下の灰までかまどのしたのはいまで
鎌をかけるかまをかける
噛み合う犬は呼び難しかみあういぬはよびがたし
神様にも祝詞かみさまにものりと
神は非礼を受けずかみはひれいをうけず
神は自ら助くる者を助くかみはみずからたすくるものをたすく
噛む馬はしまいまで噛むかむうまはしまいまでかむ
亀の甲より年の劫かめのこうよりとしのこう
亀の年を鶴が羨むかめのとしをつるがうらやむ
鴨が葱を背負って来るかもがねぎをしょってくる
可もなく不可もなしかもなくふかもなし
鴨の水搔きかものみずかき
下問を恥じずかもんをはじず
痒い所に手が届くかゆいところにてがとどく
芥子は気短に搔かせろからしはきみじかにかかせろ
烏に反哺の孝ありからすにはんぽのこうあり
烏の頭の白くなるまでからすのあたまのしろくなるまで
烏の行水からすのぎょうずい
烏の雌雄からすのしゆう
烏を鷺からすをさぎ
借り着より洗い着かりぎよりあらいぎ
借りて借り得、貸して貸し損かりてかりどく、かしてかしぞん
借りてきた猫かりてきたねこ
雁の使いかりのつかい
狩人、罠にかかるかりゅうど、わなにかかる
借りる時の地蔵顔、返す時の閻魔顔かりるときのじぞうがお、かえすときのえんまがお
借りる八合、済す一升かりるはちごう、なすいっしょう
軽い返事に重い尻かるいへんじにおもいしり
枯れ木に花かれきにはな
枯れ木も山の賑わいかれきもやまのにぎわい
彼も一時、此れも一時かれもいちじ、これもいちじ
彼も人なり、我も人なりかれもひとなり、われもひとなり
彼を知り己を知れば百戦殆うからずかれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず
かわいい子には旅をさせよかわいいこにはたびをさせよ
かわいさ余って憎さが百倍かわいさあまってにくさがひゃくばい
皮切りの一灸かわきりのひとひ
川口で船を破るかわぐちでふねをわる
川越して宿とれかわこしてやどとれ
川立ちは川で果てるかわだちはかわではてる
川に水運ぶかわにみずはこぶ
皮引けば身が痛いかわひけばみがいたい
皮引けば身が付くかわひけばみがつく
皮を切らせて肉を切り、肉を切らせて骨を切るかわをきらせてにくをきり、にくをきらせてほねをきる
間、髪を容れずかん、はつをいれず
間一髪かんいっぱつ
考えは雪隠かんがえはせっちん
考える葦かんがえるあし
勧学院の雀は蒙求を囀るかんがくいんのすずめはもうぎゅうをさえずる
閑古鳥が鳴くかんこどりがなく
癇癪持ちの事破りかんしゃくもちのことやぶり
韓信の股くぐりかんしんのまたくぐり
勘定合って銭足らずかんじょうあってぜにたらず
坎井の蛙かんせいのあ
間然するところなしかんぜんするところなし
肝胆相照らすかんたんあいてらす
邯鄲の歩みかんたんのあゆみ
邯鄲の夢かんたんのゆめ
肝胆を砕くかんたんをくだく
干天の慈雨かんてんのじう
官途に就くかんとにつく
艱難、汝を玉にすかんなん、なんじをたまにす
寒に帷子、土用に布子かんにかたびら、どようにぬのこ
堪忍五両、思案十両かんにんごりょう、しあんじゅうりょう
堪忍五両、負けて三両かんにんごりょう、まけてさんりょう
堪忍の忍の字が百貫するかんにんのにんのじがひゃっかんする
堪忍は一生の宝かんにんはいっしょうのたから
堪忍袋の緒が切れるかんにんぶくろのおがきれる
汗馬の労かんばのろう
看板に偽りありかんばんにいつわりあり
看板に偽りなしかんばんにいつわりなし
完璧かんぺき
管鮑の交わりかんぽうのまじわり
歓楽極まりて哀情多しかんらくきわまりてあいじょうおおし
還暦かんれき
棺を蓋いて事定まるかんをおおいてことさだまる
款を通じるかんをつうじる
管を以て天を窺うかんをもっててんをうかがう
骸骨を乞うがいこつをこう
蓋世の気がいせいのき
咳唾、珠を成すがいだ、たまをなす
餓鬼に苧殻がきにおがら
餓鬼の断食がきのだんじき
餓鬼の花争いがきのはなあらそい
餓鬼の目に水見えずがきのめにみずみえず
餓鬼も人数がきもにんずう
学者の取った天下なしがくしゃのとったてんかなし
学者むしゃくしゃがくしゃむしゃくしゃ
学問に王道なしがくもんにおうどうなし
楽屋から火を出すがくやからひをだす
楽屋で声を嗄らすがくやでこえをからす
牙城がじょう
がったり三両がったりさんりょう
画餅に帰すがべいにきす
画竜点睛を欠くがりょうてんせいをかく
雁がたてば鳩もたつがんがたてばはともたつ
雁が飛べば石亀も地団駄がんがとべばいしがめもじだんだ
眼光、紙背に徹すがんこう、しはいにてっす
雁書がんしょ
顔色なしがんしょくなし
眼中人なしがんちゅうひとなし

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
 
   
 

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved