1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 五十音検索 >
  3. 「し」

「し」からはじまる故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
仕上げが肝心しあげがかんじん
思案投げ首しあんなげくび
思案の案の字が百貫するしあんのあんのじがひゃっかんする
塩辛を食おうとて水を飲むしおからをくおうとてみずをのむ
塩にて淵を埋むごとししおにてふちをうずむごとし
塩を売っても手を嘗めろしおをうってもてをなめろ
塩を売れば手が鹹くなるしおをうればてがからくなる
四角な座敷を丸く掃くしかくなざしきをまるくはく
鹿の角を蜂が刺すしかのつのをはちがさす
鹿を逐う者は山を見ずしかをおうものはやまをみず
鹿を指して馬となすしかをさしてうまとなす
志学しがく
四月の中の十日に心なしに雇われるなしがつのなかのとおかにこころなしにやとわれるな
歯牙にもかけないしがにもかけない
敷居が高いしきいがたかい
敷居を跨げば七人の敵ありしきいをまたげばしちにんのてきあり
色即是空、空即是色しきそくぜくう、くうそくぜしき
指呼の間しこのかん
仕事幽霊飯弁慶、その癖夏痩せ寒細り、たまたま肥ゆれば腫れ病しごとゆうれいめしべんけい、そのくせなつやせかんぼそり、たまたまこゆればはれやまい
獅子、身中の虫しし、しんちゅうのむし
獅子吼ししく
死しての千年より生きての一日ししてのせんねんよりいきてのいちにち
死して後、已むししてのち、やむ
死屍に鞭打つししにむちうつ
獅子の子落としししのこおとし
獅子は兎を撃つに全力を用うししはうさぎをうつにぜんりょくをもちう
私淑ししゅく
支証の出し遅れししょうのだしおくれ
師匠のはな負けししょうのはなまけ
四十肩に五十腕しじゅうかたにごじゅううで
四十がったりしじゅうがったり
四十くらがりしじゅうくらがり
四十過ぎての道楽と七つ下がって降る雨は止みそうで止まぬしじゅうすぎてのどうらくとななつさがってふるあめはやみそうでやまぬ
沈む瀬あれば浮かぶ瀬ありしずむせあればうかぶせあり
死生、命ありしせい、めいあり
咫尺を弁せずしせきをべんせず
死せる孔明、生ける仲達を走らすしせるこうめい、いけるちゅうたつをはしらす
自然に帰れしぜんにかえれ
士族の商法しぞくのしょうほう
舌三寸に胸三寸したさんずんにむねさんずん
親しき仲に垣をせよしたしきなかにかきをせよ
親しき仲にも礼儀ありしたしきなかにもれいぎあり
下地は好きなり御意はよししたじはすきなりぎょいはよし
舌の剣は命を絶つしたのつるぎはいのちをたつ
舌の根も乾かぬうちしたのねもかわかぬうち
下腹に毛がないしたはらにけがない
舌は禍の根したはわざわいのね
舌を巻くしたをまく
四知しち
七細工八貧乏しちざいくはちびんぼう
七尺去って師の影を踏まずしちしゃくさってしのかげをふまず
七十五日は金の手洗いしちじゅうごにちはかねのてあらい
七度探して人を疑えしちどさがしてひとをうたがえ
七年の病に三年の艾を求むしちねんのやまいにさんねんのもぐさをもとむ
七歩の才しちほのさい
死中に活を求めるしちゅうにかつをもとめる
知ったか振りの恥搔きしったかぶりのはじかき
知ったが病しったがやまい
知って知らざれしってしらざれ
知って問うは礼なりしってとうはれいなり
失敗は成功のもとしっぱいはせいこうのもと
疾風に勁草を知るしっぷうにけいそうをしる
尻尾を出すしっぽをだす
しつこい坊主に檀那がないしつこいぼうずにだんながない
舐犢の愛しとくのあい
死なぬ子三人、皆孝行しなぬこさんにん、みなこうこう
死に馬に鍼刺すしにうまにはりさす
死にたいと麦飯食いたいほど大きな嘘はないしにたいとむぎめしくいたいほどおおきなうそはない
死に花を咲かせるしにばなをさかせる
死に別れより生き別れしにわかれよりいきわかれ
死人に口なししにんにくちなし
死ぬ死ぬと言う者に死んだ例なししぬしぬというものにしんだためしなし
死ぬ者貧乏しぬものびんぼう
死ぬる子は眉目よししぬるこはみめよし
死ぬるばかりは真しぬるばかりはまこと
死ねば死に損、生くれば生き得しねばしにぞん、いくればいきどく
鎬を削るしのぎをけずる
駟の隙を過ぐるが若ししのげきをすぐるがごとし
死は或は泰山より重く、或は鴻毛より軽ししはあるいはたいざんよりおもく、あるいはこうもうよりかろし
士は己を知る者の為に死すしはおのれをしるもののためにしす
芝居は一日の早学問しばいはいちにちのはやがくもん
死馬の骨を買うしばのほねをかう
駟馬も追う能ずしばもおうあたわず
四百四病の外しひゃくしびょうのほか
四百四病より貧の苦しみしひゃくしびょうよりひんのくるしみ
渋柿の長持ちしぶがきのながもち
死命を制するしめいをせいする
しめこの兎しめこのうさぎ
下いびりの上へつらいしもいびりのかみへつらい
駟も舌に及ばずしもしたにおよばず
霜を履んで堅氷至るしもをふんでけんぴょういたる
釈迦に宗旨なししゃかにしゅうしなし
釈迦に説法しゃかにせっぽう
杓子で腹を切るしゃくしではらをきる
杓子は耳搔きにならずしゃくしはみみかきにならず
尺も短き所あり、寸も長き所ありしゃくもみじかきところあり、すんもながきところあり
尺を枉げて尋を直くすしゃくをまげてじんをなおくす
社稷の臣しゃしょくのしん
車軸を流すしゃじくをながす
娑婆で見た野次郎しゃばでみたやじろう
沙弥から長老しゃみからちょうろう
沙弥から長老にはなれぬしゃみからちょうろうにはなれぬ
衆寡敵せずしゅうかてきせず
習慣は第二の天性なりしゅうかんはだいにのてんせいなり
衆口、金を鑠かすしゅうこう、きんをとかす
秋毫しゅうごう
宗旨の争い釈迦の恥しゅうしのあらそいしゃかのはじ
終止符を打つしゅうしふをうつ
修身斉家治国平天下しゅうしんせいかちこくへいてんか
舅の物で相婿もてなすしゅうとのものであいむこもてなす
姑に似た嫁しゅうとめににたよめ
姑の十七、見た者ないしゅうとめのじゅうしち、みたものない
秋波を送るしゅうはをおくる
愁眉を開くしゅうびをひらく
菽麦を弁せずしゅくばくをべんせず
祝融の災いしゅくゆうのわざわい
守株しゅしゅ
主従は三世しゅじゅうはさんぜ
手足を措く所なししゅそくをおくところなし
出家の念仏嫌いしゅっけのねんぶつぎらい
出藍の誉れしゅつらんのほまれ
手套を脱すしゅとうをだっす
朱に交われば赤くなるしゅにまじわればあかくなる
春宵一刻値千金しゅんしょういっこくあたいせんきん
春秋高ししゅんじゅうたかし
春秋に富むしゅんじゅうにとむ
春秋の筆法しゅんじゅうのひっぽう
春眠、暁を覚えずしゅんみん、あかつきをおぼえず
舜も人なり吾もまた人なりしゅんもひとなりわれもまたひとなり
雌雄を決するしゆうをけっする
小異を捨てて大同につくしょういをすててだいどうにつく
しょう事なしに米の飯しょうことなしにこめのめし
尚歯しょうし
正直の頭に神宿るしょうじきのこうべにかみやどる
正直は阿呆の異名しょうじきはあほうのいみょう
正直は一生の宝しょうじきはいっしょうのたから
正直貧乏、横着栄耀しょうじきびんぼう、おうちゃくえよう
正直者が馬鹿を見るしょうじきものがばかをみる
小事は大事しょうじはだいじ
生者必滅、会者定離しょうじゃひつめつ、えしゃじょうり
小人閑居して不善をなすしょうじんかんきょしてふぜんをなす
小人罪なし璧を懐いて罪ありしょうじんつみなしたまをいだいてつみあり
掌中の珠しょうちゅうのたま
少年老い易く学成り難ししょうねんおいやすくがくなりがたし
少年よ、大志を抱けしょうねんよ、たいしをいだけ
小の虫を殺して大の虫を助けるしょうのむしをころしてだいのむしをたすける
賞は厚くし罰は薄くすべししょうはあつくしばつはうすくすべし
松柏の操しょうはくのみさお
商売往来にない商売しょうばいおうらいにないしょうばい
商売は草の種しょうばいはくさのたね
商売は道によって賢ししょうばいはみちによってかしこし
焦眉の急しょうびのきゅう
勝負は時の運しょうぶはときのうん
証文が物を言うしょうもんがものをいう
証文の出し遅れしょうもんのだしおくれ
醬油で煮しめたようしょうゆでにしめたよう
将を射んとせば先ず馬を射よしょうをいんとせばまずうまをいよ
小を捨てて大に就くしょうをすててだいにつく
升を以て石を量るしょうをもってこくをはかる
食牛の気しょくぎゅうのき
食後の一睡、万病円しょくごのいっすい、まんびょうえん
食指が動くしょくしがうごく
職人貧乏人宝しょくにんびんぼうひとだから
初心忘るべからずしょしんわするべからず
蜀犬、日に吠ゆしょっけん、ひにほゆ
白髪は冥土の使いしらがはめいどのつかい
知らざるを知らずと為せ、是れしるなりしらざるをしらずとなせ、これしるなり
知らずば半分値しらずばはんぶんね
知らずば人に問えしらずばひとにとえ
白豆腐の拍子木しらどうふのひょうしぎ
白波しらなみ
知らぬ顔の半兵衛しらぬかおのはんべえ
知らぬ神より馴染みの鬼しらぬかみよりなじみのおに
知らぬが仏しらぬがほとけ
知らぬ京物語しらぬきょうものがたり
知らぬは亭主ばかりなりしらぬはていしゅばかりなり
知らぬ仏より馴染みの鬼しらぬほとけよりなじみのおに
白羽の矢が立つしらはのやがたつ
芝蘭の室に入るが如ししらんのしつにいるがごとし
尻馬に乗るしりうまにのる
尻が来るしりがくる
尻が割れるしりがわれる
知りて知らざれしりてしらざれ
知る人ぞ知るしるひとぞしる
知る者は言わず言う者は知らずしるものはいわずいうものはしらず
汁を吸うても同罪しるをすうてもどうざい
師走女房難つけなしわすにょうぼうなんつけな
吝ん坊と灰吹きは溜まるほど汚いしわんぼうとはいふきはたまるほどきたない
吝ん坊の柿の種しわんぼうのかきのたね
詩を作るより田を作れしをつくるよりたをつくれ
辛酸を嘗めるしんさんをなめる
心中より饅頭しんじゅうよりまんじゅう
信心過ぎて極楽を通り越すしんじんすぎてごくらくをとおりこす
信心は徳の余りしんじんはとくのあまり
信心も欲からしんじんもよくから
薪水の労しんすいのろう
進退これ谷るしんたいこれきわまる
身体髪膚、これを父母に受くしんたいはっぷ、これをふぼにうく
心胆を寒からしめるしんたんをさむからしめる
死んだ子の年を数えるしんだこのとしをかぞえる
死んだ子は賢いしんだこはかしこい
死んだら褒められるしんだらほめられる
死んで花実が咲くものかしんではなみがさくものか
心頭滅却すれば火もまた涼ししんとうめっきゃくすればひもまたすずし
真の闇より無闇が怖いしんのやみよりむやみがこわい
親は泣き寄り、他人は食い寄りしんはなきより、たにんはくいより
心腹の友しんぷくのとも
心腹の病しんぷくのやまい
辛抱する木に金がなるしんぼうするきにかねがなる
シーザーの物はシーザーにしーざーのものはしーざーに
自家薬籠中の物じかやくろうちゅうのもの
自彊息まずじきょうやまず
ジキルとハイドじきるとはいど
時好に投ずるじこうにとうずる
地獄から火を貰いに来たようじごくからひをもらいにきたよう
地獄極楽は心にありじごくごくらくはこころにあり
地獄で仏に会ったようじごくでほとけにあったよう
地獄にも知る人じごくにもしるひと
地獄の一丁目じごくのいっちょうめ
地獄の上の一足飛びじごくのうえのいっそくとび
地獄の釜の蓋も開くじごくのかまのふたもあく
地獄の沙汰も金次第じごくのさたもかねしだい
地獄は壁一重じごくはかべひとえ
地獄へも連れじごくへもつれ
地獄耳じごくみみ
地獄も住み処じごくもすみか
磁石に針じしゃくにはり
地震、雷、火事、親父じしん、かみなり、かじ、おやじ
地震の時は竹薮に逃げろじしんのときはたけやぶににげろ
事実は小説よりも奇なりじじつはしょうせつよりもきなり
耳順じじゅん
爾汝の交わりじじょのまじわり
児孫のために美田を買わずじそんのためにびでんをかわず
地蔵の顔も三度じぞうのかおもさんど
地蔵は言わぬが我言うなじぞうはいわぬがわれいうな
地団太を踏むじだんだをふむ
十把一絡げじっぱひとからげ
十遍読むより一遍写せじっぺんよむよりいっぺんうつせ
地続きは買うておけじつづきはかうておけ
自分の盆の窪は見えずじぶんのぼんのくぼはみえず
自慢高慢、馬鹿のうちじまんこうまん、ばかのうち
自慢高慢酒の燗じまんこうまんさけのかん
自慢の糞は犬も食わぬじまんのくそはいぬもくわぬ
自慢は知恵の行き止まりじまんはちえのいきどまり
弱冠じゃっかん
蛇の道は蛇じゃのみちはへび
蛇は寸にして人を呑むじゃはすんにしてひとをのむ
十三日の金曜日じゅうさんにちのきんようび
十七八は藪力じゅうしちはちはやぶぢから
従心じゅうしん(しょうしん)
十読は一写に如かずじゅうどくはいちしゃにしかず
十年一日の如しじゅうねんいちじつのごとし
重箱の隅を楊枝でほじくるじゅうばこのすみをようじでほじくる
十分はこぼれるじゅうぶんはこぼれる
十目の視る所、十手の指す所じゅうもくのみるところ、じってのゆびさすところ
柔よく剛を制すじゅうよくごうをせいす
述懐奉公身を持たずじゅっかいぼうこうみをもたず
自由を与えよ、しからずんば死を与えよじゆうをあたえよ、しからずんばしをあたえよ
城下の盟じょうかのちかい
上戸に餅、下戸に酒じょうごにもち、げこにさけ
上戸の手弱じょうごのてよわ
上戸は毒を知らず下戸は薬を知らずじょうごはどくをしらずげこはくすりをしらず
上戸めでたや丸裸じょうごめでたやまるはだか
上梓じょうし
上手の小糸じょうずのこいと
上手の手から水が漏るじょうずのてからみずがもる
上手は下手の手本、下手は上手の手本じょうずはへたのてほん、へたはじょうずのてほん
冗談から駒が出るじょうだんからこまがでる
冗談にも程があるじょうだんにもほどがある
上知と下愚とは移らずじょうちとかぐとはうつらず
序破急じょはきゅう
而立じりつ
次郎にも太郎にも足りぬじろうにもたろうにもたりぬ
人口に膾炙するじんこうにかいしゃする
沈香も焚かず、屁もひらずじんこうもたかず、へもひらず
人後に落ちないじんごにおちない
仁者は憂えず、知者は惑わず、勇者は懼れずじんしゃはうれえず、ちしゃはまどわず、ゆうしゃはおそれず
仁者は山を楽しむじんしゃはやまをたのしむ
人事を尽くして天命を待つじんじをつくしててんめいをまつ
人生、意気に感ずじんせい、いきにかんず
人生、字を識るは憂患の始めじんせい、じをしるはゆうかんのはじめ
人生、朝露の如しじんせい、ちょうろのごとし
人生七十、古来稀なりじんせいしちじゅう、こらいまれなり
沈丁花は枯れても香しじんちょうげはかれてもかんばし

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
 
   
 

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved