1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 五十音検索 >
  3. 「せ」

「せ」からはじまる故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
性相近し、習い相遠しせいあいちかし、ならいあいとおし
生ある者は必ず死ありせいあるものはかならずしあり
青雲の志せいうんのこころざし
臍下丹田に力を入れるせいかたんでんにちからをいれる
成蹊せいけい
正鵠を射るせいこくをいる
青史せいし
精神一到、何事か成らざんせいしんいっとう、なにごとかならざん
聖人に夢なしせいじんにゆめなし
清水に魚棲まずせいすいにうおすまず
清濁併せ呑むせいだくあわせのむ
掣肘せいちゅう
井底の蛙せいていのあ
急いては事を仕損じるせいてはことをしそんじる
青天の霹靂せいてんのへきれき
盛年重ねて来らずせいねんかさねてきたらず
生は難く、死は易しせいはかたく、しはやすし
生は寄なり死は帰なりせいはきなりしはきなり
声涙、倶に下るせいるい、ともにくだる
生を偸むせいをぬすむ
世界半分自惚れしっかりせかいはんぶんうぬぼれしっかり
せかせか貧乏、ゆっくり長者せかせかびんぼう、ゆっくりちょうじゃ
急かねば事が間に合わぬせかねばことがまにあわぬ
席暖まるに暇あらずせきあたたまるにいとまあらず
関ヶ原せきがはら
積善の家には必ず余慶ありせきぜんのいえにはかならずよけいあり
赤貧洗うが如しせきひんあらうがごとし
急く事はゆるりとせよせくことはゆるりとせよ
世間知らずの高枕せけんしらずのたかまくら
世間の口に戸は立てられぬせけんのくちにとはたてられぬ
世間は張り物せけんははりもの
世間は広いようで狭いせけんはひろいようでせまい
世故に長けるせこにたける
世上物騒我が身息災せじょうぶっそうわがみそくさい
切匙で腹を切るせっかいではらをきる
尺蠖の屈するは伸びんがためせっかく(しゃっかく)のくっするはのびんがため
折檻せっかん
節季の風邪は買っても引けせっきのかぜはかってもひけ
席巻せっけん
雪駄の裏に灸せったのうらにきゅう
雪駄の土用干しせったのどようぼし
雪隠詰めせっちんづめ
雪隠で饅頭せっちんでまんじゅう
雪上に霜を加うせつじょうにしもをくわう
節を折るせつをおる
背に腹は替えられぬせにはらはかえられぬ
狭き門せまきもん
狭き門より入れせまきもんよりいれ
背より腹せよりはら
瀬を踏んで淵を知るせをふんでふちをしる
千金の裘は一狐の腋に非ずせんきんのきゅうはいっこのえきにあらず
千金の子は市に死せずせんきんのこはいちにしせず
千金を買う市あれど一文字を買う店なしせんきんをかういちあれどいちもんじをかうみせなし
千軒あれば共過ぎせんげんあればともすぎ
千石取れば万石羨むせんごくとればまんごくうらやむ
千石万石も米五合せんごくまんごくもこめごごう
千秋楽せんしゅうらく
千緒万端、遺漏あることなしせんしょばんたん、いろうあることなし
千畳敷に寝ても畳一枚せんじょうじきにねてもたたみいちまい
千丈の堤も螻蟻の穴を以て潰いゆせんじょうのつつみもろうぎのあなをもってついゆ
先生と言われるほどの馬鹿でなしせんせいといわれるほどのばかでなし
先祖に討ち死にさせて高枕せんぞにうちじにさせてたかまくら
栴檀は双葉より芳しせんだんはふたばよりかんばし
先手は万手せんてはまんて
船頭多くして、船、山へ登るせんどうおおくして、ふね、やまへのぼる
船頭のそら急ぎせんどうのそらいそぎ
千日の萱を一日せんにちのかやをいちにち
千日の萱を一日に焼くせんにちのかやをいちにちにやく
千日の旱魃に一日の洪水せんにちのかんばつにいちにちのこうずい
先入、主となるせんにゅう、しゅとなる
仙人の千年、蜉蝣の一時せんにんのせんねん、かげろうのいっとき
千人の諾諾は一士の諤諤に如かずせんにんのだくだくはいっしのがくがくにしかず
千の蔵より子は宝せんのくらよりこはたから
先鞭を着けるせんべんをつける
千万人と雖も吾往かんせんまんにんといえどもわれゆかん
千里眼せんりがん
千里の馬は常にあれども伯楽は常にはあらずせんりのうまはつねにあれどもはくらくはつねにはあらず
千里の馬も蹴躓くせんりのうまもけつまずく
千里の馬も伯楽に会わずせんりのうまもはくらくにあわず
千里の行も足下より始まるせんりのこうもそっかよりはじまる
千里の堤も蟻の穴からせんりのつつみもありのあなから
千里の野に虎を放つせんりののにとらをはなつ
千里の道も一歩からせんりのみちもいっぽから
千里一跳ねせんりひとはね
千慮の一失せんりょのいっしつ
千慮の一得せんりょのいっとく
絶景というは樽肴ありてこそぜっけいというはたるさかなありてこそ
銭ある時は鬼をも使うぜにあるときはおにをもつかう
銭あれば木物も面を返すぜにあればきぶつもつらをかえす
銭なしの市立ちぜになしのいちだち
銭は足なくして走るぜにはあしなくしてはしる
是非は道によって賢しぜひはみちによってかしこし
善悪の報いは影の形に随うが如しぜんあくのむくいはかげのかたちにしたがうがごとし
善悪は友によるぜんあくはともによる
善悪は友を見よぜんあくはともをみよ
前車の覆るは後車の戒めぜんしゃのくつがえるはこうしゃのいましめ
前車の轍を踏むぜんしゃのてつをふむ
然諾を重んずるぜんだくをおもんずる
前轍を踏むぜんてつをふむ
善には善の報い、悪には悪の報いぜんにはぜんのむくい、あくにはあくのむくい
善人なおもて往生を遂ぐ、況んや悪人をやぜんにんなおもておうじょうをとぐ、いわんやあくにんをや
善の裏は悪ぜんのうらはあく
善は急げぜんはいそげ
善は急げ悪は延べよぜんはいそげあくはのべよ
善美を尽くすぜんびをつくす
膳部揃うて箸を取れぜんぶそろうてはしをとれ
前門に虎を防ぎ後門に狼を進むぜんもんにとらをふせぎこうもんにおおかみをすすむ
前門の虎、後門の狼ぜんもんのとら、こうもんのおおかみ
善を責むるは朋友の道なりぜんをせむるはほうゆうのみちなり

五十音検索に戻る

ことわざを検索

五十音から検索
   
 
   
 

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved