1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 五十音検索 >
  3. 「と」

「と」からはじまる故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
問い声よければいらえ声よいといごえよければいらえごえよい
戸板に豆といたにまめ
問屋の只今といやのただいま
偸安とうあん
頭角を現すとうかくをあらわす
灯火親しむべしとうかしたしむべし
東家に食して西家に眠らんとうかにしょくしてせいかにねむらん
等閑に付すとうかんにふす
薹が立つとうがたつ
桃源郷とうげんきょう
東西南北の人とうざいなんぼくのひと
東西を失うとうざいをうしなう
東西を弁せずとうざいをべんせず
唐紙、唐紙、仮名で書けとうし、からかみ、かなでかけ
灯心で竹の根を掘るとうしんでたけのねをほる
冬至十日経てば阿呆でも知るとうじとおかたてばあほうでもしる
冬至冬中冬始めとうじふゆなかふゆはじめ
闘雀人を恐れずとうじゃくひとをおそれず
唐人の寝言とうじんのねごと
灯台、下暗しとうだい、もとくらし
問うに落ちずに語るに落ちるとうにおちずにかたるにおちる
問うは一旦の恥、問わぬは末代の恥とうはいったんのはじ、とわぬはまつだいのはじ
塔は下から組めとうはしたからくめ
掉尾を飾るとうびをかざる
豆腐で歯を痛めるとうふではをいためる
豆腐に鎹とうふにかすがい
唐変木とうへんぼく
灯明で尻を焙るとうみょうでしりをあぶる
灯滅せんとして光を増すとうめっせんとしてひかりをます
桃李もの言わざれども下自ずから蹊を成すとうりものいわざれどもしたおのずからけいをなす
登竜門とうりゅうもん
蟷螂が斧を以て隆車に向かうとうろうがおのをもってりゅうしゃにむかう
蟷螂の斧とうろうのおの
遠い親戚より近くの他人とおいしんせきよりちかくのたにん
十日の菊、六日の菖蒲とおかのきく、むいかのあやめ
遠き慮りなき者は必ず近き憂いありとおきおもんぱかりなきものはかならずちかきうれいあり
遠きに行くは必ず近きよりすとおきにゆくはかならずちかきよりす
遠きは花の香とおきははなのか
遠きを知りて近きを知らずとおきをしりてちかきをしらず
遠くて近きは男女の仲とおくてちかきはだんじょのなか
遠くなれば薄くなるとおくなればうすくなる
遠くの火事、背中の灸とおくのかじ、せなかのきゅう
遠くの親類より近くの他人とおくのしんるいよりちかくのたにん
遠ざかるほど思いが募るとおざかるほどおもいがつのる
十で神童、十五で才子、二十過ぎれば只の人とおでしんどう、じゅうごでさいし、はたちすぎればただのひと
十のことは十に言えとおのことはとおにいえ
遠火で手を焙るとおびでてをあぶる
遠道は近道とおみちはちかみち
遠目、山越し、笠の内とおめ、やまごし、かさのうち
とかく浮世は色と酒とかくうきよはいろとさけ
とかく近所に事なかれとかくきんじょにことなかれ
研がずに鍛冶を恨むなとがずにかじをうらむな
時に遇えば鼠も虎になるときにあえばねずみもとらになる
時の氏神ときのうじがみ
時の花を挿頭にせよときのはなをかざしにせよ
時の用には鼻を削げときのようにははなをそげ
時は得難くして失い易しときはえがたくしてうしないやすし
時は金なりときはかねなり
時を得た一針は九針の手間を省くときをえたいっしんはきゅうしんのてまをはぶく
徳孤ならず必ず隣ありとくこならずかならずとなりあり
徳は孤ならず必ず隣ありとくはこならずかならずとなりあり
得を取るより名を取れとくをとるよりなをとれ
徳を以て怨みに報ゆとくをもってうらみにむくゆ
所変われば品変わるところかわればしなかわる
所で吠えぬ犬はないところでほえぬいぬはない
所の神様ありがたからずところのかみさまありがたからず
所の法には矢は立たぬところのほうにはやはたたぬ
年が薬としがくすり
歳寒くして松柏の凋むに後るるを知るとしさむくしてしょうはくのしぼむにおくるるをしる
年問わんより世を問えとしとわんよりよをとえ
年には勝てないとしにはかてない
年は寄れども心は寄らぬとしはよれどもこころはよらぬ
屠所の羊としょのひつじ
年寄りて達者なものは口ばかりとしよりてたっしゃなものはくちばかり
年寄りと釘頭は引っ込むが良しとしよりとくぎがしらはひっこむがよし
年寄りの言うことと牛の鞦は外れないとしよりのいうこととうしのしりがいははずれない
年寄りの達者、春の雪としよりのたっしゃ、はるのゆき
年寄りの冷や水としよりのひやみず
年寄りの昔話としよりのむかしばなし
年寄りの物忘れ、若者の無分別としよりのものわすれ、わかもののむふんべつ
年寄りは家の宝としよりはいえのたから
年寄れば愚に帰るとしよればぐにかえる
塗炭の苦しみとたんのくるしみ
とどのつまりとどのつまり
隣の芝生は青いとなりのしばふはあおい
隣の糂汰味噌となりのじんだみそ
隣の疝気を頭痛に病むとなりのせんきをずつうにやむ
隣の宝を数えるとなりのたからをかぞえる
隣の花は赤いとなりのはなはあかい
隣の貧乏鴨の味となりのびんぼうかものあじ
隣の餅も食ってみよとなりのもちもくってみよ
隣は火事でも先ず一服となりはかじでもまずいっぷく
図南の翼となんのつばさ
鳶の子は鷹にならずとびのこはたかにならず
鳶も居ずまいから鷹に見えるとびもいずまいからたかにみえる
鳶が鷹を生むとび(とんび)がたかをうむ
鳶に油揚げを攫われるとび(とんび)にあぶらあげをさらわれる
飛ぶ鳥、跡を濁さずとぶとり、あとをにごさず
飛ぶ鳥の献立とぶとりのこんだて
飛ぶ鳥を落とす勢いとぶとりをおとすいきおい
跳ぶ前に見よとぶまえにみよ
富は一生の宝、知は万代の宝とみはいっしょうのたから、ちはばんだいのたから
とめてとまらぬ恋の道とめてとまらぬこいのみち
朋あり遠方より来るともありえんぽうよりきたる
友と酒は古いほどいいともとさけはふるいほどいい
倶に天を戴かずともにてんをいただかず
取らずの大関とらずのおおぜき
虎に翼とらにつばさ
捕らぬ狸の皮算用とらぬたぬきのかわざんよう
虎の威を藉る狐とらのいをかるきつね
虎の尾を踏むとらのおをふむ
虎の子とらのこ
虎の子渡しとらのこわたし
虎の巻とらのまき
虎は死して皮を留め、人は死して名を残すとらはししてかわをとどめ、ひとはししてなをのこす
虎は千里入って千里帰るとらはせんりいってせんりかえる
虎は千里の藪に栖むとらはせんりのやぶにすむ
虎を描いて狗に類すとらをえがいていぬにるいす
虎を野に放つとらをのにはなつ
鳥疲れて枝を選ばずとりつかれてえだをえらばず
とりつく島もないとりつくしまもない
鳥なき里の蝙蝠とりなきさとのこうもり
鳥の将に死なんとする、その鳴くや哀しとりのまさにしなんとする、そのなくやかなし
屠竜の技とりょうのぎ
取るより庇えとるよりかばえ
取ろう取ろうで取られるとろうとろうでとられる
飛んで火に入る夏の虫とんでひにいるなつのむし
堂が歪んで経が読めぬどうがゆがんできょうがよめぬ
同気相求むどうきあいもとむ
どうした風の吹き回しどうしたかぜのふきまわし
銅臭どうしゅう
同舟相救うどうしゅうあいすくう
同日の論にあらずどうじつのろんにあらず
堂に入るどうにいる
堂に升りて室に入らずどうにのぼりてしつにいらず
同病相憐れむどうびょうあいあわれむ
道理に向かう刃なしどうりにむかうやいばなし
道理百遍、義理一遍どうりひゃっぺん、ぎりいっぺん
道理を破る法はあれども法を破る道理なしどうりをやぶるほうはあれどもほうをやぶるどうりなし
同類相求むどうるいあいもとむ
読書百遍、義、自ずから見るどくしょひゃっぺん、ぎ、おのずからあらわる
独壇場どくだんじょう
毒にも薬にもならないどくにもくすりにもならない
毒薬変じて薬となるどくやくへんじてくすりとなる
毒を食らわば皿までどくをくらわばさらまで
毒を以て毒を制すどくをもってどくをせいす
どこで暮らすも一生どこでくらすもいっしょう
どこの烏も黒さは変わらぬどこのからすもくろさはかわらぬ
土壇場どたんば
毒気を抜かれるどっけをぬかれる
怒髪、冠を衝くどはつ、かんむりをつく
駑馬に鞭打つどばにむちうつ
土用布子に寒帷子どようぬのこにかんかたびら
土用の筍どようのたけのこ
泥仕合どろじあい
泥縄どろなわ
泥棒に追い銭どろぼうにおいせん
泥棒にも三分の道理どろぼうにもさんぶのどうり
泥棒の逆恨みどろぼうのさかうらみ
泥棒を捕らえて縄を綯うどろぼうをとらえてなわをなう
団栗の背比べどんぐりのせいくらべ
呑舟の魚どんしゅうのうお

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
 
   
 

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved