1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 五十音検索 >
  3. 「ぬ」

「ぬ」からはじまる故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
糠に釘ぬかにくぎ
抜かぬ太刀の高名ぬかぬたちのこうみょう
糠味噌が腐るぬかみそがくさる
糠喜びぬかよろこび
抜き足して来るひとに碌な者なしぬきあししてくるひとにろくなものなし
抜き足すれば道付くぬきあしすればみちつく
抜き差しならないぬきさしならない
抜け駆けの功名ぬけがけのこうみょう
盗人猛々しいぬすっとたけだけしい
盗人が盗人に盗まれるぬすびとがぬすびとにぬすまれる
盗人と言えば手を出すぬすびとといえばてをだす
盗人に追い銭ぬすびとにおいせん
盗人に鍵を預けるぬすびとにかぎをあずける
盗人にも三分の理ぬすびとにもさんぶのり
盗人にも仁義ぬすびとにもじんぎ
盗人の上米を取るぬすびとのうわまいをとる
盗人の提灯持ちぬすびとのちょうちんもち
盗人の取り残しはあれど火の取り残しはなしぬすびとのとりのこしはあれどひのとりのこしはなし
盗人の寝言ぬすびとのねごと
盗人の隙はあれど守り手の隙はなしぬすびとのひまはあれどまもりてのひまはなし
盗人の昼寝ぬすびとのひるね
盗人も戸締りぬすびともとじまり
盗人を捕らえて見れば我が子なりぬすびとをとらえてみればわがこなり
盗人を見て縄を綯うぬすびとをみてなわをなう
盗みする子は憎からで縄掛くる人が恨めしいぬすみするこはにくからでなわかくるひとがうらめしい
塗り箸で芋を盛るぬりばしでいもをもる
濡れ紙を剝がすようぬれがみをはがすよう
濡れ衣を着せるぬれぎぬをきせる
濡れ手で粟ぬれてであわ
濡れぬ先こそ露をも厭えぬれぬさきこそつゆをもいとえ
濡れぬ先の傘ぬれぬさきのかさ

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
 
   
 

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved