1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 五十音検索 >
  3. 「は」

「は」からはじまる故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
肺肝を砕くはいかんをくだく
敗軍の将は兵を語らずはいぐんのしょうはへいをかたらず
背水の陣はいすいのじん
吐いた唾は呑めぬはいたつばはのめぬ
吐いた唾を呑むはいたつばをのむ
杯中の蛇影はいちゅうのだえい
はいに科なしはいにとがなし
灰吹きから蛇が出るはいふきからじゃがでる
肺腑を抉るはいふをえぐる
這えば立て、立てば歩めの親心はえばたて、たてばあゆめのおやごころ
破瓜はか
破瓜の年はかのとし
測り難きは人心はかりがたきはひとごころ
謀は蜜なるを貴ぶはかりごとはみつなるをたっとぶ
籌を帷幄に運らし、勝ちを千里の外に決すはかりごとをいあくにめぐらし、かちをせんりのほかにけっす
掃き溜めと金持ちは溜まるほど汚いはきだめとかねもちはたまるほどきたない
掃き溜めに鶴はきだめにつる
破鏡再び照らさずはきょうふたたびてらさず
伯牙、琴を破るはくが、ことをやぶる
箔が付くはくがつく
白眼視はくがんし
白玉楼中の人となるはくぎょくろうちゅうのひととなる
拍車をかけるはくしゃをかける
白寿はくじゅ
白刃踏むべしはくじんふむべし
伯仲の間はくちゅうのかん
白髪三千丈はくはつさんぜんじょう
白馬馬に非ずはくばうまにあらず
白馬は馬に非ずはくばはうまにあらず
薄氷を履むが如しはくひょうをふむがごとし
白眉はくび
白壁の微瑕はくへきのびか
白面の書生はくめんのしょせい
伯楽はくらく
伯楽の一顧はくらくのいっこ
箱根からこっちに野暮と化け物はなしはこねからこっちにやぼとばけものはなし
箱根知らずの江戸話はこねしらずのえどばなし
箸に当たり棒に当たるはしにあたりぼうにあたる
箸にも棒にも掛からないはしにもぼうにもかからない
箸の転んだもおかしいはしのころんだもおかしい
箸より重い物を持ったことがないはしよりおもいものをもったことがない
走り馬にも鞭はしりうまにもむち
走れば躓くはしればつまずく
恥と頭は搔き次第はじとあたまはかきしだい
恥の上塗りはじのうわぬり
恥は家の病はじはいえのやまい
始めあるものは必ず終わりありはじめあるものはかならずおわりあり
始めが大事はじめがだいじ
始めちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子泣くとも蓋取るなはじめちょろちょろ、なかぱっぱ、あかごなくともふたとるな
始めの勝ちは糞勝ちはじめのかちはくそがち
始めの囁き後のどよみはじめのささやきのちのどよみ
始めは処女の如く後は脱兎の如しはじめはしょじょのごとくのちはだっとのごとし
始め半分はじめはんぶん
始めよければ終りよしはじめよければおわりよし
始めを言わねば末が聞こえぬはじめをいわねばすえがきこえぬ
恥を言わねば理が聞こえぬはじをいわねばりがきこえぬ
恥を知らねば恥搔かずはじをしらねばはじかかず
畑水練はたけすいれん
畑に蛤はたけにはまぐり
二十過ぎての意見と彼岸過ぎての肥はきかぬはたちすぎてのいけんとひがんすぎてのこえはきかぬ
働かざる者食うべからずはたらかざるものくうべからず
旗を揚げるはたをあげる
肌に粟を生ずはだえにあわをしょうず
裸一貫はだかいっかん
裸馬の捨て鞭はだかうまのすてむち
裸で道中はならぬはだかでどうちゅうはならぬ
裸で物を落とした例なしはだかでものをおとしたためしなし
裸百貫はだかひゃっかん
破竹の勢いはちくのいきおい
八細工、七貧乏はちざいく、しちびんぼう
八十の手習いはちじゅうのてならい
八十八夜の別れ霜はちじゅうはちやのわかれじも
蜂の巣をつついたようはちのすをつついたよう
八分されてもまだ二分残るはちぶされてもまだにぶのこる
八分は足らず十分は零れるはちぶはたらずじゅうぶんはこぼれる
白駒の隙を過ぐるが如しはっくのげきをすぐるがごとし
白虹日を貫くはっこうひをつらぬく
八歳の翁、百歳の童はっさいのおきな、ひゃくさいのわらべ
這っても黒豆はってもくろまめ
八方塞がりはっぽうふさがり
初物七十五日はつものしちじゅうごにち
破天荒はてんこう
鳩が豆鉄砲を食ったようはとがまめでっぽうをくったよう
鳩に三枝の礼あり、烏に反哺の孝ありはとにさんしのれいあり、からすにはんぽのこうあり
鳩を憎み豆を作らぬはとをにくみまめをつくらぬ
花一時、人一盛りはないっとき、ひとひとさかり
花多ければ実少なしはなおおければみすくなし
端から和尚はないはなからおしょうはない
鼻糞が目糞を笑うはなくそがめくそをわらう
鼻糞丸めて万金丹はなくそまるめてまんきんたん
鼻薬を嗅がせるはなぐすりをかがせる
鼻毛を読まれるはなげをよまれる
話上手の聞き下手はなしじょうずのききべた
話上手は聞き上手はなしじょうずはききじょうず
話は下で果てるはなしはしもではてる
話半分はなしはんぶん
花七日はななぬか
花に嵐はなにあらし
鼻に反りを打つはなにそりをうつ
花盗人は風流のうちはなぬすびとはふうりゅうのうち
花の下より鼻の下はなのしたよりはなのした
花の下の半日の客、月の前の一夜の友はなのもとのはんじつのかく、つきのまえのいちやのとも
花は折りたし梢は高しはなはおりたしこずえはたかし
花は桜木、人は武士はなはさくらぎ、ひとはぶし
花は根に鳥は古巣にはなはねにとりはふるすに
花も折らず実も取らずはなもおらずみもとらず
花も実もあるはなもみもある
花より団子はなよりだんご
歯に衣着せぬはにきぬきせぬ
歯の抜けたようはのぬけたよう
歯の根が合わないはのねがあわない
母在りて一子寒く、母去りて三子寒しははありていっしさむく、ははさりてさんしさむし
歯亡びて舌存すはほろびてしたそんす
浜の真砂はまのまさご
羽目を外すはめをはずす
早いのが一の芸はやいのがいちのげい
早い者勝ちはやいものがち
早い者に上手なしはやいものにじょうずなし
早牛も淀、遅牛も淀はやうしもよど、おそうしもよど
早起き三両、倹約五両はやおきさんりょう、けんやくごりょう
早起きは三文の徳はやおきはさんもんのとく
早かろう悪かろうはやかろうわるかろう
早合点の早忘れはやがてんのはやわすれ
早く咲かば早く散るはやくさかばはやくちる
早くて悪し大事なし、遅くて悪し猶悪しはやくてわるしだいじなし、おそくてわるしなおわるし
早寝早起き、病知らずはやねはやおき、やまいしらず
早飯も芸の中はやめしもげいのうち
はやり目なら病み目でもいいはやりめならやみめでもいい
はやり物は廃り物はやりものはすたりもの
はやる芝居は外題からはやるしばいはげだいから
腹が立つなら親を思い出せはらがたつならおやをおもいだせ
腹が減っては戦ができぬはらがへってはいくさができぬ
腹立てるより義理立てよはらたてるよりぎりたてよ
腹に一物はらにいちもつ
腹の皮が張れば目の皮がたるむはらのかわがはればめのかわがたるむ
腹の立つ事は明日言えはらのたつことはあすいえ
腹の立つように家蔵建たぬはらのたつようにいえくらたたぬ
腹は立て損、喧嘩は仕損はらはたてぞん、けんかはしぞん
腹八分に医者要らずはらはちぶにいしゃいらず
腹も身のうちはらもみのうち
張子の虎はりこのとら
針で掘って鍬で埋めるはりでほってくわでうめる
針の穴から天を覗くはりのあなからてんをのぞく
針の筵はりのむしろ
針は呑まれずはりはのまれず
針ほどのことを棒ほどに言うはりほどのことをぼうほどにいう
春の晩飯後三里はるのばんめしあとさんり
春の雪とおばの杖は怖くないはるのゆきとおばのつえはこわくない
春は蛙が目を借りるはるはかえるがめをかりる
葉を欠いて根を断つはをかいてねをたつ
反旗を翻すはんきをひるがえす
犯罪の陰に女ありはんざいのかげにおんなあり
半畳を入れるはんじょうをいれる
反哺の孝はんぽのこう
反面の識はんめんのしき
枚を銜むばいをふくむ
馬鹿があればこそ利口が引き立つばかがあればこそりこうがひきたつ
化かす化かすが化かされるばかすばかすがばかされる
馬鹿と暗闇おっかないばかとくらやみおっかない
馬鹿と煙は高いところへ上るばかとけむりはたかいところへのぼる
馬鹿と子供には勝てぬばかとこどもにはかてぬ
馬鹿と鋏は使いようばかとはさみはつかいよう
馬鹿な子ほど可愛いばかなこほどかわいい
馬鹿に付ける薬はないばかにつけるくすりはない
馬鹿の一念ばかのいちねん
馬鹿の大足ばかのおおあし
馬鹿の大食いばかのおおぐい
馬鹿の三杯汁ばかのさんばいじる
馬鹿の一つ覚えばかのひとつおぼえ
馬鹿は死ななきゃ治らないばかはしななきゃなおらない
馬鹿も休み休み言えばかもやすみやすみいえ
馬鹿を見たくば親を見よばかをみたくばおやをみよ
馬鹿を笑うも貧乏を笑うなばかをわらうもびんぼうをわらうな
馬脚を露すばきゃくをあらわす
莫逆の友ばくぎゃくのとも
麦秀の嘆ばくしゅうのたん
博打と相場は死ぬまで止まぬばくちとそうばはしぬまでやまぬ
化けの皮が剝がれるばけのかわがはがれる
化け物の正体見たり枯れ尾花ばけもののしょうたいみたりかれおばな
化け物も引っ込む時分ばけものもひっこむじぶん
バスに乗り遅れるばすにのりおくれる
跋扈ばっこ
祖母育ちは三百安いばばそだちはさんびゃくやすい
薔薇に棘ありばらにとげあり
馬齢を重ねるばれいをかさねる
万斛の涙ばんこくのなみだ
万死一生を顧みずばんしいっしょうをかえりみず
万事休すばんじきゅうす
万乗の君ばんじょうのきみ
万卒は得易く、一将は得難しばんそつはえやすく、いっしょうはえがたし
番茶も出花ばんちゃもでばな
晩の虹は江戸へ行け、朝の虹は隣へ行くなばんのにじはえどへいけ、あさのにじはとなりへいくな
万緑叢中紅一点ばんりょくそうちゅうこういってん
パンドラの箱ぱんどらのはこ

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
 
   
 

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved