1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 五十音検索 >
  3. 「む」

「む」からはじまる故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
六日の菖蒲、十日の菊むいかのあやめ、とおかのきく
無為にして治まるむいにしておさまる
無為にして化すむいにしてかす
無為の治むいのち
無何有の郷むかうのさと
昔から言う事に嘘はないむかしからいうことにうそはない
昔千里も今一里むかしせんりもいまいちり
昔年寄りに弱い者なしむかしとしよりによわいものなし
昔取った杵柄むかしとったきねづか
昔の剣、今の菜刀むかしのつるぎ、いまのながたな
昔は今の鏡むかしはいまのかがみ
昔は肩で風を切り、今は歩くに息を切るむかしはかたでかぜをきり、いまはあるくにいきをきる
昔は昔、今は今むかしはむかし、いまはいま
麦飯で鯉を釣るむぎいいでこいをつる
麦と姑は踏むが良いむぎとしゅうとめはふむがよい
無患子は三年磨いても黒いむくろじはさんねんみがいてもくろい
向こう三軒両隣むこうさんげんりょうどなり
無告の民むこくのたみ
無辜の民むこのたみ
婿は座敷から貰え、嫁は庭から貰えむこはざしきからもらえ、よめはにわからもらえ
虫が知らせるむしがしらせる
虫が好かないむしがすかない
虫が付くむしがつく
虫酸が走るむしずがはしる
虫でも向かってくるものであるむしでもむかってくるものである
虫の息むしのいき
虫の居所が悪いむしのいどころがわるい
虫も殺さぬむしもころさぬ
矛盾むじゅん
無常の鬼が身を責むるむじょうのおにがみをせむる
無常の風は時を選ばずむじょうのかぜはときをえらばず
娘三人持てば身代潰すむすめさんにんもてばしんだいつぶす
娘でも嫁と名が付きゃ憎うなるむすめでもよめとながつきゃにくうなる
娘に甘いは親父の習いむすめにあまいはおやじのならい
娘一人に婿八人むすめひとりにむこはちにん
むすめふさほせむすめふさほせ
娘を見るより母を見よむすめをみるよりははをみよ
鞭を惜しめば子供は駄目になるむちをおしめばこどもはだめになる
胸三寸に納めるむねさんずんにおさめる
胸に一物むねにいちもつ
胸に釘むねにくぎ
夢寐にも忘れないむびにもわすれない
無明の酒に酔うむみょうのさけによう
無用の長物むようのちょうぶつ
無用の用むようのよう
紫の朱を奪うむらさきのあけをうばう
無理が通れば道理引っ込むむりがとおればどうりひっこむ
無理も通れば道理になるむりもとおればどうりになる
無累の人むるいのひと

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
 
   
 

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved