1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 五十音検索 >
  3. 「わ」

「わ」からはじまる故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
若い時旅をせねば老いての物語がないわかいときたびをせねばおいてのものがたりがない
若い時の苦労は買うてもせよわかいときのくろうはこうてもせよ
若い時は二度ないわかいときはにどない
若木に腰掛けなわかぎにこしかけな
若木の下で笠を脱げわかぎのしたでかさをぬげ
我が家、楽の釜盥わがいえ、らくのかまだらい
我が上の星は見えぬわがうえのほしはみえぬ
我が面白の人泣かせわがおもしろのひとなかせ
我が刀で首切るわがかたなでくびきる
我が糞は臭くなしわがくそはくさくなし
我が心石に非ず、転ずべからずわがこころいしにあらず、てんずべからず
我が子自慢は親の常わがこじまんはおやのつね
我が事と下り坂に走らぬ者なしわがこととくだりざかにはしらぬものなし
我が好きを人に振る舞うわがすきをひとにふるまう
我が田に水を引くわがたにみずをひく
我が亡き後に洪水よ来たれわがなきあとにこうずいよきたれ
我が仏尊しわがほとけとうとし
我が身の臭さ我知らずわがみのくささわれしらず
我が身の事は人に問えわがみのことはひとにとえ
我が身を立てんとせばまず人を立てよわがみをたてんとせばまずひとをたてよ
我が身を抓って人の痛さを知れわがみをつねってひとのいたさをしれ
我が物と思えば軽し笠の雪わがものとおもえばかるしかさのゆき
禍は口からわざわいはくちから
禍も三年経てば用に立つわざわいもさんねんたてばようにたつ
禍を転じて福となすわざわいをてんじてふくとなす
和して同ぜずわしてどうぜず
忘れたと知らぬには手がつかぬわすれたとしらぬにはてがつかぬ
綿に針を包むわたにはりをつつむ
渡りに船わたりにふね
渡る世間に鬼はないわたるせけんにおにはない
割った茶碗を接いでみるわったちゃわんをついでみる
鰐の空涙わにのそらなみだ
輪に輪を掛けるわにわをかける
笑いは人の薬わらいはひとのくすり
笑う顔に矢立たずわらうかおにやたたず
笑う門には福来るわらうかどにはふくきたる
笑って損した者なしわらってそんしたものなし
藁で束ねても男は男わらでたばねてもおとこはおとこ
藁にも縋るわらにもすがる
悪い親も良い子を望むわるいおやもよいこをのぞむ
我思う、故に我ありわれおもう、ゆえにわれあり
破れ鍋に綴じ蓋われなべにとじぶた
我に自由を与えよしからずんば死を与えよわれにじゆうをあたえよしからずんばしをあたえよ
我より古を作すわれよりいにしえをなす
我を非として当う者は吾が師なりわれをひとしてむかうものはわがしなり
和を以て貴しとなすわをもってとうとしとなす

五十音検索に戻る

ことわざを検索

五十音から検索
   
 
   
 

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved