1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 漢字検索 >
  3. 「鳥」

「鳥」を含む故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
青い鳥あおいとり
足もとから鳥が立つあしもとからとりがたつ
飛鳥川の淵瀬あすかがわのふちせ
あの声で蜥蜴食らうか時鳥あのこえでとかげくらうかほととぎす
越鳥南枝に巣くい、胡馬北風に嘶くえっちょうなんしにすくい、こばほくふうにいななく
同じ羽の鳥は集まるものだおなじはねのとりはあつまるものだ
籠の鳥、雲を慕うかごのとり、くもをしたう
霞に千鳥かすみにちどり
金さえあれば飛ぶ鳥も落ちるかねさえあればとぶとりもおちる
閑古鳥が鳴くかんこどりがなく
窮鳥懐に入れば猟師も殺さずきゅうちょうふところにいればりょうしもころさず
金の卵を産む鵞鳥を殺すなきんのたまごをうむがちょうをころすな
蝙蝠も鳥のうちこうもりもとりのうち
子で子にならぬ時鳥こでこにならぬほととぎす
立つ鳥、跡を濁さずたつとり、あとをにごさず
鳥鵲の智ちょうじゃくのち
弦なき弓に羽抜け鳥つるなきゆみにはぬけどり
天にあらば比翼の鳥地にあらば連理の枝てんにあらばひよくのとりちにあらばれんりのえだ
飛ぶ鳥、跡を濁さずとぶとり、あとをにごさず
飛ぶ鳥の献立とぶとりのこんだて
飛ぶ鳥を落とす勢いとぶとりをおとすいきおい
鳥疲れて枝を選ばずとりつかれてえだをえらばず
鳥なき里の蝙蝠とりなきさとのこうもり
鳥の将に死なんとする、その鳴くや哀しとりのまさにしなんとする、そのなくやかなし
鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥なかぬならなくまでまとうほととぎす
鳴くまで待とう時鳥なくまでまとうほととぎす
波に千鳥なみにちどり
花は根に鳥は古巣にはなはねにとりはふるすに
目に青葉、山時鳥。初鰹めにあおば、やまほととぎす。はつがつお
雌鳥うたえば家滅ぶめんどりうたえばいえほろぶ
雌鳥につつかれて時をうたうめんどりにつつかれてときをうたう
猟は鳥が教えるりょうはとりがおしえる
籠鳥雲を恋うろうちょうくもをこう

「鳥」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved