1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 漢字検索 >
  3. 「日」

「日」を含む故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
秋風と夫婦喧嘩は日が入りゃ止むあきかぜとふうふげんかはひがいりゃやむ
秋の入り日と年寄りはだんだん落ち目が早くなるあきのいりひととしよりはだんだんおちめがはやくなる
秋の日と娘の子はくれぬようでくれるあきのひとむすめのこはくれぬようでくれる
秋の日は釣瓶落としあきのひはつるべおとし
秋日和半作あきびよりはんさく
朝日が西から出るあさひがにしからでる
明日は明日の風が吹くあしたはあしたのかぜがふく
明日ありと思う心の仇桜あすありとおもうこころのあだざくら
明日食う塩辛に今日から水を飲むあすくうしおからにきょうからみずをのむ
明日知らぬ世あすしらぬよ
明日の事は明日案じよあすのことはあすあんじよ
明日の事を言えば鬼が笑うあすのことをいえばおにがわらう
明日の百より今日の五十あすのひゃくよりきょうのごじゅう
姉は菅笠、妹とは日傘あねはすげがさ、いもとはひがさ
あの世の千日、この世の一日あのよのせんにち、このよのいちにち
雨の降る日は天気が悪いあめのふるひはてんきがわるい
言いたいことは明日言えいいたいことはあすいえ
一日千秋の思いいちじつせんしゅうのおもい
一日の長いちじつのちょう
一日再び晨なり難しいちじつふたたびあしたなりがたし
一日暖めて十日冷やすいちにちあたためてとおかひやす
一日一字を学べば三百六十字いちにちいちじをまなべばさんびゃくろくじゅうじ
一日の計は朝にあり一年の計は元旦にありいちにちのけいはあさにありいちねんのけいはがんたんにあり
犬は三日飼えば三年恩を忘れぬいぬはみっかかえばさんねんおんをわすれぬ
兎も七日なぶれば噛みつくうさぎもなぬかなぶればかみつく
英雄、閑日月ありえいゆう、かんじつげつあり
豌豆は日陰でもはじけるえんどうはひかげでもはじける
お乳母日傘おうばひがさ
思い立ったが吉日おもいたったがきちじつ
親方日の丸おやかたひのまる
片山曇れば片山日照るかたやまくもればかたやまひてる
昨日の襤褸、今日の錦きのうのつづれ、きょうのにしき
昨日の友は今日の仇きのうのともはきょうのあだ
昨日の友は今日の敵きのうのともはきょうのてき
昨日の淵は今日の瀬きのうのふちはきょうのせ
昨日は昨日、今日は今日きのうはきのう、きょうはきょう
昨日は今日の昔きのうはきょうのむかし
昨日は人の身、今日は我が身きのうはひとのみ、きょうはわがみ
昨日は嫁、今日は姑きのうはよめ、きょうはしゅうとめ
今日できることを明日まで延ばすなきょうできることをあすまでのばすな
今日の襤褸、明日の錦きょうのつづれ、あすのにしき
今日の後に今日なしきょうののちにきょうなし
今日の一針、明日の十針きょうのひとはり、あすのとはり
旭日昇天の勢いきょくじつしょうてんのいきおい
槿花一日の栄きんかいちじつのえい
食うことは今日食い、言うことは明日言えくうことはきょうくい、いうことはあすいえ
君子の過ちは日月の食のごとしくんしのあやまちはじつげつのしょくのごとし
紺屋の明後日こうやのあさって
ここばかりに日は照らぬここばかりにひはてらぬ
乞食を三日すればやめられぬこじきをみっかすればやめられぬ
去る者は日々に疎しさるものはひびにうとし
山中暦日なしさんちゅうれきじつなし
四月の中の十日に心なしに雇われるなしがつのなかのとおかにこころなしにやとわれるな
死しての千年より生きての一日ししてのせんねんよりいきてのいちにち
七十五日は金の手洗いしちじゅうごにちはかねのてあらい
芝居は一日の早学問しばいはいちにちのはやがくもん
蜀犬、日に吠ゆしょっけん、ひにほゆ
十三日の金曜日じゅうさんにちのきんようび
十年一日の如しじゅうねんいちじつのごとし
千日の萱を一日せんにちのかやをいちにち
千日の萱を一日に焼くせんにちのかやをいちにちにやく
千日の旱魃に一日の洪水せんにちのかんばつにいちにちのこうずい
大漁の明日たいりょうのあした
朔日ごとに餅は食えぬついたちごとにもちはくえぬ
月に雨笠日笠なしつきにあまがさひがさなし
月日変われば気も変わるつきひかわればきもかわる
月日に関守なしつきひにせきもりなし
天に二日なしてんににじつなし
天に三日の晴れなしてんにみっかのはれなし
冬至十日経てば阿呆でも知るとうじとおかたてばあほうでもしる
十日の菊、六日の菖蒲とおかのきく、むいかのあやめ
同日の論にあらずどうじつのろんにあらず
夏は日向を行け、冬は日陰を行けなつはひなたをいけ、ふゆはひかげをいけ
七日通る漆も手に取らねばかぶれぬなぬかとおるうるしもてにとらねばかぶれぬ
西から日が出るにしからひがでる
日日是好日にちにちこれこうじつ
日計足らずして歳計余りありにっけいたらずしてさいけいあまりあり
日光を見ずして結構と言うなにっこうをみずしてけっこうというな
二百二十日の荒れ仕舞にひゃくはつかのあれじまい
女房百日、馬二十日にょうぼうひゃくにち、うまはつか
人間一生二万日にんげんいっしょうにまんにち
猫は三年の恩を三日で忘れるねこはさんねんのおんをみっかでわすれる
上り一日、下り一時のぼりいちにち、くだりいっとき
白虹日を貫くはっこうひをつらぬく
初物七十五日はつものしちじゅうごにち
花七日はななぬか
花の下の半日の客、月の前の一夜の友はなのもとのはんじつのかく、つきのまえのいちやのとも
腹の立つ事は明日言えはらのたつことはあすいえ
日、西山に薄るひ、せいざんにせまる
日陰の梨ひかげのなし
日陰の豆も時が来ればはぜるひかげのまめもときがくればはぜる
日方と手間取りは日のうちひかたとてまどりはひのうち
日暮れて途遠しひくれてみちとおし
人の噂も七十五日ひとのうわさもしちじゅうごにち
一人娘と春の日はくれそうでくれぬひとりむすめとはるのひはくれそうでくれぬ
日に就り、月に将むひになり、つきにすすむ
日の下に新しきものなしひのもとにあたらしきものなし
百日の説法、屁一つひゃくにちのせっぽう、へひとつ
百日の労、一日の楽ひゃくにちのろう、いちにちのらく
待たぬ月日は経ちやすいまたぬつきひはたちやすい
祭りより前の日まつりよりまえのひ
待てば海路の日和ありまてばかいろのひよりあり
三日見ぬ間の桜みっかみぬまのさくら
六日の菖蒲、十日の菊むいかのあやめ、とおかのきく
雪の明日は裸虫の洗濯ゆきのあしたははだかむしのせんたく
世の中は三日見ぬ間の桜かなよのなかはみっかみぬまのさくらかな
夜道に日は暮れぬよみちにひはくれぬ
夜を日に継ぐよをひにつぐ
ローマは一日にしてならずろーまはいちにちにしてならず

「日」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved