1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 漢字検索 >
  3. 「過」

「過」を含む故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
過ちて改めざる是を過ちと謂うあやまちてあらためざるこれをあやまちという
過ちては改むるに憚ること勿れあやまちてはあらたむるにはばかることなかれ
過ちは好む所にありあやまちはこのむところにあり
過ちを文るあやまちをかざる
過ちを観て仁を知るあやまちをみてじんをしる
過つは人の性、許すは神の心あやまつはひとのさが、ゆるすはかみのこころ
思い半ばに過ぐおもいなかばにすぐ
薬も過ぎれば毒となるくすりもすぎればどくとなる
君子の過ちは日月の食のごとしくんしのあやまちはじつげつのしょくのごとし
喧嘩過ぎての空威張りけんかすぎてのからいばり
喧嘩過ぎての棒乳切りけんかすぎてのぼうちぎり
子に過ぎたる宝なしこにすぎたるたからなし
四十過ぎての道楽と七つ下がって降る雨は止みそうで止まぬしじゅうすぎてのどうらくとななつさがってふるあめはやみそうでやまぬ
駟の隙を過ぐるが若ししのげきをすぐるがごとし
信心過ぎて極楽を通り越すしんじんすぎてごくらくをとおりこす
過ぎたるは猶及ばざるが如しすぎたるはなおおよばざるがごとし
千軒あれば共過ぎせんげんあればともすぎ
大功を論ずる者は小過を録せずたいこうをろんずるものはしょうかをろくせず
十で神童、十五で才子、二十過ぎれば只の人とおでしんどう、じゅうごでさいし、はたちすぎればただのひと
七つ下がりの雨と四十過ぎての道楽はやまぬななつさがりのあめとしじゅうすぎてのどうらくはやまぬ
喉元過ぎれば熱さを忘れるのどもとすぎればあつさをわすれる
二十過ぎての意見と彼岸過ぎての肥はきかぬはたちすぎてのいけんとひがんすぎてのこえはきかぬ
白駒の隙を過ぐるが如しはっくのげきをすぐるがごとし
彼岸過ぎての麦の肥、三十過ぎての男に意見ひがんすぎてのむぎのこえ、さんじゅうすぎてのおとこにいけん
人の過ち我が幸せひとのあやまちわがしあわせ
二人口は過ごせるが一人口は過ごせぬふたりぐち(ににんぐち)はすごせるがひとりぐちはすごせぬ
分別過ぐれば愚に返るふんべつすぐればぐにかえる
学ぶのに年をとり過ぎたということはないまなぶのにとしをとりすぎたということはない
身に過ぎた果報は災いの基みにすぎたかほうはわざわいのもと
夜食過ぎての牡丹餅やしょくすぎてのぼたもち
礼も過ぎれば無礼になるれいもすぎればぶれいになる

「過」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved