1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 漢字検索 >
  3. 「八」

「八」を含む故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
朝寝八石の損あさねはちこくのそん
当たるも八卦、当たらぬも八卦あたるもはっけ、あたらぬもはっけ
一か八かいちかばちか
嘘八百うそはっぴゃく
江戸は八百八町、大坂は八百八橋えどははっぴゃくやちょう、おおさかははっぴゃくやばし
鬼も十八、番茶も出花おにもじゅうはち、ばんちゃもでばな
十八番おはこ
借りる八合、済す一升かりるはちごう、なすいっしょう
木七竹八塀十郎きしちたけはちへいじゅうろう
狐七化け、狸は八化けきつねななばけ、たぬきはやばけ
客人一杯手八杯きゃくじんいっぱいてはちはい
口も八丁、手も八丁くちもはっちょう、てもはっちょう
首振り三年、ころ八年くびふりさんねん、ころはちねん
小言八百愚痴千粒こごとはっぴゃくぐちせんつぶ
虚無僧に尺八こむそうにしゃくはち
三五の十八さんごのじゅうはち
七細工八貧乏しちざいくはちびんぼう
十七八は藪力じゅうしちはちはやぶぢから
手八丁口八丁てはっちょうくちはっちょう
なくて七癖、あって四十八癖なくてななくせ、あってしじゅうはっくせ
七重の膝を八重に折るななえのひざをやえにおる
七転び八起きななころびやおき
七尋の島に八尋の船を隠すななひろのしまにやひろのふねをかくす
二八の涙月にっぱちのなみだづき
二八余りは人の瀬越しにはちあまりはひとのせごし
二八月は船頭のあぐみ時にはちがつはせんどうのあぐみどき
八細工、七貧乏はちざいく、しちびんぼう
八十の手習いはちじゅうのてならい
八十八夜の別れ霜はちじゅうはちやのわかれじも
八分されてもまだ二分残るはちぶされてもまだにぶのこる
八分は足らず十分は零れるはちぶはたらずじゅうぶんはこぼれる
八歳の翁、百歳の童はっさいのおきな、ひゃくさいのわらべ
八方塞がりはっぽうふさがり
腹八分に医者要らずはらはちぶにいしゃいらず
人に七癖、我が身に八癖ひとにななくせ、わがみにやくせ
ぽつぽつ三年、波八年ぽつぽつさんねん、なみはちねん
三つ指、目八分みつゆび、めはちぶ
娘一人に婿八人むすめひとりにむこはちにん
桃栗三年柿八年ももくりさんねんかきはちねん
八百長やおちょう
やけのやん八やけのやんぱち
八幡の藪知らずやわたのやぶしらず

「八」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

ことわざを検索

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved