1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 漢字検索 >
  3. 「物」

「物」を含む故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
朝の果物は金あさのくだものはきん
預かり物は半分の主あずかりものははんぶんのぬし
阿堵物あとぶつ
甘い物に蟻がつくあまいものにありがつく
余り物には福があるあまりものにはふくがある
合わせ物は離れ物あわせものははなれもの
石の物言う世の中いしのものいうよのなか
戴く物は夏も小袖いただくものはなつもこそで
命あっての物種いのちあってのものだね
いらぬ物も三年立てば用に立ついらぬものもさんねんたてばようにたつ
歌物語の歌忘れうたものがたりのうたわすれ
旨い物食わす人に油断すなうまいものくわすひとにゆだんすな
旨い物は小人数うまいものはこにんずう
旨い物は宵に食えうまいものはよいにくえ
海の物とも山の物ともつかぬうみのものともやまのものともつかぬ
売り物には花を飾れうりものにははなをかざれ
沖な物あておきなものあて
奥歯に物が挟まったようおくばにものがはさまったよう
落とした物は拾い徳おとしたものはひろいどく
カイザルの物はカイザルにかいざるのものはかいざるに
書いた物が物を言うかいたものがものをいう
カエサルの物はカエサルにかえさるのものはかえさるに
貸した物は忘れぬが借りたものは忘れるかしたものはわすれぬがかりたものはわすれる
金が物言うかねがものいう
金は浮き物かねはうきもの
金は世界の回り物かねはせかいのまわりもの
金は天下の回り物かねはてんかのまわりもの
金は湧き物かねはわきもの
気の利いた化け物は引っ込む時分きのきいたばけものはひっこむじぶん
食い物と念仏は一口ずつくいものとねんぶつはひとくちずつ
臭い物に蓋をするくさいものにふたをする
喧嘩は降り物けんかはふりもの
下戸と化け物はないげことばけものはない
恋の遺恨と食べ物の遺恨は恐ろしいこいのいこんとたべもののいこんはおそろしい
好物に祟りなしこうぶつにたたりなし
怖い物見たさこわいものみたさ
今度と化け物には行き会った事がないこんどとばけものにはいきあったことがない
先立つ物は金さきだつものはかね
舅の物で相婿もてなすしゅうとのものであいむこもてなす
証文が物を言うしょうもんがものをいう
知らぬ京物語しらぬきょうものがたり
シーザーの物はシーザーにしーざーのものはしーざーに
自家薬籠中の物じかやくろうちゅうのもの
姿は作り物すがたはつくりもの
好きこそ物の上手なれすきこそもののじょうずなれ
好きな物に祟りなしすきなものにたたりなし
空き腹にまずい物なしすきばらにまずいものなし
勝れて良き物は勝れて悪しすぐれてよきものはすぐれてあし
捨て物は拾い物すてものはひろいもの
世間は張り物せけんははりもの
世上物騒我が身息災せじょうぶっそうわがみそくさい
銭あれば木物も面を返すぜにあればきぶつもつらをかえす
高みの見物たかみのけんぶつ
只より高い物はないただよりたかいものはない
只より安い物はないただよりやすいものはない
立ち物は転び物たちものはころびもの
縦の物を横にもしないたてのものをよこにもしない
漬物褒めれば嬶褒めるつけものほめればかかほめる
天、二物を与えずてん、にぶつをあたえず
天地は万物の逆旅てんちはばんぶつのげきりょ
出物腫れ物、所嫌わずでものはれもの、ところきらわず
年寄りの物忘れ、若者の無分別としよりのものわすれ、わかもののむふんべつ
ない物食おうないものくおう
長い物には巻かれろながいものにはまかれろ
泣く口は物食うなくくちはものくう
二度聞いて一度物言えにどきいていちどものいえ
人間は万物の尺度にんげんはばんぶつのしゃくど
猫の額にある物を鼠が窺うねこのひたいにあるものをねずみがうかがう
嚢中の物を探るが如しのうちゅうのものをさぐるがごとし
残り物には福があるのこりものにはふくがある
箱根からこっちに野暮と化け物はなしはこねからこっちにやぼとばけものはなし
箸より重い物を持ったことがないはしよりおもいものをもったことがない
裸で物を落とした例なしはだかでものをおとしたためしなし
初物七十五日はつものしちじゅうごにち
はやり物は廃り物はやりものはすたりもの
腹に一物はらにいちもつ
化け物の正体見たり枯れ尾花ばけもののしょうたいみたりかれおばな
化け物も引っ込む時分ばけものもひっこむじぶん
ひだるい時にまずい物なしひだるいときにまずいものなし
一口物に頬焼くひとくちものにほおやく
人と入れ物は有り合わせひとといれものはありあわせ
人の物より自分の物ひとのものよりじぶんのもの物
人は万物の尺度なりひとはばんぶつのしゃくどなり
ひもじい時にまずい物なしひもじいときにまずいものなし
夫婦は合わせ物離れ物ふうふはあわせものはなれもの
本来無一物ほんらいむいちもつ
忘憂の物ぼうゆうのもの
眉唾物まゆつばもの
見ぬ京の物語みぬきょうのものがたり
見ぬ物清しみぬものきよし
胸に一物むねにいちもつ
無用の長物むようのちょうぶつ
名物に旨い物なしめいぶつにうまいものなし
目は口ほどに物を言うめはくちほどにものをいう
持ち物は主に似るもちものはぬしににる
物言う花ものいうはな
物言えば唇寒し秋の風ものいえばくちびるさむしあきのかぜ
物がなければ影ささずものがなければかげささず
物盛んなれば即ち衰うものさかんなればすなわちおとろう
物には時節ものにはじせつ
物には始めあり終わりありものにははじめありおわりあり
物は言いなし事は聞きなしものはいいなしことはききなし
物は言い残せ、菜は食い残せものはいいのこせ、さいはくいのこせ
物は言いようものはいいよう
物は祝いがらものはいわいがら
物は考えようものはかんがえよう
物は相談ものはそうだん
物は試しものはためし
物ははずみものははずみ
物も言いようで角が立つものもいいようでかどがたつ
貰い物に苦情もらいものにくじょう
貰う物は夏も小袖もらうものはなつもこそで
薬籠中の物やくろうちゅうのもの
安い物と化け物はないやすいものとばけものはない
安物買いの銭失いやすものかいのぜにうしない
尤物ゆうぶつ
横の物を縦にもしないよこのものをたてにもしない
世は張り物よははりもの
若い時旅をせねば老いての物語がないわかいときたびをせねばおいてのものがたりがない
我が物と思えば軽し笠の雪わがものとおもえばかるしかさのゆき

「物」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved