1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 漢字検索 >
  3. 「楽」

「楽」を含む故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
あって地獄、なくて極楽あってじごく、なくてごくらく
親苦、子楽、孫乞食おやく、こらく、まごこじき
歓楽極まりて哀情多しかんらくきわまりてあいじょうおおし
楽屋から火を出すがくやからひをだす
楽屋で声を嗄らすがくやでこえをからす
聞いて極楽、見て地獄きいてごくらく、みてじごく
苦あれば楽ありくあればらくあり
苦する良かろう楽する悪かろうくするよかろうらくするわるかろう
苦は楽の種くはらくのたね
食わず貧楽高枕くわずひんらくたかまくら
君子に三楽ありくんしにさんらくあり
独楽の舞い倒れこまのまいだおれ
極楽の入り口で念仏を売るごくらくのいりぐちでねんぶつをうる
四十過ぎての道楽と七つ下がって降る雨は止みそうで止まぬしじゅうすぎてのどうらくとななつさがってふるあめはやみそうでやまぬ
信心過ぎて極楽を通り越すしんじんすぎてごくらくをとおりこす
地獄極楽は心にありじごくごくらくはこころにあり
仁者は山を楽しむじんしゃはやまをたのしむ
千秋楽せんしゅうらく
千里の馬は常にあれども伯楽は常にはあらずせんりのうまはつねにあれどもはくらくはつねにはあらず
千里の馬も伯楽に会わずせんりのうまもはくらくにあわず
太平楽たいへいらく
他人の念仏で極楽参りたにんのねんぶつでごくらくまいり
楽しみ尽きて悲しみ来るたのしみつきてかなしみきたる
知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむちしゃはみずをたのしみ、じんしゃはやまをたのしむ
釣りは道楽の行き止まりつりはどうらくのいきどまり
天下の憂いに先立ちて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむてんかのうれいにさきだちてうれい、てんかのたのしみにおくれてたのしむ
ないが極楽、知らぬが仏ないがごくらく、しらぬがほとけ
七つ下がりの雨と四十過ぎての道楽はやまぬななつさがりのあめとしじゅうすぎてのどうらくはやまぬ
寝るほど楽はないねるほどらくはない
寝る間が極楽ねるまがごくらく
伯楽はくらく
伯楽の一顧はくらくのいっこ
人の苦楽は壁一重ひとのくらくはかべひとえ
百日の労、一日の楽ひゃくにちのろう、いちにちのらく
貧にして楽しむひんにしてたのしむ
見ての極楽、住んでの地獄みてのごくらく、すんでのじごく
見ぬは極楽、知らぬは仏みぬはごくらく、しらぬはほとけ
見るは法楽みるはほうらく
憂患に生き安楽に死すゆうかんにいきあんらくにしす
楽あれば苦あり、苦あれば楽ありらくあればくあり、くあればらくあり
楽隠居楽に苦しむらくいんきょらくにくるしむ
楽は苦の種、苦は楽の種らくはくのたね、くはらくのたね
我が家、楽の釜盥わがいえ、らくのかまだらい

「楽」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved