1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 漢字検索 >
  3. 「三」

「三」を含む故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
商い三年あきないさんねん
秋の雨が降れば猫の顔が三尺になるあきのあめがふればねこのかおがさんじゃくになる
顎振り三年あごふりさんねん
朝起きは三文の徳あさおきはさんもんのとく
阿呆の三杯汁あほうのさんばいじる
雨垂れは三途の川あまだれはさんずのかわ
家を道端に作れば三年成らずいえをみちばたにつくればさんねんならず
石の上にも三年いしのうえにもさんねん
伊勢へ七旅、熊野へ三度いせへななたび、くまのへみたび
居候、三杯目にはそっと出しいそうろう、さんばいめにはそっとだし
一押し、二金、三男いちおし、にかね、さんおとこ
一髪、二化粧、三衣装いちかみ、にけしょう、さんいしょう
一日一字を学べば三百六十字いちにちいちじをまなべばさんびゃくろくじゅうじ
一に褒められ二に憎まれ三に惚れられ四に風邪ひくいちにほめられにににくまれさんにほれられしにかぜひく
一引き、二才、三学問いちひき、にさい、さんがくもん
一富士、二鷹、三茄子いちふじ、にたか、さんなすび
一升徳利こけても三分いっしょうどっくりこけてもさんぶ
犬は三日飼えば三年恩を忘れぬいぬはみっかかえばさんねんおんをわすれぬ
韋編三度絶ついへんみたびたつ
いやいや三杯いやいやさんばい
いらぬ物も三年立てば用に立ついらぬものもさんねんたてばようにたつ
うかうか三十きょろきょろ四十うかうかさんじゅうきょろきょろしじゅう
売家と唐様で書く三代目うりいえとからようでかくさんだいめ
負うた子を三年探すおうたこをさんねんさがす
多し少なし子三人おおしすくなしこさんにん
大鍋の底は撫でても三杯おおなべのそこはなでてもさんばい
思うようなら子と三人おもうようならことさんにん
親子は一世、夫婦は二世、主従は三世おやこはいっせ、ふうふはにせ、しゅじゅうはさんせ
負わず借らずに子三人おわずからずにこさんにん
女三人あれば身代が潰れるおんなさんにんあればしんだいがつぶれる
女三人寄れば姦しいおんなさんにんよればかしましい
女は三界に家なしおんなはさんがいにいえなし
櫂は三年、櫓は三月かいはさんねん、ろはみつき
駆けつけ三杯かけつけさんばい
金は三欠くに溜まるかねはさんかくにたまる
堪忍五両、負けて三両かんにんごりょう、まけてさんりょう
がったり三両がったりさんりょう
草木も眠る丑三つ時くさきもねむるうしみつどき
首振り三年、ころ八年くびふりさんねん、ころはちねん
君子に三戒ありくんしにさんかいあり
君子に三楽ありくんしにさんらくあり
下種の一寸、のろまの三寸、馬鹿の開けっ放しげすのいっすん、のろまのさんずん、ばかのあけっぱなし
子三人、子宝こさんにん、こだから
乞食にも三つの理屈こじきにもみっつのりくつ
乞食の子も三年経てば三つになるこじきのこもさんねんたてばみっつになる
乞食を三日すればやめられぬこじきをみっかすればやめられぬ
小糠三合あったら婿に行くなこぬかさんごうあったらむこにいくな
子は三界の首枷こはさんがいのくびかせ
五両で帯買うて三両で絎けるごりょうでおびこうてさんりょうでくける
棹は三年、櫓は三月さおはさんねん、ろはみつき
酒屋へ三里、豆腐屋へ二里さかやへさんり、とうふやへにり
酒は三献に限るさけはさんこんにかぎる
猿は人間に毛が三筋足らぬさるはにんげんにけがみすじたらぬ
触り三百さわりさんびゃく
三界の火宅さんがいのかたく
三軍も帥を奪うべきなり、匹夫も志を奪うべからずさんぐんもすいをうばうべきなり、ひっぷもこころざしをうばうべからず
三顧の礼さんこのれい
三国一さんごくいち
三五の十八さんごのじゅうはち
三歳の翁、百歳の童子さんさいのおきな、ひゃくさいのどうじ
三舎を避くさんしゃをさく
三尺下がって師の影を踏まずさんじゃくさがってしのかげをふまず
三従さんじゅう
三十九じゃもの花じゃものさんじゅうくじゃものはなじゃもの
三十にして立つさんじゅうにしてたつ
三十の尻括りさんじゅうのしりくくり
三十振袖、四十島田さんじゅうふりそで、しじゅうしまだ
三十六計逃げるに如かずさんじゅうろっけいにげるにしかず
三寸の舌に五尺の身を亡ぼすさんずんのしたにごしゃくのみをほろぼす
三寸の舌を掉うさんずんのしたをふるう
三寸の見直しさんずんのみなおし
三寸俎板を見抜くさんずんまないたをみぬく
三代続けば末代続くさんだいつづけばまつだいつづく
三度の火事より一度の後家さんどのかじよりいちどのごけ
三度の飯も強し柔らかしさんどのめしもこわしやわらかし
三度目の正直さんどめのしょうじき
三度目は定の目さんどめはじょうのめ
三人、市虎を成すさんにん、しこをなす
三人、虎を成すさんにん、とらをなす
三人行えば必ずわが師ありさんにんおこなえばかならずわがしあり
三人子持ちは笑うて暮らすさんにんこもちはわろうてくらす
三人知れば世界中さんにんしればせかいじゅう
三人旅の一人乞食さんにんたびのひとりこじき
三人寄れば姦しいさんにんよればかしましい
三人寄れば公界さんにんよればくがい
三人寄れば文殊の知恵さんにんよればもんじゅのちえ
三年、飛ばず鳴かずさんねん、とばずなかず
三年経てば三つになるさんねんたてばみっつになる
三拍子揃うさんびょうしそろう
三遍回って煙草にしょさんべんまわってたばこにしょ
舌三寸に胸三寸したさんずんにむねさんずん
七年の病に三年の艾を求むしちねんのやまいにさんねんのもぐさをもとむ
死なぬ子三人、皆孝行しなぬこさんにん、みなこうこう
主従は三世しゅじゅうはさんぜ
地蔵の顔も三度じぞうのかおもさんど
十三日の金曜日じゅうさんにちのきんようび
足らず余らず子三人たらずあまらずこさんにん
亭主三杯客一杯ていしゅさんばいきゃくいっぱい
天に三日の晴れなしてんにみっかのはれなし
泥棒にも三分の道理どろぼうにもさんぶのどうり
何事も三度なにごともさんど
二度あることは三度あるにどあることはさんどある
二度目の見直し三度目の正直にどめのみなおしさんどめのしょうじき
盗人にも三分の理ぬすびとにもさんぶのり
猫は三年の恩を三日で忘れるねこはさんねんのおんをみっかでわすれる
白髪三千丈はくはつさんぜんじょう
鳩に三枝の礼あり、烏に反哺の孝ありはとにさんしのれいあり、からすにはんぽのこうあり
母在りて一子寒く、母去りて三子寒しははありていっしさむく、ははさりてさんしさむし
早起き三両、倹約五両はやおきさんりょう、けんやくごりょう
早起きは三文の徳はやおきはさんもんのとく
春の晩飯後三里はるのばんめしあとさんり
馬鹿の三杯汁ばかのさんばいじる
祖母育ちは三百安いばばそだちはさんびゃくやすい
彼岸過ぎての麦の肥、三十過ぎての男に意見ひがんすぎてのむぎのこえ、さんじゅうすぎてのおとこにいけん
飛脚に三里の灸ひきゃくにさんりのきゅう
引っ越し三両ひっこしさんりょう
一時違えば三里の遅れひとときちがえばさんりのおくれ
人の痛いのは三年でも辛抱するひとのいたいのはさんねんでもしんぼうする
一人の文殊より三人のたくらだひとりのもんじゅよりさんにんのたくらだ
美味も喉三寸びみものどさんずん
法三章ほうさんしょう
仏の顔も三度ほとけのかおもさんど
本卦還りの三つ子ほんけがえりのみつご
ぽつぽつ三年、波八年ぽつぽつさんねん、なみはちねん
前十両に後ろ三両まえじゅうりょうにうしろさんりょう
松の木柱も三年まつのきばしらもさんねん
三行半みくだりはん
三度諌めて身退くみたびいさめてみしりぞく
三度肘を折って良医となるみたびひじをおってりょういとなる
三日見ぬ間の桜みっかみぬまのさくら
三つ叱って五つほめ、七つ教えて子は育つみっつしかっていつつほめ、ななつおしえてこはそだつ
三つ子に剃刀みつごにかみそり
三つ子に花みつごにはな
三つ子の魂百までみつごのたましいひゃくまで
三つ指、目八分みつゆび、めはちぶ
無患子は三年磨いても黒いむくろじはさんねんみがいてもくろい
向こう三軒両隣むこうさんげんりょうどなり
娘三人持てば身代潰すむすめさんにんもてばしんだいつぶす
胸三寸に納めるむねさんずんにおさめる
孟母三遷の教えもうぼさんせんのおしえ
桃栗三年柿八年ももくりさんねんかきはちねん
宿取らば一に方角、二に雪隠、三に戸締り、四には火の元やどとらばいちにほうがく、ににせっちん、さんにとじまり、しにはひのもと
世の中は年中三月常月夜、嬶十七俺二十、負わず借らずに子三人よのなかはねんじゅうさんがつじょうつきよ、かかあじゅうしちおれはたち、おわずからずにこさんにん
世の中は三日見ぬ間の桜かなよのなかはみっかみぬまのさくらかな
禍も三年経てば用に立つわざわいもさんねんたてばようにたつ

「三」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved