1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 漢字検索 >
  3. 「焼」

「焼」を含む故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
一度焼けた山は二度は焼けぬいちどやけたやまはにどはやけぬ
いらぬお世話の蒲焼いらぬおせわのかばやき
欠き餅と焼き餅は焼くほどよいかきもちとやきもちはやくほどよい
薫は香を以て自ら焼くくんはこうをもってみずからやく
魚は殿様に焼かせよ餅は乞食に焼かせよさかなはとのさまにやかせよもちはこじきにやかせよ
千日の萱を一日に焼くせんにちのかやをいちにちにやく
その手は桑名の焼き蛤そのてはくわなのやきはまぐり
付き合いなら家でも焼くつきあいならいえでもやく
付け焼き刃つけやきば
付け焼き刃はなまり易いつけやきばはなまりやすい
煮ても焼いても食えないにてもやいてもくえない
一口物に頬焼くひとくちものにほおやく
餅は乞食に焼かせよ魚は殿様に焼かせよもちはこじきにやかせよさかなはとのさまにやかせよ
焼きが回るやきがまわる
焼き餅と欠き餅は焼く方が良いやきもちとかきもちはやくほうがよい
焼き餅は狐色やきもちはきつねいろ
焼き餅焼くとて手を焼くなやきもちやくとててをやくな
焼け跡の釘拾いやけあとのくぎひろい
焼け石に水やけいしにみず
焼けたあとは立つが死んだあとは立たぬやけたあとはたつがしんだあとはたたぬ
焼野の雉子、夜の鶴やけののきぎす、よるのつる
焼け木杭には火がつきやすいやけぼっくいにはひがつきやすい
山の芋を蒲焼にするやまのいもをかばやきにする
夕焼けに鎌を研げゆうやけにかまをとげ
林間に酒を煖めて紅葉を焼くりんかんにさけをあたためてこうようをたく

「焼」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved