1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 漢字検索 >
  3. 「親」

「親」を含む故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
いつまでもあると思うな親と金いつまでもあるとおもうなおやとかね
打たれても親の杖うたれてもおやのつえ
打つも撫でるも親の恩うつもなでるもおやのおん
生みの親より育ての親うみのおやよりそだてのおや
大家と言えば親も同然、店子と言えば子も同然おおやといえばおやもどうぜん、たなこといえばこもどうぜん
親思う心にまさる親心おやおもうこころにまさるおやごころ
親方日の丸おやかたひのまる
親が親なら子も子おやがおやならこもこ
親が死んでも食休みおやがしんでもしょくやすみ
親苦、子楽、孫乞食おやく、こらく、まごこじき
親子の仲でも金銭は他人おやこのなかでもきんせんはたにん
親子は一世、夫婦は二世、主従は三世おやこはいっせ、ふうふはにせ、しゅじゅうはさんせ
親ずれより友ずれおやずれよりともずれ
親と月夜はいつも良いおやとつきよはいつもよい
親に似ぬ子は鬼子おやににぬこはおにご
親に目なしおやにめなし
親の甘茶が毒となるおやのあまちゃがどくとなる
親の意見と茄子の花は千に一つも無駄はないおやのいけんとなすびのはなはせんにひとつもむだはない
親の意見と冷や酒は後で利くおやのいけんとひやざけはあとできく
親の因果が子に報うおやのいんががこにむくう
親の恩は子で送るおやのおんはこでおくる
親の恩より義理の恩おやのおんよりぎりのおん
親の心、子知らずおやのこころ、こしらず
親の十七、子は知らぬおやのじゅうしち、こはしらぬ
親の脛を齧るおやのすねをかじる
親の光は七光りおやのひかりはななひかり
親の欲目おやのよくめ
親は親、子は子おやはおや、こはこ
親はなくとも子は育つおやはなくともこはそだつ
親は木綿着る、子は錦着るおやはもめんきる、こはにしききる
親馬鹿子馬鹿おやばかこばか
親を睨むと鮃になるおやをにらむとひらめになる
叶わぬ時には親を出せかなわぬときにはおやをだせ
金は命の親、命の敵かねはいのちのおや、いのちのかたき
苦しい時には親を出せくるしいときにはおやをだせ
孝行のしたい時分に親はなしこうこうのしたいじぶんにおやはなし
子供の喧嘩に親が出るこどものけんかにおやがでる
子に引かるる親心こにひかるるおやごころ
この親にしてこの子ありこのおやにしてこのこあり
子の心、親知らずこのこころ、おやしらず
子ほど喜ばせにくいものはなく親ほど喜ばせやすいものはないこほどよろこばせにくいものはなくおやほどよろこばせやすいものはない
子を見ること親に如かずこをみることおやにしかず
子を持って知る親の恩こをもってしるおやのおん
碁打ち親の死に目に会わぬごうちおやのしにめにあわぬ
親しき仲に垣をせよしたしきなかにかきをせよ
親しき仲にも礼儀ありしたしきなかにもれいぎあり
親は泣き寄り、他人は食い寄りしんはなきより、たにんはくいより
地震、雷、火事、親父じしん、かみなり、かじ、おやじ
大義、親を滅すたいぎ、しんをめっす
立ってる者は親でも使えたってるものはおやでもつかえ
溜め息をすれば親の寿命が縮むためいきをすればおやのじゅみょうがちぢむ
灯火親しむべしとうかしたしむべし
遠い親戚より近くの他人とおいしんせきよりちかくのたにん
遠くの親類より近くの他人とおくのしんるいよりちかくのたにん
茄子の花と親の意見は千に一つも無駄はないなすびのはなとおやのいけんはせんにひとつもむだはない
寝る子は賢い親助けねるこはかしこいおやだすけ
後の親が親のちのおやがおや
這えば立て、立てば歩めの親心はえばたて、たてばあゆめのおやごころ
腹が立つなら親を思い出せはらがたつならおやをおもいだせ
馬鹿を見たくば親を見よばかをみたくばおやをみよ
冷や酒と親の意見は後で利くひやざけとおやのいけんはあとできく
富貴には他人集まり、貧賤には親戚も離るふうきにはたにんあつまり、ひんせんにはしんせきもはなれる
朋友は六親に叶うほうゆうはりくしんにかなう
娘に甘いは親父の習いむすめにあまいはおやじのならい
薬餌に親しむやくじにしたしむ
我が子自慢は親の常わがこじまんはおやのつね
悪い親も良い子を望むわるいおやもよいこをのぞむ

「親」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved