1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 漢字検索 >
  3. 「人」

「人」を含む故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
赤の他人あかのたにん
商人と屏風は直ぐには立たぬあきんどとびょうぶはすぐにはたたぬ
商人には系図なしあきんどにはけいずなし
商人の嘘は神もお許しあきんどのうそはかみもおゆるし
商人の子は算盤の音で目を覚ますあきんどのこはそろばんのおとでめをさます
商人の空値あきんどのそらね
商人の元値あきんどのもとね
商人は損していつか倉が建つあきんどはそんしていつかくらがたつ
悪人あればこそ善人も顕るあくにんあればこそぜんにんもあらわる
過つは人の性、許すは神の心あやまつはひとのさが、ゆるすはかみのこころ
鞍上人なく鞍下馬なしあんじょうひとなくあんかうまなし
家に鼠、国に盗人いえにねずみ、くににぬすびと
イギリス人の家はその人の城いぎりすじんのいえはそのひとのしろ
一人虚を伝うれば万人実を伝ういちにんきょをつたうればばんにんじつをつたう
稲荷の前の昼盗人いなりのまえのひるぬすびと
犬は人につき猫は家につくいぬはひとにつきねこはいえにつく
旨い物食わす人に油断すなうまいものくわすひとにゆだんすな
旨い物は小人数うまいものはこにんずう
馬には乗ってみよ人には添うてみようまにはのってみよひとにはそうてみよ
英雄、人を欺くえいゆう、ひとをあざむく
多し少なし子三人おおしすくなしこさんにん
男は敷居を跨げば七人の敵ありおとこはしきいをまたげばしちにんのてきあり
鬼も頼めば人食わずおにもたのめばひとくわず
己の欲する所を人に施せおのれのほっするところをひとにほどこせ
己の欲せざる所は人に施すこと勿れおのれのほっせざるところはひとにほどこすことなかれ
己を責めて人を責めるなおのれをせめてひとをせめるな
己を以て人を量るおのれをもってひとをはかる
思うようなら子と三人おもうようならことさんにん
親子の仲でも金銭は他人おやこのなかでもきんせんはたにん
負わず借らずに子三人おわずからずにこさんにん
女三人あれば身代が潰れるおんなさんにんあればしんだいがつぶれる
女三人寄れば姦しいおんなさんにんよればかしましい
駕籠にに乗る人担ぐ人、そのまた草鞋を作る人かごににのるひとかつぐひと、そのまたわらじをつくるひと
歌人は居ながらにして名所を知るかじんはいながらにしてめいしょをしる
餓えて死ぬは一人、飲んで死ぬは千人かつえてしぬはひとり、のんでしぬはせんにん
金請けするとも人請けするなかねうけするともひとうけするな
狩人、罠にかかるかりゅうど、わなにかかる
彼も人なり、我も人なりかれもひとなり、われもひとなり
餓鬼も人数がきもにんずう
眼中人なしがんちゅうひとなし
昨日は人の身、今日は我が身きのうはひとのみ、きょうはわがみ
鬼面、人を嚇すきめん、ひとをおどす
客人一杯手八杯きゃくじんいっぱいてはちはい
兄弟は他人の始まりきょうだいはたにんのはじまり
器用貧乏人宝きようびんぼうひとたから
金銭は他人きんせんはたにん
薬師は人を殺せど薬人を殺さずくすしはひとをころせどくすりひとをころさず
薬人を殺さず、薬師人を殺すくすりひとをころさず、くすしひとをころす
国に盗人、家に鼠くににぬすびと、いえにねずみ
玄人はだしくろうとはだし
君子は和して同ぜず、小人は同じて和せずくんしはわしてどうぜず、しょうじんはどうじてわせず
芸術は長く、人生は短しげいじゅつはながく、じんせいはみじかし
芸人に年なしげいにんにとしなし
声なくして人を呼ぶこえなくしてひとをよぶ
子三人、子宝こさんにん、こだから
小姑一人は鬼千匹にむかうこじゅうとひとりはおにせんびきにむかう
古人の糟魄こじんのそうはく
子供叱るな来た道だ老人笑うな行く道だこどもしかるなきたみちだろうじんわらうないくみちだ
子供は風の子、大人は火の子こどもはかぜのこ、おとなはひのこ
細工貧乏人宝さいくびんぼうひとだから
歳月、人を待たずさいげつ、ひとをまたず
最後は人の嗜みさいごはひとのたしなみ
財布の底と心の底は人に見せるなさいふのそことこころのそこはひとにみせるな
先んずれば人を制すさきんずればひとをせいす
猿の人真似さるのひとまね
猿は人間に毛が三筋足らぬさるはにんげんにけがみすじたらぬ
三人、市虎を成すさんにん、しこをなす
三人、虎を成すさんにん、とらをなす
三人行えば必ずわが師ありさんにんおこなえばかならずわがしあり
三人子持ちは笑うて暮らすさんにんこもちはわろうてくらす
三人知れば世界中さんにんしればせかいじゅう
三人旅の一人乞食さんにんたびのひとりこじき
三人寄れば姦しいさんにんよればかしましい
三人寄れば公界さんにんよればくがい
三人寄れば文殊の知恵さんにんよればもんじゅのちえ
敷居を跨げば七人の敵ありしきいをまたげばしちにんのてきあり
七度探して人を疑えしちどさがしてひとをうたがえ
死なぬ子三人、皆孝行しなぬこさんにん、みなこうこう
死人に口なししにんにくちなし
舜も人なり吾もまた人なりしゅんもひとなりわれもまたひとなり
小人閑居して不善をなすしょうじんかんきょしてふぜんをなす
小人罪なし璧を懐いて罪ありしょうじんつみなしたまをいだいてつみあり
職人貧乏人宝しょくにんびんぼうひとだから
知らずば人に問えしらずばひとにとえ
知る人ぞ知るしるひとぞしる
親は泣き寄り、他人は食い寄りしんはなきより、たにんはくいより
地獄にも知る人じごくにもしるひと
蛇は寸にして人を呑むじゃはすんにしてひとをのむ
人口に膾炙するじんこうにかいしゃする
人後に落ちないじんごにおちない
人事を尽くして天命を待つじんじをつくしててんめいをまつ
人生、意気に感ずじんせい、いきにかんず
人生、字を識るは憂患の始めじんせい、じをしるはゆうかんのはじめ
人生、朝露の如しじんせい、ちょうろのごとし
人生七十、古来稀なりじんせいしちじゅう、こらいまれなり
寸鉄、人を刺すすんてつ、ひとをさす
聖人に夢なしせいじんにゆめなし
仙人の千年、蜉蝣の一時せんにんのせんねん、かげろうのいっとき
千人の諾諾は一士の諤諤に如かずせんにんのだくだくはいっしのがくがくにしかず
千万人と雖も吾往かんせんまんにんといえどもわれゆかん
善人なおもて往生を遂ぐ、況んや悪人をやぜんにんなおもておうじょうをとぐ、いわんやあくにんをや
曽参、人を殺すそうしん、ひとをころす
騒人そうじん
備わらんことを一人に求むるなかれそなわらんことをいちにんにもとむるなかれ
その罪を憎んでその人を憎まずそのつみをにくんでそのひとをにくまず
損せぬ人に儲けなしそんせぬひとにもうけなし
鯛も一人では旨からずたいもひとりではうまからず
竹と人の心の直ぐなのは少ないたけとひとのこころのすぐなのはすくない
闘う雀、人を恐れずたたかうすずめ、ひとをおそれず
達人は大観すたつじんはたいかんす
他人の疝気を頭痛に病むたにんのせんきをずつうにやむ
他人の空似たにんのそらに
他人の念仏で極楽参りたにんのねんぶつでごくらくまいり
他人の正目たにんのまさめ
他人の飯には骨があるたにんのめしにはほねがある
他人の飯は白いたにんのめしはしろい
他人の飯を食うたにんのめしをくう
他人は時の花たにんはときのはな
狸が人に化かされるたぬきがひとにばかされる
足らず余らず子三人たらずあまらずこさんにん
男子家を出ずれば七人の敵ありだんしいえをいずればしちにんのてきあり
地位は人を作るちいはひとをつくる
痴人の前に夢を説くちじんのまえにゆめをとく
地の利は人の和に如かずちのりはひとのわにしかず
杖に縋るとも人に縋るなつえにすがるともひとにすがるな
突っかけ者の人もたれつっかけもののひともたれ
美人局つつもたせ
罪を憎んで人を憎まずつみをにくんでひとをにくまず
天知る地知る我知る人知るてんしるちしるわれしるひとしる
天道、人を殺さずてんどう、ひとをころさず
天に口なし人を以て言わしむてんにくちなしひとをもっていわしむ
天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かずてんのときはちのりにしかず、ちのりはひとのわにしかず
天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずてんはひとのうえにひとをつくらず、ひとのしたにひとをつくらず
天を怨みず人を咎めずてんをうらみずひとをとがめず
東西南北の人とうざいなんぼくのひと
闘雀人を恐れずとうじゃくひとをおそれず
唐人の寝言とうじんのねごと
遠い親戚より近くの他人とおいしんせきよりちかくのたにん
遠くの親類より近くの他人とおくのしんるいよりちかくのたにん
十で神童、十五で才子、二十過ぎれば只の人とおでしんどう、じゅうごでさいし、はたちすぎればただのひと
虎は死して皮を留め、人は死して名を残すとらはししてかわをとどめ、ひとはししてなをのこす
仲人口は半分に聞けなこうどぐちははんぶんにきけ
仲人は宵のうちなこうどはよいのうち
情けは人の為ならずなさけはひとのためならず
七度尋ねて人を疑えななたびたずねてひとをうたがえ
汝の隣人を愛せよなんじのりんじんをあいせよ
なんでも来いに名人なしなんでもこいにめいじんなし
二八余りは人の瀬越しにはちあまりはひとのせごし
人間至る処、青山ありにんげんいたるところ、せいざんあり
人間一生二万日にんげんいっしょうにまんにち
人間は考える葦であるにんげんはかんがえるあしである
人間は万物の尺度にんげんはばんぶつのしゃくど
人間は実が入れば仰向く、菩薩は実が入れば俯くにんげんはみがいればあおむく、ぼさつはみがいればうつむく
人間万事金の世の中にんげんばんじかねのよのなか
人間万事塞翁が馬にんげんばんじさいおうがうま
人間僅か五十年にんげんわずかごじゅうねん
人参飲んで首縊るにんじんのんでくびくくる
人相見の我が身知らずにんそうみのわがみしらず
盗人猛々しいぬすっとたけだけしい
盗人が盗人に盗まれるぬすびとがぬすびとにぬすまれる
盗人と言えば手を出すぬすびとといえばてをだす
盗人に追い銭ぬすびとにおいせん
盗人に鍵を預けるぬすびとにかぎをあずける
盗人にも三分の理ぬすびとにもさんぶのり
盗人にも仁義ぬすびとにもじんぎ
盗人の上米を取るぬすびとのうわまいをとる
盗人の提灯持ちぬすびとのちょうちんもち
盗人の取り残しはあれど火の取り残しはなしぬすびとのとりのこしはあれどひのとりのこしはなし
盗人の寝言ぬすびとのねごと
盗人の隙はあれど守り手の隙はなしぬすびとのひまはあれどまもりてのひまはなし
盗人の昼寝ぬすびとのひるね
盗人も戸締りぬすびともとじまり
盗人を捕らえて見れば我が子なりぬすびとをとらえてみればわがこなり
盗人を見て縄を綯うぬすびとをみてなわをなう
盗みする子は憎からで縄掛くる人が恨めしいぬすみするこはにくからでなわかくるひとがうらめしい
寝ていて人を起こすなねていてひとをおこすな
年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからずねんねんさいさいはなあいにたり、さいさいねんねんひとおなじからず
農は人真似のうはひとまね
のけば他人のけばたにん
退けば長者が二人のけばちょうじゃがふたり
測り難きは人心はかりがたきはひとごころ
白玉楼中の人となるはくぎょくろうちゅうのひととなる
花一時、人一盛りはないっとき、ひとひとさかり
花盗人は風流のうちはなぬすびとはふうりゅうのうち
花は桜木、人は武士はなはさくらぎ、ひとはぶし
人、木石に非ずひと、ぼくせきにあらず
人ある中に人なしひとあるなかにひとなし
人一寸ひといっすん
人衆ければ則ち狼を食らうひとおおければすなわちおおかみをくらう
人衆ければ天に勝つひとおおければてんにかつ
人食い馬にも合い口ひとくいうまにもあいくち
人屑と縄屑は余らぬひとくずとなわくずはあまらぬ
人肥えたるが故に貴からずひとこえたるがゆえにたっとからず
人こそ人の鏡ひとこそひとのかがみ
人事言えば影が差すひとごといえばかげがさす
人事言わば筵敷けひとごといわばむしろしけ
人盛んにして神祟らずひとさかんにしてかみたたらず
人酒を飲む、酒酒を飲む、酒人を飲むひとさけをのむ、さけさけをのむ、さけひとをのむ
人と入れ物は有り合わせひとといれものはありあわせ
人と煙草の良し悪しは煙になって後の世に出るひととたばこのよしあしはけむりになってのちのよにでる
人と屏風は直ぐには立たぬひととびょうぶはすぐにはたたぬ
人通りに草生えずひとどおりにくさはえず
人に勝たんと欲する者は必ず先ず自ら勝つひとにかたんとほっするものはかならずまずみずからかつ
人に七癖、我が身に八癖ひとにななくせ、わがみにやくせ
人には飽かぬが病に飽くひとにはあかぬがやまいにあく
人には添うてみよ馬には乗ってみよひとにはそうてみようまにはのってみよ
人に一癖ひとにひとくせ
人に施しては慎みて念うこと勿れひとにほどこしてはつつしみておもうことなかれ
人の過ち我が幸せひとのあやまちわがしあわせ
人の意見は四十までひとのいけんはしじゅうまで
人の痛いのは三年でも辛抱するひとのいたいのはさんねんでもしんぼうする
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如しひとのいっしょうはおもにをおうてとおきみちをゆくがごとし
人の一寸、我が一尺ひとのいっすん、わがいっしゃく
人の初事は咎めぬものひとのういごとはとがめぬもの
人の噓は我が嘘ひとのうそはわがうそ
人の生まるるや憂いと倶に生まるひとのうまるるやうれいとともにうまる
人の噂は倍になるひとのうわさはばいになる
人の噂も七十五日ひとのうわさもしちじゅうごにち
人の踊る時は踊れひとのおどるときはおどれ
人の口に戸は立てられぬひとのくちにとはたてられぬ
人の苦楽は壁一重ひとのくらくはかべひとえ
人の心は面の如しひとのこころはおもてのごとし
人の心は九分十分ひとのこころはくぶじゅうぶ
人の事は我の事ひとのことはわれのこと
人の事より我が事ひとのことよりわがこと
人の子の死んだより我が子の転けたひとのこのしんだよりわがこのこけた
人の牛蒡で法事するひとのごぼうでほうじする
人の七難より我が十難ひとのしちなんよりわがじゅうなん
人の十難より我が一難ひとのじゅうなんよりわがいちなん
人の疝気を頭痛に病むひとのせんきをずつうにやむ
人の空言は我が空言ひとのそらごとはわがそらごと
人の宝を数えるひとのたからをかぞえる
人の頼まぬ経を読むひとのたのまぬきょうをよむ
人の情けは世にある時ひとのなさけはよにあるとき
人の女房と枯れ木の枝ぶりひとのにょうぼうとかれきのえだぶり
人の蠅を追うより己の蠅を追えひとのはえをおうよりおのれのはえをおえ
人の花は赤いひとのはなはあかい
人のふり見て我がふり直せひとのふりみてわがふりなおせ
人の褌で相撲を取るひとのふんどしですもうをとる
人の将に死なんとするその言や善しひとのまさにしなんとするそのげんやよし
人の物より自分の物ひとのものよりじぶんのもの物
人は石垣人は城ひとはいしがきひとはしろ
人は一代、名は末代ひとはいちだい、なはまつだい
人は落ち目が大事ひとはおちめがだいじ
人は陰が大事ひとはかげがだいじ
人は堯舜にあらず、何ぞ事事によく善を尽くさんひとはぎょうしゅんにあらず、なんぞことごとによくぜんをつくさん
人はしれぬものひとはしれぬもの
人は善悪の友によるひとはぜんあくのともによる
人は足るを知らざるを苦しむひとはたるをしらざるをくるしむ
人は万物の尺度なりひとはばんぶつのしゃくどなり
人はパンのみにて生くるにあらずひとはぱんのみにていくるにあらず
人は見かけによらぬものひとはみかけによらぬもの
人は見目よりただ心ひとはみめよりただこころ
人は病の器ひとはやまいのうつわ
人は悪かれ我善かれひとはわるかれわれよかれ
人一盛りひとひとさかり
一人口は食えぬが二人口は食えるひとりぐちはくえぬがふたりぐちはくえる
一人相撲を取るひとりずもうをとる
一人の文殊より三人のたくらだひとりのもんじゅよりさんにんのたくらだ
一人娘と春の日はくれそうでくれぬひとりむすめとはるのひはくれそうでくれぬ
人を射んとせば先ず馬を射よひとをいんとせばまずうまをいよ
人を怨むより身を怨めひとをうらむよりみをうらめ
人を思うは身を思う、人を憎むは身を憎むひとをおもうはみをおもう、ひとをにくむはみをにくむ
人を知る者は智なり、自ら知る者は明なりひとをしるものはちなり、みずからしるものはめいなり
人を謗るは鴨の味ひとをそしるはかものあじ
人を叩いた夜は寝られぬひとをたたいたよはねられぬ
人を恃むは自ら恃むに如かずひとをたのむはみずからたのむにしかず
人を使うは苦を使うひとをつかうはくをつかう
人を使うは使わるるひとをつかうはつかわるる
人を呪わば穴二つひとをのろわばあなふたつ
人を見たら泥棒と思えひとをみたらどろぼうとおもえ
人を以て鑑と為すひとをもってかがみとなす
人を以て言を廃せずひとをもってげんをはいせず
人を見て法を説けひと(にん)をみてほうをとけ
豹は死して皮を留め人は死して名を留むひょうはししてかわをとどめひとはししてなをとどむ
美人というも皮一重びじんというもかわひとえ
美人に年なしびじんにとしなし
美人の終わりは猿になるびじんのおわりはさるになる
美人は言わねど隠れなしびじんはいわねどかくれなし
屏風と商人は直ぐには立たぬびょうぶとあきんどはすぐにはたたぬ
貧乏人の子沢山びんぼうにんのこだくさん
富貴には他人集まり、貧賤には親戚も離るふうきにはたにんあつまり、ひんせんにはしんせきもはなれる
二人口は過ごせるが一人口は過ごせぬふたりぐち(ににんぐち)はすごせるがひとりぐちはすごせぬ
船盗人を徒歩で追うふなぬすびとをかちでおう
無事これ貴人ぶじこれきじん
文は人なりぶんはひとなり
減らぬものなら金百両、死なぬものなら子は一人へらぬものならかねひゃくりょう、しなぬものならこはひとり
法は人でない人は法でないほうはひとでないひとはほうでない
仏千人、神千人ほとけせんにん、かみせんにん
褒め手千人、悪口万人ほめてせんにん、わるくちまんにん
褒める人には油断すなほめるひとにはゆだんすな
褒める人は買わぬほめるひとはかわぬ
誠は天の道なり、之を誠にするは人の道なりまことはてんのみちなり、これをまことにするはひとのみちなり
丸くとも一角あれや人心まるくともひとかどあれやひとごころ
娘三人持てば身代潰すむすめさんにんもてばしんだいつぶす
娘一人に婿八人むすめひとりにむこはちにん
無累の人むるいのひと
名人は人を謗らずめいじんはひとをそしらず
藪医者の病人選びやぶいしゃのびょうにんえらび
世の中は年中三月常月夜、嬶十七俺二十、負わず借らずに子三人よのなかはねんじゅうさんがつじょうつきよ、かかあじゅうしちおれはたち、おわずからずにこさんにん
蠟燭は身を減らして人を照らすろうそくはみをへらしてひとをてらす
碌でなしが人の陰言ろくでなしがひとのかげごと
ローマにいる時はローマの人がするとおりにせよろーまにいるときはろーまのひとがするとおりにせよ
我が面白の人泣かせわがおもしろのひとなかせ
我が好きを人に振る舞うわがすきをひとにふるまう
我が身の事は人に問えわがみのことはひとにとえ
我が身を立てんとせばまず人を立てよわがみをたてんとせばまずひとをたてよ
我が身を抓って人の痛さを知れわがみをつねってひとのいたさをしれ
笑いは人の薬わらいはひとのくすり

「人」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved