1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 漢字検索 >
  3. 「先」

「先」を含む故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
悪の報いは針の先あくのむくいははりのさき
後先息子に中娘あとさきむすこになかむすめ
後の雁が先になるあとのかりがさきになる
後の喧嘩、先でするあとのけんか、さきでする
後へも先へも行かぬあとへもさきへもいかぬ
一寸先は闇いっすんさきはやみ
お先棒を担ぐおさきぼうをかつぐ
女の知恵は鼻の先おんなのちえははなのさき
難きを先にし、獲るを後にすかたきをさきにし、うるをのちにす
機先を制するきせんをせいする
口先の裃くちさきのかみしも
暮れぬ先の提灯くれぬさきのちょうちん
後悔、先に立たずこうかい、さきにたたず
転ばぬ先の杖ころばぬさきのつえ
災難の先触れはないさいなんのさきぶれはない
竿の先の鈴さおのさきのすず
先勝ちは糞勝ちさきがちはくそがち
先立つ物は金さきだつものはかね
先んずれば人を制すさきんずればひとをせいす
匙の先より口の先さじのさきよりくちのさき
将を射んとせば先ず馬を射よしょうをいんとせばまずうまをいよ
先生と言われるほどの馬鹿でなしせんせいといわれるほどのばかでなし
先祖に討ち死にさせて高枕せんぞにうちじにさせてたかまくら
先手は万手せんてはまんて
先入、主となるせんにゅう、しゅとなる
先鞭を着けるせんべんをつける
提灯持ちは先に立てちょうちんもちはさきにたて
爪の先まで似るつめのさきまでにる
天下の憂いに先立ちて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむてんかのうれいにさきだちてうれい、てんかのたのしみにおくれてたのしむ
隣は火事でも先ず一服となりはかじでもまずいっぷく
濡れぬ先こそ露をも厭えぬれぬさきこそつゆをもいとえ
濡れぬ先の傘ぬれぬさきのかさ
人に勝たんと欲する者は必ず先ず自ら勝つひとにかたんとほっするものはかならずまずみずからかつ
人を射んとせば先ず馬を射よひとをいんとせばまずうまをいよ
弁当持ち先に食わずべんとうもちさきにくわず
先ず隗より始めよまずかいよりはじめよ
目と鼻の先めとはなのさき

「先」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved