1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 漢字検索 >
  3. 「知」

「知」を含む故事・ことわざ

スポンサードリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ 読み方
相対のことはこちゃ知らぬあいたいのことはこちゃしらぬ
明日知らぬ世あすしらぬよ
過ちを観て仁を知るあやまちをみてじんをしる
息の臭きは主知らずいきのくさきはぬししらず
衣食足りて礼節を知るいしょくたりてれいせつをしる
一文惜しみの百知らずいちもんおしみのひゃくしらず
一葉落ちて天下の秋を知るいちようおちててんかのあきをしる
一を聞いて十を知るいちをきいてじゅうをしる
一を識りて二を知らずいちをしりてにをしらず
一丁字を知らずいっていじをしらず
井の中の蛙大海を知らずいのなかのかわずたいかいをしらず
易者、身の上知らずえきしゃ、みのうえしらず
燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんやえんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや
大男総身に知恵が回りかねおおおとこそうみにちえがまわりかね
おっと合点承知之助おっとがってんしょうちのすけ
親の心、子知らずおやのこころ、こしらず
親の十七、子は知らぬおやのじゅうしち、こはしらぬ
女の知恵は鼻の先おんなのちえははなのさき
陰陽師、身の上知らずおんようじ、みのうえしらず
嘉肴ありと雖も食らわずんばその旨きを知らずかこうありといえどもくらわずんばそのうまきをしらず
歌人は居ながらにして名所を知るかじんはいながらにしてめいしょをしる
彼を知り己を知れば百戦殆うからずかれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず
嫌いは知らぬの唐名きらいはしらぬのからな
臭いもの身知らずくさいものみしらず
食らえどもその味わいを知らずくらえどもそのあじわいをしらず
愚者の百行より知者の居眠りぐしゃのひゃっこうよりちしゃのいねむり
経験は知恵の父記憶の母けいけんはちえのちちきおくのはは
後悔は知恵の緒こうかいはちえのいとぐち
小男の総身の知恵も知れたものこおとこのそうみのちえもしれたもの
子の心、親知らずこのこころ、おやしらず
子を知ること父に若くはなしこをしることちちにしくはなし
子を持って知る親の恩こをもってしるおやのおん
猿知恵さるぢえ
三人知れば世界中さんにんしればせかいじゅう
三人寄れば文殊の知恵さんにんよればもんじゅのちえ
四知しち
知ったか振りの恥搔きしったかぶりのはじかき
知ったが病しったがやまい
知って知らざれしってしらざれ
知って問うは礼なりしってとうはれいなり
疾風に勁草を知るしっぷうにけいそうをしる
士は己を知る者の為に死すしはおのれをしるもののためにしす
知らざるを知らずと為せ、是れしるなりしらざるをしらずとなせ、これしるなり
知らずば半分値しらずばはんぶんね
知らずば人に問えしらずばひとにとえ
知らぬ顔の半兵衛しらぬかおのはんべえ
知らぬ神より馴染みの鬼しらぬかみよりなじみのおに
知らぬが仏しらぬがほとけ
知らぬ京物語しらぬきょうものがたり
知らぬは亭主ばかりなりしらぬはていしゅばかりなり
知らぬ仏より馴染みの鬼しらぬほとけよりなじみのおに
知りて知らざれしりてしらざれ
知る人ぞ知るしるひとぞしる
知る者は言わず言う者は知らずしるものはいわずいうものはしらず
地獄にも知る人じごくにもしるひと
自慢は知恵の行き止まりじまんはちえのいきどまり
上戸は毒を知らず下戸は薬を知らずじょうごはどくをしらずげこはくすりをしらず
上知と下愚とは移らずじょうちとかぐとはうつらず
仁者は憂えず、知者は惑わず、勇者は懼れずじんしゃはうれえず、ちしゃはまどわず、ゆうしゃはおそれず
進むを知りて退くを知らずすすむをしりてしりぞくをしらず
世間知らずの高枕せけんしらずのたかまくら
瀬を踏んで淵を知るせをふんでふちをしる
倉廩実ちて礼節を知るそうりんみちてれいせつをしる
その一を識りてその二を知らずそのいちをしりてそのにをしらず
その子を知らざればその友を視よそのこをしらざればそのともをみよ
高が知れるたかがしれる
尊い寺は門から知れるたっといてらはもんからしれる
民は之に由らしむべし、之を知らしむべからずたみはこれによらしむべし、これをしらしむべからず
足る事を知るたることをしる
足るを知る者は富むたるをしるものはとむ
誰か烏の雌雄を知らんやたれかからすのしゆうをしらんや
抱いた子の塵を食うを知らぬだいたこのちりをくうをしらぬ
知音ちいん
知恵多ければ憤り多しちえおおければいきどおりおおし
知恵と力は重荷にならぬちえとちからはおもににならぬ
知恵ない神に知恵付けるちえないかみにちえつける
知恵の鏡も曇るちえのかがみもくもる
知恵は小出しにせよちえはこだしにせよ
知恵は万代の宝ちえはばんだいのたから
知己ちき
知者は惑わず、勇者は懼れずちしゃはまどわず、ゆうしゃはおそれず
知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむちしゃはみずをたのしみ、じんしゃはやまをたのしむ
知命ちめい
町内で知らぬは亭主ばかりなりちょうないでしらぬはていしゅばかりなり
手の舞、足の踏む所を知らずてのまい、あしのふむところをしらず
天知る地知る我知る人知るてんしるちしるわれしるひとしる
冬至十日経てば阿呆でも知るとうじとおかたてばあほうでもしる
遠きを知りて近きを知らずとおきをしりてちかきをしらず
歳寒くして松柏の凋むに後るるを知るとしさむくしてしょうはくのしぼむにおくるるをしる
富は一生の宝、知は万代の宝とみはいっしょうのたから、ちはばんだいのたから
ないが極楽、知らぬが仏ないがごくらく、しらぬがほとけ
流れを汲みて源を知るながれをくみてみなもとをしる
汝自身を知れなんじじしんをしれ
人相見の我が身知らずにんそうみのわがみしらず
猫は虎の心を知らずねこはとらのこころをしらず
箱根知らずの江戸話はこねしらずのえどばなし
恥を知らねば恥搔かずはじをしらねばはじかかず
早寝早起き、病知らずはやねはやおき、やまいしらず
人は足るを知らざるを苦しむひとはたるをしらざるをくるしむ
人を知る者は智なり、自ら知る者は明なりひとをしるものはちなり、みずからしるものはめいなり
百も承知、二百も合点ひゃくもしょうち、にひゃくもがてん
故きを温ねて新しきを知るふるきをたずねてあたらしきをしる
下手があるので上手が知れるへたがあるのでじょうずがしれる
見知らずの口叩きみしらずのくちたたき
見ぬは極楽、知らぬは仏みぬはごくらく、しらぬはほとけ
実の生る木は花から知れるみのなるきははなからしれる
虫が知らせるむしがしらせる
文殊も知恵のこぼれもんじゅもちえのこぼれ
八幡の藪知らずやわたのやぶしらず
欲を知らねば身が立たぬよくをしらねばみがたたぬ
由らしむべし知らしむべからずよらしむべししらしむべからず
流言は知者に止まるりゅうげんはちしゃにとどまる
両方聞いて下知をなせりょうほうきいてげちをなせ
論語読みの論語知らずろんごよみのろんごしらず
我が身の臭さ我知らずわがみのくささわれしらず
我が身を抓って人の痛さを知れわがみをつねってひとのいたさをしれ
忘れたと知らぬには手がつかぬわすれたとしらぬにはてがつかぬ

「知」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved