1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 「明日ありと思う心の仇桜」

「明日ありと思う心の仇桜」の意味

スポンサードリンク

明日ありと思う心の仇桜

読み方 あすありとおもうこころのあだざくら
意味 いつ何が起こるかわからない、人生や世の中の無常をいった言葉。桜の花が、明日も咲いているだろうと安心していると、夜中の嵐で散ってしまうかもしれないという意から。「夜半に嵐の吹かぬものかは」という句がこれに続く。
出典 『親鸞上人絵詞伝』
漢字詳細 「明」を含むことわざ / 「明」という漢字の詳細
「日」を含むことわざ / 「日」という漢字の詳細
「思」を含むことわざ / 「思」という漢字の詳細
「心」を含むことわざ / 「心」という漢字の詳細
「仇」を含むことわざ / 「仇」という漢字の詳細
「桜」を含むことわざ / 「桜」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved