1. 故事・ことわざ辞典オンライン >
  2. 「千里の馬は常にあれども伯楽は常にはあらず」

「千里の馬は常にあれども伯楽は常にはあらず」の意味

スポンサードリンク

千里の馬は常にあれども伯楽は常にはあらず

読み方 せんりのうまはつねにあれどもはくらくはつねにはあらず
意味 有能な人材はいつの世にもいるが、その能力を見出して育てる優れた指導者は少ないということのたとえ。
「千里の馬」は、一日に千里も走れるほどの優れた馬。転じて、優れた才能の人物。「伯楽」は牛馬の良し悪しを見分ける名人のこと。転じて、人物を見抜いて、その才能を引き出し育てる優れた指導者のこと。
いつの時代にも、一日に千里を走るほどの優れた馬はいるが、その名馬の能力を引き出す伯楽は、いつもいるわけではないということから。
漢字詳細 「千」を含むことわざ / 「千」という漢字の詳細
「里」を含むことわざ / 「里」という漢字の詳細
「馬」を含むことわざ / 「馬」という漢字の詳細
「常」を含むことわざ / 「常」という漢字の詳細
「伯」を含むことわざ / 「伯」という漢字の詳細
「楽」を含むことわざ / 「楽」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

スポンサーリンク

五十音から検索

   
       

漢字から検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 28画

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

当サイトはリンクフリーです。トップページ・個別ページ共にご自由にリンクしていただいて構いません。

リンクの設置等のない掲載内容の転載についてはご遠慮願います。

サイト内の不備や不適切と思われる解釈などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

Copyright (c) 2014-2017 故事・ことわざ辞典オンライン All right reserved