「あ」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
ああ言えばこう言う
(ああいえばこういう)
愛多ければ憎しみ至る
(あいおおければにくしみいたる)
匕首に鍔
(あいくちにつば)
挨拶は時の氏神
(あいさつはときのうじがみ)
挨拶より円札
(あいさつよりえんさつ)
愛想づかしも金から起きる
(あいそづかしもかねからおきる)
愛想も小想もつきはてる
(あいそもこそもつきはてる)
相対のことはこちゃ知らぬ
(あいたいのことはこちゃしらぬ)
開いた口が塞がらない
(あいたくちがふさがらない)
開いた口には戸はたたぬ
(あいたくちにはとはたたぬ)
開いた口へ牡丹餅
(あいたくちへぼたもち)
相槌を打つ
(あいづちをうつ)
相手変われど主変わらず
(あいてかわれどぬしかわらず)
相手のさする功名
(あいてのさするこうみょう)
相手のない喧嘩はできぬ
(あいてのないけんかはできぬ)
相手見てからの喧嘩声
(あいてみてからのけんかごえ)
愛は惜しみなく与う
(あいはおしみなくあたう)
愛は小出しにせよ
(あいはこだしにせよ)
愛は憎悪の始め
(あいはぞうおのはじめ)
相惚れ自惚れ片惚れ岡惚れ
(あいぼれうぬぼれかたぼれおかぼれ)
逢い戻りは鴨の味
(あいもどりはかものあじ)
会うは別れの始め
(あうはわかれのはじめ)
合うも不思議合わぬも不思議
(あうもふしぎあわぬもふしぎ)
阿吽の呼吸
(あうんのこきゅう)
敢えて主とならず客となる
(あえてしゅとならずきゃくとなる)
会えば五厘の損がゆく
(あえばごりんのそんがゆく)
仰いで天に愧じず
(あおいでてんにはじず)
青い鳥
(あおいとり)
青柿が熟柿弔う
(あおがきがじゅくしとむらう)
青田買い
(あおたがい)
青菜に塩
(あおなにしお)
青二才
(あおにさい)
青は藍より出でて藍より青し
(あおはあいよりいでてあいよりあおし)
青葉は目の薬
(あおばはめのくすり)
青表紙を叩いた者にはかなわぬ
(あおびょうしをたたいたものにはかなわぬ)
赤いは酒の咎
(あかいはさけのとが)
赤子のうちは七国七里の者に似る
(あかごのうちはななくにななさとのものににる)
赤子の手を捩じるよう
(あかごのてをねじるよう)
赤子は泣き泣き育つ
(あかごはなきなきそだつ)
赤子を裸にしたよう
(あかごをはだかにしたよう)
垢で死んだ者はない
(あかでしんだものはない)
赤の他人
(あかのたにん)
垢は擦るほど出る、あらは探すほど出る
(あかはこするほどでる、あらはさがすほどでる)
垢も身のうち
(あかもみのうち)
明るけりゃ月夜だと思う
(あかるけりゃつきよだとおもう)
足掻きがとれない
(あがきがとれない)
秋荒れ半作
(あきあれはんさく)
秋風が立つ
(あきかぜがたつ)
秋風と夫婦喧嘩は日が入りゃ止む
(あきかぜとふうふげんかはひがいりゃやむ)
空樽は音が高い
(あきだるはおとがたかい)
商い三年
(あきないさんねん)
商い上手の仕入れ下手
(あきないじょうずのしいれべた)
商いは牛の涎
(あきないはうしのよだれ)
商いは数でこなせ
(あきないはかずでこなせ)
商いは角々
(あきないはかどかど)
商いは本にあり
(あきないはもとにあり)
秋茄子嫁に食わすな
(あきなすびよめにくわすな)
秋の雨が降れば猫の顔が三尺になる
(あきのあめがふればねこのかおがさんじゃくになる)
秋の入り日と年寄りはだんだん落ち目が早くなる
(あきのいりひととしよりはだんだんおちめがはやくなる)
秋の扇
(あきのおうぎ)
秋の鹿は笛に寄る
(あきのしかはふえによる)
秋の日と娘の子はくれぬようでくれる
(あきのひとむすめのこはくれぬようでくれる)
秋の日は釣瓶落とし
(あきのひはつるべおとし)
秋葉山から火事
(あきばさんからかじ)
秋日和半作
(あきびよりはんさく)
空き家で声嗄らす
(あきやでこえからす)
空き家の雪隠
(あきやのせっちん)
諦めは心の養生
(あきらめはこころのようじょう)
呆れが礼に来る
(あきれがれいにくる)
アキレス腱
(あきれすけん)
商人と屏風は直ぐには立たぬ
(あきんどとびょうぶはすぐにはたたぬ)
商人には系図なし
(あきんどにはけいずなし)
商人の嘘は神もお許し
(あきんどのうそはかみもおゆるし)
商人の子は算盤の音で目を覚ます
(あきんどのこはそろばんのおとでめをさます)
商人の空値
(あきんどのそらね)
商人の元値
(あきんどのもとね)
商人は損していつか倉が建つ
(あきんどはそんしていつかくらがたつ)
悪縁契り深し
(あくえんちぎりふかし)
灰汁が抜ける
(あくがぬける)
悪妻は六十年の不作
(あくさいはろくじゅうねんのふさく)
悪事、千里を走る
(あくじ、せんりをはしる)
悪事、身にかえる
(あくじ、みにかえる)
悪獣もなおその類を思う
(あくじゅうもなおそのるいをおもう)
悪女の深情け
(あくじょのふかなさけ)
悪女は鏡を疎む
(あくじょはかがみをうとむ)
悪銭身に付かず
(あくせんみにつかず)
悪に強きは善にも強し
(あくにつよきはぜんにもつよし)
悪人あればこそ善人も顕る
(あくにんあればこそぜんにんもあらわる)
悪の裏は善
(あくのうらはぜん)
悪の報いは針の先
(あくのむくいははりのさき)
悪は一旦の事なり
(あくはいったんのことなり)
悪は延べよ
(あくはのべよ)
悪法もまた法なり
(あくほうもまたほうなり)
開けて悔しき玉手箱
(あけてくやしきたまてばこ)
挙げ足を取る
(あげあしをとる)
挙句の果て
(あげくのはて)
上げ膳に据え膳
(あげぜんにすえぜん)
阿漕ゲ浦に引く網
(あこぎがうらにひくあみ)
顎が干上がる
(あごがひあがる)
顎で蠅を追う
(あごではえをおう)
顎振り三年
(あごふりさんねん)
朝雨と女の腕捲り
(あさあめとおんなのうでまくり)
朝雨に傘いらず
(あさあめにかさいらず)
浅い川も深く渡れ
(あさいかわもふかくわたれ)
朝起き千両夜起き百両
(あさおきせんりょうよおきひゃくりょう)
朝起きは三文の徳
(あさおきはさんもんのとく)
朝顔の花一時
(あさがおのはないっとき)
朝駆けの駄賃
(あさがけのだちん)
麻殻に目鼻をつけたよう
(あさがらにめはなをつけたよう)
朝酒は門田を売っても飲め
(あさざけはかどたをうってものめ)
浅瀬に徒波
(あさせにあだなみ)
朝題目に宵念仏
(あさだいもくによいねんぶつ)
朝茶は七里帰っても飲め
(あさちゃはしちりかえってものめ)
朝虹は雨夕虹は晴れ
(あさにじはあめゆうにじははれ)
麻につるる蓬
(あさにつるるよもぎ)
朝寝八石の損
(あさねはちこくのそん)
朝寝坊の宵っ張り
(あさねぼうのよいっぱり)
朝の果物は金
(あさのくだものはきん)
朝の来ない夜はない
(あさのこないよるはない)
麻の中の蓬
(あさのなかのよもぎ)
朝の一時は晩の二時に当たる
(あさのひとときはばんのふたときにあたる)
朝のぴっかり姑の笑い
(あさのぴっかりしゅうとめのわらい)
朝日が西から出る
(あさひがにしからでる)
朝飯前のお茶漬け
(あさめしまえのおちゃづけ)
薊の花も一盛り
(あざみのはなもひとさかり)
海驢の番
(あしかのばん)
足が地に付かない
(あしがちにつかない)
足が棒になる
(あしがぼうになる)
朝に紅顔ありて夕べに白骨となる
(あしたにこうがんありてゆうべにはっこつとなる)
朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり
(あしたにみちをきかばゆうべにしすともかなり)
朝に夕べを謀らず
(あしたにゆうべをはからず)
明日は明日の風が吹く
(あしたはあしたのかぜがふく)
足駄を履いて首ったけ
(あしだをはいてくびったけ)
足の裏の米粒をこそげる
(あしのうらのこめつぶをこそげる)
足もとから鳥が立つ
(あしもとからとりがたつ)
足もとに火がつく
(あしもとにひがつく)
足もとの明るいうち
(あしもとのあかるいうち)
足もとを見る
(あしもとをみる)
足を洗う
(あしをあらう)
足を出す
(あしをだす)
足を引っ張る
(あしをひっぱる)
足を棒にする
(あしをぼうにする)
明日ありと思う心の仇桜
(あすありとおもうこころのあだざくら)
飛鳥川の淵瀬
(あすかがわのふちせ)
明日食う塩辛に今日から水を飲む
(あすくうしおからにきょうからみずをのむ)
明日知らぬ世
(あすしらぬよ)
明日の事は明日案じよ
(あすのことはあすあんじよ)
明日の事を言えば鬼が笑う
(あすのことをいえばおにがわらう)
明日の百より今日の五十
(あすのひゃくよりきょうのごじゅう)
預かり物は半分の主
(あずかりものははんぶんのぬし)
東男に京女
(あずまおとこにきょうおんな)
畦から行くも田から行くも同じ
(あぜからいくもたからいくもおなじ)
遊びに師なし
(あそびにしなし)
値を二つにせず
(あたいをふたつにせず)
当たった者のふの悪さ
(あたったもののふのわるさ)
当たって砕けろ
(あたってくだけろ)
頭押さえりゃ尻上がる
(あたまおさえりゃしりあがる)
頭搔くか字を書くか
(あたまかくかじをかくか)
頭かくして尻隠さず
(あたまかくしてしりかくさず)
頭が動けば尾も動く
(あたまがうごけばおもうごく)
頭剃るより心を剃れ
(あたまそるよりこころをそれ)
頭でっかち尻つぼみ
(あたまでっかちしりつぼみ)
頭の上の蠅も追われぬ
(あたまのうえのはえもおわれぬ)
頭の黒い鼠
(あたまのくろいねずみ)
頭の濡れぬ思案
(あたまのぬれぬしあん)
頭禿げても浮気はやまぬ
(あたまはげてもうわきはやまぬ)
新しい酒は新しい革袋に盛れ
(あたらしいさけはあたらしいかわぶくろにもれ)
新しい酒を古い革袋に盛る
(あたらしいさけをふるいかわぶくろにもる)
中らずと雖も遠からず
(あたらずといえどもとおからず)
当たるも八卦、当たらぬも八卦
(あたるもはっけ、あたらぬもはっけ)
寇に兵を藉し、盗に糧を齎す
(あだにへいをかし、とうにへいをもたらす)
徒の悋気
(あだのりんき)
徒花に実は生らぬ
(あだばなにみはならぬ)
仇も情けも我が身より出る
(あだもなさけもわがみよりでる)
仇を恩で報ずる
(あだをおんでほうずる)
あちら立てればこちらが立たぬ
(あちらたてればこちらがたたぬ)
悪貨は良貨を駆逐する
(あっかはりょうかをくちくする)
圧巻
(あっかん)
会った時は笠をぬげ
(あったときはかさをぬげ)
あったら口に風邪をひかす
(あったらくちにかぜをひかす)
あって地獄、なくて極楽
(あってじごく、なくてごくらく)
あっても苦労、なくても苦労
(あってもくろう、なくてもくろう)
暑さ寒さも彼岸まで
(あつささむさもひがんまで)
暑さ忘れれば陰忘れる
(あつさわすれればかげわすれる)
羹に懲りて膾を吹く
(あつものにこりてなますをふく)
当て事と越中褌は向こうから外れる
(あてごととえっちゅうふんどしはむこうからはずれる)
後足で砂をかける
(あとあしですなをかける)
後から剝げる正月言葉
(あとからはげるしょうがつことば)
後先息子に中娘
(あとさきむすこになかむすめ)
後の雁が先になる
(あとのかりがさきになる)
後の喧嘩、先でする
(あとのけんか、さきでする)
後の祭り
(あとのまつり)
後は野となれ山となれ
(あとはのとなれやまとなれ)
後腹が病める
(あとばらがやめる)
阿堵物
(あとぶつ)
後へも先へも行かぬ
(あとへもさきへもいかぬ)
穴があったら入りたい
(あながあったらはいりたい)
穴の貉を値段する
(あなのむじなをねだんする)
穴を掘って言い入れる
(あなをほっていいいれる)
姉女房は身代の薬
(あねにょうぼうはしんだいのくすり)
姉は菅笠、妹とは日傘
(あねはすげがさ、いもとはひがさ)
あの声で蜥蜴食らうか時鳥
(あのこえでとかげくらうかほととぎす)
あの世の千日、この世の一日
(あのよのせんにち、このよのいちにち)
痘痕も靨
(あばたもえくぼ)
家鴨も鴨の気位
(あひるもかものきぐらい)
危ないことは怪我のうち
(あぶないことはけがのうち)
危ない橋も一度は渡れ
(あぶないはしもいちどはわたれ)
危ない橋を渡る
(あぶないはしをわたる)
虻蜂取らず
(あぶはちとらず)
脂が乗る
(あぶらがのる)
油紙に火の付いたよう
(あぶらがみにひのついたよう)
脂に画き、氷に鏤む
(あぶらにえがき、こおりにちりばむ)
油を売る
(あぶらをうる)
油を絞る
(あぶらをしぼる)
油を以って油煙を落とす
(あぶらをもってゆえんをおとす)
阿呆の三杯汁
(あほうのさんばいじる)
甘い汁を吸う
(あまいしるをすう)
甘い物に蟻がつく
(あまいものにありがつく)
雨垂れ石を穿つ
(あまだれいしをうがつ)
雨垂れは三途の川
(あまだれはさんずのかわ)
天の邪鬼
(あまのじゃく)
雨夜の月
(あまよのつき)
余り茶に福あり
(あまりちゃにふくあり)
あまり円きはまろびやすし
(あまりまろきはまろびやすし)
余り物には福がある
(あまりものにはふくがある)
網、呑舟の魚を漏らす
(あみ、どんしゅうのうおをもらす)
阿弥陀も銭で光る
(あみだもぜにでひかる)
網なくて淵を覗くな
(あみなくてふちをのぞくな)
網にかかった魚
(あみにかかったうお)
網にかかるは雑魚ばかり
(あみにかかるはざこばかり)
網の目に風たまらず
(あみのめにかぜたまらず)
網の目に風たまる
(あみのめにかぜたまる)
雨が降ろうが槍が降ろうが
(あめがふろうがやりがふろうが)
雨塊を破らず、風枝を鳴らさず
(あめつちくれをやぶらず、かぜえだをならさず)
雨の降る日は天気が悪い
(あめのふるひはてんきがわるい)
雨は花の父母
(あめははなのふぼ)
雨晴れて笠を忘れる
(あめはれてかさをわすれる)
雨降って地固まる
(あめふってじかたまる)
飴をしゃぶらせる
(あめをしゃぶらせる)
危うきこと虎の尾を踏むが如し
(あやうきこととらのおをふむがごとし)
危うきこと累卵の如し
(あやうきことるいらんのごとし)
過ちて改めざる是を過ちと謂う
(あやまちてあらためざるこれをあやまちという)
過ちては改むるに憚ること勿れ
(あやまちてはあらたむるにはばかることなかれ)
過ちは好む所にあり
(あやまちはこのむところにあり)
過ちを文る
(あやまちをかざる)
過ちを観て仁を知る
(あやまちをみてじんをしる)
過つは人の性、許すは神の心
(あやまつはひとのさが、ゆるすはかみのこころ)
嵐の前の静けさ
(あらしのまえのしずけさ)
争い果てての棒乳切り
(あらそいはててのぼうちぎり)
ありそうでないのが金
(ありそうでないのがかね)
在りての厭い、亡くての偲び
(ありてのいとい、なくてのしのび)
蟻の穴から堤も崩れる
(ありのあなからつつみもくずれる)
蟻の思いも天に届く
(ありのおもいもてんにとどく)
蟻の熊野参り
(ありのくまのまいり)
蟻の這い出る隙もない
(ありのはいでるすきもない)
歩く足には塵が付く
(あるくあしにはちりがつく)
ある手からこぼれる
(あるてからこぼれる)
ある時は米の飯
(あるときはこめのめし)
ある時払いの催促なし
(あるときばらいのさいそくなし)
あるところにはあるもの
(あるところにはあるもの)
あるは厭なり思うは成らず
(あるはいやなりおもうはならず)
あるはないに勝る
(あるはないにまさる)
合わせ物は離れ物
(あわせものははなれもの)
慌てる乞食は貰いが少ない
(あわてるこじきはもらいがすくない)
阿波に吹く風は讃岐にも吹く
(あわにふくかぜはさぬきにもふく)
合わぬ蓋あれば合う蓋あり
(あわぬふたあればあうふたあり)
粟一粒は汗一粒
(あわひとつぶはあせひとつぶ)
鮑の片思い
(あわびのかたおもい)
鮟鱇の待ち食い
(あんこうのまちぐい)
晏子の御
(あんしのぎょ)
案じてたもるより銭たもれ
(あんじてたもるよりぜにたもれ)
鞍上人なく鞍下馬なし
(あんじょうひとなくあんかうまなし)
案じるより団子汁
(あんじるよりだんごじる)
案ずるより産むが易し
(あんずるよりうむがやすし)
安に居て危を思う
(あんにいてきをおもう)
暗夜に灯火を失う
(あんやにともしびをうしなう)
暗夜の礫
(あんやのつぶて)
Rのない月の牡蠣はよくない
(あーるのないつきのかきはよくない)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る