「い」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
帷幄の臣
(いあくのしん)
威あって猛からず
(いあってたけからず)
いい後は悪い
(いいあとはわるい)
言い勝ち功名
(いいがちこうみょう)
異域の鬼となる
(いいきのおにとなる)
言いたいことは明日言え
(いいたいことはあすいえ)
意到りて筆随う
(いいたりてふでしたがう)
言い出しこき出し笑い出し
(いいだしこきだしわらいだし)
言うた損より言わぬ損が少ない
(いうたそんよりいわぬそんがすくない)
言うと行うとは別問題である
(いうとおこなうとはべつもんだいである)
言うは易く行うは難し
(いうはやすくおこなうはかたし)
家柄より芋茎
(いえがらよりいもがら)
家に女房なきは火のない炉のごとし
(いえににょうぼうなきはひのないろのごとし)
家に鼠、国に盗人
(いえにねずみ、くににぬすびと)
家貧しくして孝子顕る
(いえまずしくしてこうしあらわる)
家貧しくして良妻を思う
(いえまずしくしてりょうさいをおもう)
家を道端に作れば三年成らず
(いえをみちばたにつくればさんねんならず)
烏賊の甲より年の劫
(いかのこうよりとしのこう)
怒りは敵と思え
(いかりはてきとおもえ)
怒りを遷さず
(いかりをうつさず)
怒れる拳、笑顔に当たらず
(いかれるこぶし、えがおにあたらず)
毬栗も内から割れる
(いがぐりもうちからわれる)
生き馬の目を抜く
(いきうまのめをぬく)
行き掛けの駄賃
(いきがけ(ゆきがけ)のだちん)
生きている犬は死んだライオンに勝る
(いきているいぬはしんだらいおんにまさる)
生きとし生けるもの
(いきとしいけるもの)
息の臭きは主知らず
(いきのくさきはぬししらず)
生き身は死に身
(いきみはしにみ)
委曲を尽くす
(いきょくをつくす)
生きるべきか死すべきかそれが問題だ
(いきるべきかしすべきかそれがもんだいだ)
衣錦の栄
(いきんのえい)
イギリス人の家はその人の城
(いぎりすじんのいえはそのひとのしろ)
行く行くの長居り
(いくいくのながおり)
戦を見て矢を矧ぐ
(いくさをみてやをはぐ)
生簀の鯉
(いけすのこい)
意見と餅はつくほど練れる
(いけんともちはつくほどねれる)
異彩を放つ
(いさいをはなつ)
諍い果てての乳切り木
(いさかいはててのちぎりぎ)
諍いをしいしい腹を大きくし
(いさかいをしいしいはらをおおきくし)
いざ鎌倉
(いざかまくら)
石臼を箸に刺す
(いしうすをはしにさす)
石が流れて木の葉が沈む
(いしがながれてこのはがしずむ)
石地蔵に蜂
(いしじぞうにはち)
石に裃
(いしにかみしも)
石に灸
(いしにきゅう)
石に漱ぎ、流れに枕す
(いしにくちすすぎ、ながれにまくらす)
石に立つ矢
(いしにたつや)
石に花咲く
(いしにはなさく)
石に布団は着せられず
(いしにふとんはきせられず)
意志のある所には道がある
(いしのあるところにはみちがある)
石の上にも三年
(いしのうえにもさんねん)
石の物言う世の中
(いしのものいうよのなか)
石橋を叩いて渡る
(いしばしをたたいてわたる)
石部金吉鉄兜
(いしべきんきちかなかぶと)
医者が取るか坊主が取るか
(いしゃがとるかぼうずがとるか)
医者寒からず儒者寒し
(いしゃさむからずじゅしゃさむし)
医者上手にかかり下手
(いしゃじょうずにかかりべた)
医者と味噌は古いほどよい
(いしゃとみそはふるいほどよい)
医者の薬も匙加減
(いしゃのくすりもさじかげん)
医者の自脈効き目なし
(いしゃのじみゃくききめなし)
医者の只今
(いしゃのただいま)
医者の不養生
(いしゃのふようじょう)
医者よ自らを癒せ
(いしゃよみずからをいやせ)
衣食足りて礼節を知る
(いしょくたりてれいせつをしる)
石を抱きて淵に入る
(いしをいだきてふちにいる)
意地張るより頬張れ
(いじはるよりほおばれ)
交喙の嘴
(いすかのはし)
いずれ菖蒲か杜若
(いずれあやめかかきつばた)
伊勢へ七旅、熊野へ三度
(いせへななたび、くまのへみたび)
居候、三杯目にはそっと出し
(いそうろう、さんばいめにはそっとだし)
急がば回れ
(いそがばまわれ)
急ぎの文は静かに書け
(いそぎのふみはしずかにかけ)
磯際で船を破る
(いそぎわでふねをやぶる)
急ぐな休むな
(いそぐなやすむな)
磯の鮑の片思い
(いそのあわびのかたおもい)
痛い上の針
(いたいうえのはり)
痛いのは辛抱しても痒いのは辛抱できぬ
(いたいのはしんぼうしてもかゆいのはしんぼうできぬ)
痛くもない腹を探られる
(いたくもないはらをさぐられる)
板子一枚下は地獄
(いたごいちまいしたはじごく)
痛し痒し
(いたしかゆし)
戴く物は夏も小袖
(いただくものはなつもこそで)
鼬ごっこ
(いたちごっこ)
鼬なき間の貂誇り
(いたちなきまのてんほこり)
鼬の最後っ屁
(いたちのさいごっぺ)
鼬の道切り
(いたちのみちきり)
板に付く
(いたにつく)
痛む上に塩を塗る
(いたむうえにしおをぬる)
韋駄天走り
(いだてんばしり)
一瓜実に二丸顔
(いちうりざねににまるがお)
一押し、二金、三男
(いちおし、にかね、さんおとこ)
一か八か
(いちかばちか)
一髪、二化粧、三衣装
(いちかみ、にけしょう、さんいしょう)
一工面、二働き
(いちくめん、にはたらき)
一芸は道に通ずる
(いちげいはみちにつうずる)
一合取っても武士は武士
(いちごうとってもぶしはぶし)
一事が万事
(いちじがばんじ)
一日千秋の思い
(いちじつせんしゅうのおもい)
一日の長
(いちじつのちょう)
一日再び晨なり難し
(いちじつふたたびあしたなりがたし)
一字の師
(いちじのし)
一樹の陰一河の流れも他生の縁
(いちじゅのかげいちがのながれもたしょうのえん)
一度あることは二度ある
(いちどあることはにどある)
一度死ねば二度死なぬ
(いちどしねばにどしなぬ)
一度はままよ二度はよし
(いちどはままよにどはよし)
一度焼けた山は二度は焼けぬ
(いちどやけたやまはにどはやけぬ)
一難去ってまた一難
(いちなんさってまたいちなん)
一に看病、二に薬
(いちにかんびょう、ににくすり)
一日暖めて十日冷やす
(いちにちあたためてとおかひやす)
一日一字を学べば三百六十字
(いちにちいちじをまなべばさんびゃくろくじゅうじ)
一日の計は朝にあり一年の計は元旦にあり
(いちにちのけいはあさにありいちねんのけいはがんたんにあり)
市に虎あり
(いちにとらあり)
一に褒められ二に憎まれ三に惚れられ四に風邪ひく
(いちにほめられにににくまれさんにほれられしにかぜひく)
一人虚を伝うれば万人実を伝う
(いちにんきょをつたうればばんにんじつをつたう)
一念、天に通ず
(いちねん、てんにつうず)
一年の計は元旦にあり
(いちねんのけいはがんたんにあり)
一の裏は六
(いちのうらはろく)
一番風呂は馬鹿が入る
(いちばんぶろはばかがはいる)
一引き、二才、三学問
(いちひき、にさい、さんがくもん)
一姫二太郎
(いちひめにたろう)
一富士、二鷹、三茄子
(いちふじ、にたか、さんなすび)
一枚の紙にも裏表
(いちまいのかみにもうらおもて)
一脈相通ずる
(いちみゃくあいつうずる)
一目置く
(いちもくおく)
一も取らず二も取らず
(いちもとらずにもとらず)
一文惜しみの百知らず
(いちもんおしみのひゃくしらず)
一葉落ちて天下の秋を知る
(いちようおちててんかのあきをしる)
一輪咲いても花は花
(いちりんさいてもはなははな)
一を聞いて十を知る
(いちをきいてじゅうをしる)
一を識りて二を知らず
(いちをしりてにをしらず)
一家の言を成す
(いっかのげんをなす)
一挙手一投足
(いっきょしゅいっとうそく)
一見、旧の如し
(いっけん、きゅうのごとし)
一犬影に吠ゆれば百犬声に吠ゆ
(いっけんかげにほゆればひゃっけんこえにほゆ)
一粲を博す
(いっさんをはくす)
一将功成りて万骨枯る
(いっしょうこうなりてばんこつかる)
一生添うとは男の習い
(いっしょうそうとはおとこのならい)
一升徳利こけても三分
(いっしょうどっくりこけてもさんぶ)
一升徳利に二升は入らぬ
(いっしょうどっくりににしょうははいらぬ)
一升の餅に五升の取り粉
(いっしょうのもちにごしょうのとりこ)
一矢を報いる
(いっしをむくいる)
一炊の夢
(いっすいのゆめ)
一寸先は闇
(いっすんさきはやみ)
一寸の光陰軽んずべからず
(いっすんのこういんかろんずべからず)
一寸延びれば尋延びる
(いっすんのびればひろのびる)
一寸の虫にも五分の魂
(いっすんのむしにもごぶのたましい)
一世を風靡する
(いっせいをふうびする)
一石を投じる
(いっせきをとうじる)
一線を画す
(いっせんをかくす)
一銭を笑う者は一銭に泣く
(いっせんをわらうものはいっせんになく)
一旦緩急あれば
(いったんかんきゅうあれば)
一箪の食、一瓢の飲
(いったんのし、いっぴょうのいん)
一張羅
(いっちょうら)
一丁字を知らず
(いっていじをしらず)
一擲乾坤を賭す
(いってきけんこんをとす)
一天万乗の君
(いってんばんじょうのきみ)
一頭地を抜く
(いっとうちをぬく)
一敗、地に塗れる
(いっぱい、ちにまみれる)
一髪、千鈞を引く
(いっぱつ、せんきんをひく)
一斑を見て全豹を卜す
(いっぱんをみてぜんぴょうをぼくす)
一匹の馬が狂えば千匹の馬も狂う
(いっぴきのうまがくるえばせんびきのうまもくるう)
一臂の力を仮す
(いっぴのちからをかす)
一辺倒
(いっぺんとう)
鷸蚌の争い
(いつぼうのあらそい)
いつまでもあると思うな親と金
(いつまでもあるとおもうなおやとかね)
いつも月夜に米の飯
(いつもつきよにこめのめし)
いつも柳の下に泥鰌はいない
(いつもやなぎのしたにどじょうはいない)
佚を以って労を待つ
(いつをもってろうをまつ)
いとこ同士は鴨の味
(いとこどうしはかものあじ)
居ない者貧乏
(いないものびんぼう)
田舎の学問より京の昼寝
(いなかのがくもんよりきょうのひるね)
稲荷の前の昼盗人
(いなりのまえのひるぬすびと)
犬一代に狸一匹
(いぬいちだいにたぬきいっぴき)
犬が西向きゃ尾は東
(いぬがにしむきゃおはひがし)
犬と猿
(いぬとさる)
犬に論語
(いぬにろんご)
犬の遠吠え
(いぬのとおぼえ)
犬は人につき猫は家につく
(いぬはひとにつきねこはいえにつく)
犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ
(いぬはみっかかえばさんねんおんをわすれぬ)
犬も歩けば棒に当たる
(いぬもあるけばぼうにあたる)
犬も朋輩、鷹も朋輩
(いぬもほうばい、たかもほうばい)
命あっての物種
(いのちあってのものだね)
命長ければ恥多し
(いのちながければはじおおし)
命の洗濯
(いのちのせんたく)
命は鴻毛より軽し
(いのちはこうもうよりかろし)
井の中の蛙大海を知らず
(いのなかのかわずたいかいをしらず)
祈るより稼げ
(いのるよりかせげ)
医は仁術
(いはじんじゅつ)
衣鉢を継ぐ
(いはつをつぐ)
韋編三度絶つ
(いへんみたびたつ)
移木の信
(いぼくのしん)
居仏が立ち仏を使う
(いぼとけがたちぼとけをつかう)
今鳴いた烏がもう笑う
(いまないたからすがもうわらう)
今の情けは後の仇
(いまのなさけはのちのあだ)
今際の際
(いまわのきわ)
今際の念仏誰も唱える
(いまわのねんぶつだれもとなえる)
芋頭でも頭は頭
(いもがしらでもかしらはかしら)
芋の煮えたも御存じない
(いものにえたもごぞんじない)
芋を洗うよう
(いもをあらうよう)
倚門の望
(いもんのぼう)
いやいや三杯
(いやいやさんばい)
厭じゃ厭じゃは女の癖
(いやじゃいやじゃはおんなのくせ)
厭と頭を縦に振る
(いやとかぶりをたてにふる)
甍を争う
(いらかをあらそう)
いらぬお世話の蒲焼
(いらぬおせわのかばやき)
いらぬ物も三年立てば用に立つ
(いらぬものもさんねんたてばようにたつ)
入り鉄砲に出女
(いりでっぽうにでおんな)
入り船あれば出船あり
(いりふねあればでふねあり)
入り船に良い風出船に悪い
(いりふねによいかぜでふねにわるい)
炒り豆に花が咲く
(いりまめにはながさく)
入るを量りて出ずるを為す
(いるをはかりていずるをなす)
色男、金と力はなかりけり
(いろおとこ、かねとちからはなかりけり)
色気と痔の気のない者はない
(いろけとじのけのないものはない)
色気より食い気
(いろけよりくいけ)
色の白いは七難隠す
(いろのしろいはしちなんかくす)
色は思案の外
(いろはしあんのほか)
色を付ける
(いろをつける)
曰く言い難し
(いわくいいがたし)
鰯網で鯨捕る
(いわしあみでくじらとる)
鰯で精進落ち
(いわしでしょうじんおち)
鰯の頭も信心から
(いわしのあたまもしんじんから)
言わぬが花
(いわぬがはな)
言わぬことは聞こえぬ
(いわぬことはきこえぬ)
言わぬは言うに勝る
(いわぬはいうにまさる)
言わねば腹ふくる
(いわねばはらふくる)
謂われを聞けば有難や
(いわれをきけばありがたや)
夷を以て夷を制す
(いをもっていをせいす)
殷鑑遠からず
(いんかんとおからず)
因果の小車
(いんがのおぐるま)
因果を含める
(いんがをふくめる)
印綬を解く
(いんじゅをとく)
陰徳あれば必ず陽報あり
(いんとくあればかならずようほうあり)
引導を渡す
(いんどうをわたす)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る