「う」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
有為転変は世の習い
(ういてんぺんはよのならい)
憂いも辛いも食うての上
(ういもつらいもくうてのうえ)
飢えたる犬は棒を恐れず
(うえたるいぬはぼうをおそれず)
飢えては食を択ばず
(うえてはしょくをえらばず)
上には上がある
(うえにはうえがある)
上見ぬ鷲
(うえみぬわし)
上を下への大騒ぎ
(うえをしたへのおおさわぎ)
上を見れば方図がない
(うえをみればほうずがない)
魚心あれば水心
(うおごころあればみずごころ)
魚と水
(うおとみず)
魚の木に登るが如し
(うおのきにのぼるがごとし)
魚の釜中に遊ぶが如し
(うおのふちゅうにあそぶがごとし)
魚の水に離れたよう
(うおのみずにはなれたよう)
魚の水を得たよう
(うおのみずをえたよう)
魚の目に水見えず
(うおのめにみずみえず)
魚は鯛
(うおはたい)
魚を得て筌を忘る
(うおをえてうえをわする)
うかうか三十きょろきょろ四十
(うかうかさんじゅうきょろきょろしじゅう)
浮き足立つ
(うきあしだつ)
浮き沈み七度
(うきしずみななたび)
憂き身をやつす
(うきみをやつす)
浮世は衣装七分
(うきよはいしょうしちぶ)
浮世は回り持ち
(うきよはまわりもち)
浮世は夢
(うきよはゆめ)
浮世渡らば豆腐で渡れ
(うきよわたらばとうふでわたれ)
鶯鳴かせたこともある
(うぐいすなかせたこともある)
有卦に入る
(うけにいる)
烏合の衆
(うごうのしゅう)
雨後の筍
(うごのたけのこ)
兎も七日なぶれば噛みつく
(うさぎもなぬかなぶればかみつく)
兎を見て犬を呼ぶ
(うさぎをみていぬをよぶ)
牛に対して琴を弾ず
(うしにたいしてことをだんず)
牛に引かれて善光寺参り
(うしにひかれてぜんこうじまいり)
牛の歩み
(うしのあゆみ)
牛の角を蜂が刺す
(うしのつのをはちがさす)
丑の時参り
(うしのときまいり)
牛は牛連れ、馬は馬連れ
(うしはうしづれ、うまはうまづれ)
牛も千里馬も千里
(うしもせんりうまもせんり)
羽觴を飛ばす
(うしょうをとばす)
後ろ髪を引かれる
(うしろがみをひかれる)
後ろ千両前一文
(うしろせんりょうまえいちもん)
後ろに柱前に酒
(うしろにはしらまえにさけ)
後ろに目なし
(うしろにめなし)
後ろ弁天、前不動
(うしろべんてん、まえふどう)
後ろ指を指される
(うしろゆびをさされる)
牛を馬に乗り換える
(うしをうまにのりかえる)
牛を食らうの気
(うしをくらうのき)
氏なくして玉の輿
(うじなくしてたまのこし)
氏より育ち
(うじよりそだち)
薄紙を剝ぐよう
(うすがみをはぐよう)
嘘から出た実
(うそからでたまこと)
嘘つきは泥棒の始まり
(うそつきはどろぼうのはじまり)
嘘にも種が要る
(うそにもたねがいる)
嘘八百
(うそはっぴゃく)
嘘も方便
(うそもほうべん)
嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれる
(うそをつくとえんまさまにしたをぬかれる)
打たねば鳴らぬ
(うたねばならぬ)
歌は世につれ世は歌につれ
(うたはよにつれよはうたにつれ)
歌物語の歌忘れ
(うたものがたりのうたわすれ)
打たれても親の杖
(うたれてもおやのつえ)
うだつが上がらぬ
(うだつがあがらぬ)
内兜を見透かす
(うちかぶとをみすかす)
内で掃除せぬ馬は外で毛を振る
(うちでそうじせぬうまはそとでけをふる)
内に省みて疚しからず
(うちにかえりみてやましからず)
家の前の痩せ犬
(うちのまえのやせいぬ)
家裸でも外錦
(うちはだかでもそとにしき)
内弁慶
(うちべんけい)
内弁慶外すばり
(うちべんけいそとすばり)
内孫より外孫
(うちまごよりそとまご)
美しい花には棘がある
(うつくしいはなにはとげがある)
現を抜かす
(うつつをぬかす)
打つも撫でるも親の恩
(うつもなでるもおやのおん)
移れば変わる世の習い
(うつればかわるよのならい)
打てば響く
(うてばひびく)
腕を拱く
(うでをこまぬく)
独活の大木
(うどのたいぼく)
優曇華の花
(うどんげのはな)
鰻の寝床
(うなぎのねどこ)
鰻登り
(うなぎのぼり)
自惚れと瘡気のない者はない
(うぬぼれとかさけのないものはない)
兎の毛で突いたほど
(うのけでついたほど)
兎の真似をする烏
(うのまねをするからす)
鵜の目鷹の目
(うのめたかのめ)
産屋の風邪は一生つく
(うぶやのかぜはいっしょうつく)
旨い事は二度考えよ
(うまいことはにどかんがえよ)
旨い物食わす人に油断すな
(うまいものくわすひとにゆだんすな)
旨い物は小人数
(うまいものはこにんずう)
旨い物は宵に食え
(うまいものはよいにくえ)
馬が合う
(うまがあう)
馬に乗るまでは牛に乗れ
(うまにのるまではうしにのれ)
馬には乗ってみよ人には添うてみよ
(うまにはのってみよひとにはそうてみよ)
馬の足
(うまのあし)
馬の前に車をつけるな
(うまのまえにくるまをつけるな)
馬の耳に念仏
(うまのみみにねんぶつ)
馬も買わずに鞍買う
(うまもかわずにくらかう)
馬持たずに馬貸すな
(うまもたずにうまかすな)
生まれながらの長老なし
(うまれながらのちょうろうなし)
生まれる前の襁褓定め
(うまれるまえのむつきさだめ)
馬を牛に乗り換える
(うまをうしにのりかえる)
馬を鹿
(うまをしか)
馬を水辺につれていけても水を飲ませることはできない
(うまをみずべにつれていけてもみずをのませることはできない)
海魚腹から川魚背から
(うみうおはらからかわうおせから)
海に千年山に千年
(うみにせんねんやまにせんねん)
生みの親より育ての親
(うみのおやよりそだてのおや)
海の事は漁師に問え
(うみのことはりょうしにとえ)
海の物とも山の物ともつかぬ
(うみのものともやまのものともつかぬ)
梅一輪一輪ずつの暖かさ
(うめいちりんいちりんずつのあたたかさ)
梅に鶯
(うめにうぐいす)
埋もれ木に花咲く
(うもれぎにはなさく)
烏有に帰す
(うゆうにきす)
裏には裏がある
(うらにはうらがある)
裏の裏を行く
(うらのうらをいく)
恨み骨髄に徹す
(うらみこつずいにてっす)
怨みに報ゆるに徳を以てす
(うらみにむくゆるにとくをもってす)
怨みほど恩を思え
(うらみほどおんをおもえ)
裏目に出る
(うらめにでる)
売られた喧嘩は買わねばならぬ
(うられたけんかはかわねばならぬ)
売家と唐様で書く三代目
(うりいえとからようでかくさんだいめ)
売り言葉に買い言葉
(うりことばにかいことば)
瓜に爪あり爪に爪なし
(うりにつめありつめにつめなし)
瓜の皮は大名に剝かせよ柿の皮は乞食に剝かせよ
(うりのかわはだいみょうにむかせよかきのかわはこじきにむかせよ)
瓜の蔓に茄子は生らぬ
(うりのつるになすびはならぬ)
瓜二つ
(うりふたつ)
売り物には花を飾れ
(うりものにははなをかざれ)
漆は剝げても生地は剝げぬ
(うるしははげてもきじははげぬ)
憂いを掃う玉箒
(うれいをはらうたまははき)
烏鷺の争い
(うろのあらそい)
胡乱の沙汰
(うろんのさた)
浮気と乞食はやめられぬ
(うわきとこじきはやめられぬ)
噂は遠くから
(うわさはとおくから)
噂をすれば影がさす
(うわさをすればかげがさす)
運根鈍
(うんこんどん)
生んだ子より抱いた子
(うんだこよりだいたこ)
蘊蓄を傾ける
(うんちくをかたむける)
雲泥の差
(うんでいのさ)
運は天にあり
(うんはてんにあり)
運用の妙は一心に存す
(うんようのみょうはいっしんにそんす)
運を待つは死を待つに等し
(うんをまつはしをまつにひとし)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る