「え」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
英気を養う
(えいきをやしなう)
英雄、色を好む
(えいゆう、いろをこのむ)
英雄、閑日月あり
(えいゆう、かんじつげつあり)
英雄、人を欺く
(えいゆう、ひとをあざむく)
易者、身の上知らず
(えきしゃ、みのうえしらず)
えせ侍の刀弄り
(えせざむらいのかたないじり)
えせ者の空笑い
(えせもののそらわらい)
得たり賢し
(えたりかしこし)
枝を伐って根を枯らす
(えだをきってねをからす)
枝を矯めて花を散らす
(えだをためてはなをちらす)
越鳥南枝に巣くい、胡馬北風に嘶く
(えっちょうなんしにすくい、こばほくふうにいななく)
悦に入る
(えつにいる)
得手勝手は向こうには効かない
(えてかってはむこうにはきかない)
得手に鼻つく
(えてにはなつく)
得手に帆を揚げる
(えてにほをあげる)
江戸っ子の往き大名還り乞食
(えどっこのゆきだいみょうかえりこじき)
江戸っ子は五月の鯉の吹き流し
(えどっこはさつきのこいのふきながし)
江戸っ子は宵越しの銭は使わぬ
(えどっこはよいごしのぜにはつかわぬ)
江戸の敵を長崎で討つ
(えどのかたきをながさきでうつ)
江戸は八百八町、大坂は八百八橋
(えどははっぴゃくやちょう、おおさかははっぴゃくやばし)
江戸べらぼうに京どすえ
(えどべらぼうにきょうどすえ)
絵に描いた地震
(えにかいたじしん)
絵に描いた餅
(えにかいたもち)
柄のない所に柄をすげる
(えのないところにえをすげる)
榎の実は生らば生れ木は椋の木
(えのみはならばなれきはむくのき)
蝦で鯛を釣る
(えびでたいをつる)
栄耀の餅の皮
(えようのもちのかわ)
選んでかすを摑む
(えらんでかすをつかむ)
エル・ドラード
(える・どらーど)
縁あれば千里
(えんあればせんり)
鴛鴦の契り
(えんおうのちぎり)
煙霞の痼疾
(えんかのこしつ)
猿猴、月を取る
(えんこう、つきをとる)
燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや
(えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや)
遠水、近火を救わず
(えんすい、きんかをすくわず)
縁と浮き世は末を待て
(えんとうきよはすえをまて)
豌豆は日陰でもはじける
(えんどうはひかげでもはじける)
縁なき衆生は度し難し
(えんなきしゅじょうはどしがたし)
縁の切れ目は子で繋ぐ
(えんのきれめはこでつなぐ)
縁の下の力持ち
(えんのしたのちからもち)
縁は異なもの、味なもの
(えんはいなもの、あじなもの)
猿臂を伸ばす
(えんぴをのばす)
遠慮なければ近憂あり
(えんりょなければきんゆうあり)
遠慮は無沙汰
(えんりょはぶさた)
遠慮ひだるし伊達寒し
(えんりょひだるしだてさむし)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る