「き」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
聞いた事は聞き捨て
(きいたことはききすて)
聞いた百文より見た一文
(きいたひゃくもんよりみたいちもん)
聞いて極楽、見て地獄
(きいてごくらく、みてじごく)
聞いてびっくり、見てびっくり
(きいてびっくり、みてびっくり)
既往は咎めず
(きおうはとがめず)
奇貨、居くべし
(きか、おくべし)
幾何学に王道なし
(きかがくにおうどうなし)
聞かぬ事は後学にならず
(きかぬことはこうがくにならず)
木から落ちた猿
(きからおちたさる)
亀鑑
(きかん)
気が置けない
(きがおけない)
気が利きすぎて間が抜ける
(きがききすぎてまがぬける)
聞き上手の話し下手
(ききじょうずのはなしべた)
危急存亡の秋
(ききゅうそんぼうのとき)
飢饉は海から
(ききんはうみから)
忌諱に触れる
(きき(きい)にふれる)
聞くと見るとは大違い
(きくとみるとはおおちがい)
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥
(きくはいっときのはじ、きかぬはいっしょうのはじ)
聞けば聞き腹
(きけばききばら)
聞けば気の毒、見れば目の毒
(きけばきのどく、みればめのどく)
騎虎の勢い
(きこのいきおい)
樹静かならんと欲すれども風止まず
(きしずかならんとほっすれどもかぜやまず)
木七竹八塀十郎
(きしちたけはちへいじゅうろう)
帰心、矢の如し
(きしん、やのごとし)
雉も鳴かずば撃たれまい
(きじもなかずばうたれまい)
喜寿
(きじゅ)
机上の空論
(きじょうのくうろん)
傷口に塩
(きずぐちにしお)
鬼籍に入る
(きせきにいる)
機先を制する
(きせんをせいする)
驥足を展ばす
(きそくをのばす)
危殆に瀕する
(きたいにひんする)
汚く稼いで清く暮らせ
(きたなくかせいできよくくらせ)
北に近ければ南に遠い
(きたにちかければみなみにとおい)
北枕
(きたまくら)
来る者は拒まず
(きたるものはこばまず)
狐、その尾を濡らす
(きつね、そのおをぬらす)
狐と狸
(きつねとたぬき)
狐虎の威を藉る
(きつねとらのいをかる)
狐七化け、狸は八化け
(きつねななばけ、たぬきはやばけ)
狐につままれる
(きつねにつままれる)
狐の子は面白
(きつねのこはつらじろ)
狐の嫁入り
(きつねのよめいり)
来て見ればさほどでもなし富士の山
(きてみればさほどでもなしふじのやま)
木で鼻をくくる
(きではなをくくる)
木に竹を接ぐ
(きにたけをつぐ)
木に縁りて魚を求む
(きによりてうおをもとむ)
機に因りて法を説け
(きによりてほうをとけ)
昨日の襤褸、今日の錦
(きのうのつづれ、きょうのにしき)
昨日の友は今日の仇
(きのうのともはきょうのあだ)
昨日の友は今日の敵
(きのうのともはきょうのてき)
昨日の淵は今日の瀬
(きのうのふちはきょうのせ)
昨日は昨日、今日は今日
(きのうはきのう、きょうはきょう)
昨日は今日の昔
(きのうはきょうのむかし)
昨日は人の身、今日は我が身
(きのうはひとのみ、きょうはわがみ)
昨日は嫁、今日は姑
(きのうはよめ、きょうはしゅうとめ)
気の利いた化け物は引っ込む時分
(きのきいたばけものはひっこむじぶん)
気の毒は身の毒
(きのどくはみのどく)
木の股から生まれる
(きのまたからうまれる)
木は木、金は金
(きはき、かねはかね)
気は心
(きはこころ)
驥尾に付す
(きびにふす)
木仏、金仏、石仏
(きぶつ、かなぶつ、いしぼとけ)
君、君たらずと雖も臣は臣たらざるべからず
(きみ、きみたらずといえどもしんはしんたらざるべからず)
君、辱めらるれば臣死す
(きみ、はずかしめらるればしんしす)
気脈を通じる
(きみゃくをつうじる)
君を思うも身を思う
(きみをおもうもみをおもう)
鬼面、人を嚇す
(きめん、ひとをおどす)
木もと竹うら
(きもとたけうら)
鬼門
(きもん)
客人一杯手八杯
(きゃくじんいっぱいてはちはい)
客と白鷺は立ったが見事
(きゃくとしらさぎはたったがみごと)
客の朝起き
(きゃくのあさおき)
久闊を叙する
(きゅうかつをじょする)
九牛の一毛
(きゅうぎゅうのいちもう)
九死に一生を得る
(きゅうしにいっしょうをえる)
鳩首
(きゅうしゅ)
九仞の功を一簣に虧く
(きゅうじんのこうをいっきにかく)
窮すれば通ず
(きゅうすればつうず)
窮鼠、猫を噛む
(きゅうそ、ねこをかむ)
窮鳥懐に入れば猟師も殺さず
(きゅうちょうふところにいればりょうしもころさず)
旧套を脱する
(きゅうとうをだっする)
朽木は雕る可からず
(きゅうぼくはえるべからず)
窮余の一策
(きゅうよのいっさく)
久離を切る
(きゅうりをきる)
笈を負う
(きゅうをおう)
杞憂
(きゆう)
胸襟を開く
(きょうきんをひらく)
兄弟は他人の始まり
(きょうだいはたにんのはじまり)
胸中、成竹あり
(きょうちゅう、せいちくあり)
今日できることを明日まで延ばすな
(きょうできることをあすまでのばすな)
橋頭堡
(きょうとうほ)
京に田舎あり
(きょうにいなかあり)
京の着倒れ、大坂の食い倒れ
(きょうのきだおれ、おおさかのくいだおれ)
今日の襤褸、明日の錦
(きょうのつづれ、あすのにしき)
今日の後に今日なし
(きょうののちにきょうなし)
今日の一針、明日の十針
(きょうのひとはり、あすのとはり)
京の夢、大阪の夢
(きょうのゆめ、おおさかのゆめ)
京へ筑紫に坂東さ
(きょうへつくしにばんどうさ)
喬木は風に折らる
(きょうぼくはかぜにおらる)
狂瀾を既倒に廻らす
(きょうらんをきとうにめぐらす)
旭日昇天の勢い
(きょくじつしょうてんのいきおい)
曲水の宴
(きょくすいのえん)
巨星墜つ
(きょせいおつ)
挙措を失う
(きょそをうしなう)
居は気を移す
(きょはきをうつす)
器用貧乏人宝
(きようびんぼうひとたから)
清水の舞台から飛び下りる
(きよみずのぶたいからとびおりる)
嫌いは知らぬの唐名
(きらいはしらぬのからな)
綺羅星の如し
(きらぼしのごとし)
錐の嚢中に処るが如し
(きりののうちゅうにおるがごとし)
桐一葉
(きりひとは)
器量は当座の花
(きりょうはとうざのはな)
器量より気前
(きりょうよりきまえ)
麒麟児
(きりんじ)
切る手遅かれ
(きるておそかれ)
軌を一にす
(きをいつにす)
奇を衒う
(きをてらう)
木を見て森を見ない
(きをみてもりをみない)
槿花一日の栄
(きんかいちじつのえい)
金魚の糞
(きんぎょのふん)
琴瑟相和す
(きんしつあいわす)
金字塔
(きんじとう)
錦上、花を添える
(きんじょう、はなをそえる)
金石の交わり
(きんせきのまじわり)
琴線に触れる
(きんせんにふれる)
金銭は他人
(きんせんはたにん)
禁断の木の実
(きんだんのこのみ)
金的を射落とす
(きんてきをいおとす)
金時の火事見舞い
(きんときのかじみまい)
金の卵を産む鵞鳥を殺すな
(きんのたまごをうむがちょうをころすな)
勤勉は成功の母
(きんべんはせいこうのはは)
金蘭の契り
(きんらんのちぎり)
疑心、暗鬼を生ず
(ぎしん、あんきをしょうず)
牛耳を執る
(ぎゅうじをとる)
堯の子堯ならず
(ぎょうのこぎょうならず)
玉山崩る
(ぎょくざんくずる)
玉斧を乞う
(ぎょくふをこう)
魚腹に葬らる
(ぎょふくにほうむらる)
漁夫の利
(ぎょふのり)
義理と褌、欠かされぬ
(ぎりとふんどし、かかされぬ)
義理張るより頬張れ
(ぎりばるよりほおばれ)
義を見てせざるは勇なきなり
(ぎをみてせざるはゆうなきなり)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る