「た」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
田歩くも畔歩くも同じ
(たあるくもくろあるくもおなじ)
大隠は市に隠る
(たいいんはいちにかくる)
大恩は報せず
(たいおんはほうせず)
大海の一滴
(たいかいのいってき)
大海は芥を択ばず
(たいかいはあくたをえらばず)
大海を手で塞ぐ
(たいかいをてでふさぐ)
大廈の倒れんとするは一木の支うる所に非ず
(たいかのたおれんとするはいちぼくのささうるところにあらず)
大家後なし
(たいかのちなし)
大旱の雲霓を望む
(たいかんのうんげいをのぞむ)
大姦は忠に似たり
(たいかんはちゅうににたり)
対岸の火事
(たいがんのかじ)
大義、親を滅す
(たいぎ、しんをめっす)
大疑は大悟の基
(たいぎはたいごのもとい)
大魚は小池に棲まず
(たいぎょはしょうちにすまず)
大軍に関所なし
(たいぐんにせきしょなし)
大賢は愚なるが如し
(たいけんはぐなるがごとし)
大行は細謹を顧みず
(たいこうはさいきんをかえりみず)
大功は拙なるが如し
(たいこうはせつなるがごとし)
太公望
(たいこうぼう)
大功を成す者は衆に謀らず
(たいこうをなすものはしゅうにはからず)
大功を論ずる者は小過を録せず
(たいこうをろんずるものはしょうかをろくせず)
太鼓判を捺す
(たいこばんをおす)
太鼓も撥の当たりよう
(たいこもばちのあたりよう)
泰山は土壌を譲らず
(たいざんはどじょうをゆずらず)
泰山北斗のごとし
(たいざんほくとのごとし)
大山鳴動して鼠一匹
(たいざんめいどうしてねずみいっぴき)
太山を挟んで北海を超ゆ
(たいざんをわきばさんでほっかいをこゆ)
大声は里耳に入らず
(たいせいはりじにいらず)
大智は愚の如し
(たいちはぐのごとし)
大敵と見て恐れず小敵と見て侮らず
(たいてきとみておそれずしょうてきとみてあなどらず)
泰斗
(たいと)
鯛なくば狗母魚
(たいなくばえそ)
鯛の尾より鰯の頭
(たいのおよりいわしのかしら)
太平楽
(たいへいらく)
大木は風に折らる
(たいぼくはかぜにおらる)
鯛も一人では旨からず
(たいもひとりではうまからず)
太陽の照っているうちに干し草を作れ
(たいようのてっているうちにほしくさをつくれ)
大欲は無欲に似たり
(たいよくはむよくににたり)
大漁の明日
(たいりょうのあした)
斃れて後、已む
(たおれてのち、やむ)
高い舟借りて安い小魚釣る
(たかいふねかりてやすいこざかなつる)
高が知れる
(たかがしれる)
高きに登るには低きよりす
(たかきにのぼるにはひくきよりす)
高嶺の花
(たかねのはな)
鷹の前の雀
(たかのまえのすずめ)
鷹は飢えても穂を摘まず
(たかはうえてもほをつまず)
高飛車
(たかびしゃ)
高みに土盛る
(たかみにつちもる)
高みの見物
(たかみのけんぶつ)
田から行くも畦から行くも同じ事
(たからいくもあぜからいくもおなじこと)
宝の持ち腐れ
(たからのもちぐされ)
宝の山に入りながら手を空しくして帰る
(たからのやまにいりながらてをむなしくしてかえる)
宝は身の仇
(たからはみのあだ)
高を括る
(たかをくくる)
薪を抱きて火を救う
(たきぎをいだきてひをすくう)
たくらだ猫の隣歩き
(たくらだねこのとなりあるき)
竹と人の心の直ぐなのは少ない
(たけとひとのこころのすぐなのはすくない)
竹に油を塗る
(たけにあぶらをぬる)
竹に雀
(たけにすずめ)
竹屋の火事
(たけやのかじ)
竹を割ったよう
(たけをわったよう)
多芸は無芸
(たげいはむげい)
蛸は身を食う
(たこはみをくう)
他山の石
(たざんのいし)
多勢に無勢
(たぜいにぶぜい)
闘う雀、人を恐れず
(たたかうすずめ、ひとをおそれず)
叩かれた夜は寝やすい
(たたかれたよるはねやすい)
叩けば埃が出る
(たたけばほこりがでる)
叩けよ、さらば開かれん
(たたけよ、さらばひらかれん)
多々益々弁ず
(たたますますべんず)
畳の上の怪我
(たたみのうえのけが)
畳の上の水練
(たたみのうえのすいれん)
只より高い物はない
(ただよりたかいものはない)
只より安い物はない
(ただよりやすいものはない)
立ち仏が居仏を使う
(たちぼとけがいぼとけをつかう)
立ち物は転び物
(たちものはころびもの)
立ち寄らば大木の陰
(たちよらばおおきのかげ)
立ち寄らば大樹の陰
(たちよらばたいじゅのかげ)
立ってる者は親でも使え
(たってるものはおやでもつかえ)
尊い寺は門から知れる
(たっといてらはもんからしれる)
田作る道は農に問え
(たつくるみちはのうにとえ)
達人は大観す
(たつじんはたいかんす)
立つ鳥、跡を濁さず
(たつとり、あとをにごさず)
立つより返事
(たつよりへんじ)
田作りも魚のうち
(たづくりもうおのうち)
立て板に水
(たていたにみず)
盾に取る
(たてにとる)
縦の物を横にもしない
(たてのものをよこにもしない)
盾の両面を見よ
(たてのりょうめんをみよ)
立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花
(たてばしゃくやく、すわればぼたん、あるくすがたはゆりのはな)
蓼食う虫も好き好き
(たでくうむしもすきずき)
蓼の虫は蓼で死ぬ
(たでのむしはたででしぬ)
譬えに嘘なし坊主に毛なし
(たとえにうそなしぼうずにけなし)
たとえ火の中水の中
(たとえひのなかみずのなか)
炭団に目鼻
(たどんにめはな)
棚卸し
(たなおろし)
棚から落ちた達磨
(たなからおちただるま)
棚から牡丹餅
(たなからぼたもち)
棚から牡丹餅は落ちてこない
(たなからぼたもちはおちてこない)
掌を返す
(たなごころをかえす)
掌を指す
(たなごころをさす)
他人の疝気を頭痛に病む
(たにんのせんきをずつうにやむ)
他人の空似
(たにんのそらに)
他人の念仏で極楽参り
(たにんのねんぶつでごくらくまいり)
他人の正目
(たにんのまさめ)
他人の飯には骨がある
(たにんのめしにはほねがある)
他人の飯は白い
(たにんのめしはしろい)
他人の飯を食う
(たにんのめしをくう)
他人は時の花
(たにんはときのはな)
狸が人に化かされる
(たぬきがひとにばかされる)
狸寝入り
(たぬきねいり)
田の事すれば畑が荒れる
(たのことすればはたけがあれる)
楽しみ尽きて悲しみ来る
(たのしみつきてかなしみきたる)
頼みの綱も切れ果てる
(たのみのつなもきれはてる)
頼む木陰に雨が漏る
(たのむこかげにあめがもる)
頼むと頼まれては犬も木へ登る
(たのむとたのまれてはいぬもきへのぼる)
頼めば越後から米搗きにも来る
(たのめばえちごからこめつきにもくる)
旅の犬が尾をすぼめる
(たびのいぬがおをすぼめる)
旅の恥は搔き捨て
(たびのはじはかきすて)
旅は憂いもの辛いもの
(たびはういものつらいもの)
旅は道連れ、世は情け
(たびはみちづれ、よはなさけ)
卵に目鼻
(たまごにめはな)
卵を盗む者は牛も盗む
(たまごをぬすむものはうしもぬすむ)
卵を見て時夜を求む
(たまごをみてじやをもとむ)
卵を以て石に投ず
(たまごをもっていしにとうず)
卵を割らないでオムレツは作れない
(たまごをわらないでおむれつはつくれない)
玉となって砕くとも瓦となって全からじ
(たまとなってくだくともかわらとなってまったからじ)
玉に瑕
(たまにきず)
たまに出る子は風に遭う
(たまにでるこはかぜにあう)
玉の輿
(たまのこし)
玉の杯、底なきが如し
(たまのさかずき、そこなきがごとし)
玉磨かざれば器をなさず
(たまみがかざればきをなさず)
玉磨かざれば光なし
(たまみがかざればひかりなし)
璧を懐いて罪あり
(たまをいだいてつみあり)
玉を衒いて石を売る
(たまをてらいていしをうる)
民の口を防ぐは水を防ぐよりも甚だし
(たみのくちをふせぐはみずをふせぐよりもはなはだし)
民の声は神の声
(たみのこえはかみのこえ)
民は之に由らしむべし、之を知らしむべからず
(たみはこれによらしむべし、これをしらしむべからず)
溜め息をすれば親の寿命が縮む
(ためいきをすればおやのじゅみょうがちぢむ)
矯めるなら若木のうち
(ためるならわかぎのうち)
便りのないのはよい便り
(たよりのないのはよいたより)
誑しが誑しに誑される
(たらしがたらしにたらされる)
鱈汁と雪道は後が良い
(たらじるとゆきみちはあとがよい)
足らず余らず子三人
(たらずあまらずこさんにん)
足る事を知る
(たることをしる)
足るを知る者は富む
(たるをしるものはとむ)
誰か烏の雌雄を知らんや
(たれかからすのしゆうをしらんや)
田を行くも畦を行くも同じ
(たをいくもあぜをいくもおなじ)
短気は損気
(たんきはそんき)
端倪すべからず
(たんげいすべからず)
単糸、線を成さず
(たんし、せんをなさず)
胆は大ならんことを欲し、心は小ならんことを欲す
(たんはだいならんことをほっし、こころはしょうならんことをほっす)
短兵急
(たんぺいきゅう)
短を捨てて長を取る
(たんをすててちょうをとる)
大吉は凶に還る
(だいきちはきょうにかえる)
大工の掘っ立て
(だいくのほったて)
大黒柱
(だいこくばしら)
大根と女房は盗まれるほど良い
(だいこんとにょうぼうはぬすまれるほどよい)
大根の皮取らぬ阿呆、生姜の皮取る阿呆
(だいこんのかわとらぬあほう、しょうがのかわとるあほう)
大根を正宗で切る
(だいこんをまさむねできる)
醍醐味
(だいごみ)
大事の前の小事
(だいじのまえのしょうじ)
大事は小事より起こる
(だいじはしょうじよりおこる)
大丈夫、金の脇差
(だいじょうぶ、かねのわきざし)
大豆は畑の肉
(だいずははたけのにく)
抱いた子の塵を食うを知らぬ
(だいたこのちりをくうをしらぬ)
橙が赤くなれば医者の顔が青くなる
(だいだいがあかくなればいしゃのかおがあおくなる)
大団円
(だいだんえん)
大地に槌
(だいちにつち)
大道廃れて仁義あり
(だいどうすたれてじんぎあり)
大の虫を生かして小の虫を殺す
(だいのむしをいかしてしょうのむしをころす)
大は小を兼ねる
(だいはしょうをかねる)
大勇は勇ならず
(だいゆうはゆうならず)
抱かさせば負ぶさる
(だかさせばおぶさる)
出すことは舌を出すのも嫌い
(だすことはしたをだすのもきらい)
蛇足
(だそく)
脱兎の如し
(だっとのごとし)
伊達の薄着
(だてのうすぎ)
伊達の素足もないから起こる
(だてのすあしもないからおこる)
黙り猫が鼠を捕る
(だまりねこがねずみをとる)
駄目押し
(だめおし)
ダモクレスの剣
(だもくれすのけん)
誰が猫に鈴をつけるというのか
(だれがねこにすずをつけるというのか)
誰に見しょとて紅鉄漿つける
(だれにみしょとてべにかねつける)
弾丸黒子の地
(だんがんこくしのち)
断機の戒め
(だんきのいましめ)
断金の交わり
(だんきんのまじわり)
団子隠そうより跡隠せ
(だんごかくそうよりあとかくせ)
団子に目鼻
(だんごにめはな)
男子家を出ずれば七人の敵あり
(だんしいえをいずればしちにんのてきあり)
男子の一言、金鉄の如し
(だんしのいちごん、きんてつのごとし)
断じて行えば鬼神も之を避く
(だんじておこなえばきしんもこれをさく)
男女七歳にして席を同じゅうせず
(だんじょしちさいにしてせきをおなじゅうせず)
だんだん良くなる法華の太鼓
(だんだんよくなるほっけのたいこ)
断腸の思い
(だんちょうのおもい)
断末魔
(だんまつま)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る