「ち」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
小さく生んで大きく育てる
(ちいさくうんでおおきくそだてる)
小さくとも針は呑まれぬ
(ちいさくともはりはのまれぬ)
地位は人を作る
(ちいはひとをつくる)
知音
(ちいん)
知恵多ければ憤り多し
(ちえおおければいきどおりおおし)
知恵と力は重荷にならぬ
(ちえとちからはおもににならぬ)
知恵ない神に知恵付ける
(ちえないかみにちえつける)
知恵の鏡も曇る
(ちえのかがみもくもる)
知恵は小出しにせよ
(ちえはこだしにせよ)
知恵は万代の宝
(ちえはばんだいのたから)
近くて見えぬは睫
(ちかくてみえぬはまつげ)
近火で手を焙る
(ちかびでてをあぶる)
近惚れの早飽き
(ちかぼれのはやあき)
近道は遠道
(ちかみちはとおみち)
力は正義なり
(ちからはせいぎなり)
力山を抜き、気は世を蓋う
(ちからやまをぬき、きはよをおおう)
知己
(ちき)
池魚の殃
(ちぎょのわざわい)
竹帛の功
(ちくはくのこう)
竹馬の友
(ちくばのとも)
竹林の七賢
(ちくりんのしちけん)
逐鹿
(ちくろく)
致仕
(ちし)
知者は惑わず、勇者は懼れず
(ちしゃはまどわず、ゆうしゃはおそれず)
知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ
(ちしゃはみずをたのしみ、じんしゃはやまをたのしむ)
痴人の前に夢を説く
(ちじんのまえにゆめをとく)
馳走終わらば油断すな
(ちそうおわらばゆだんすな)
父父たらずと雖も子は子たらざるべからず
(ちちちちたらずといえどもこはこたらざるべからず)
父の恩は山よりも高く、母の恩は海よりも深し
(ちちのおんはやまよりもたかく、ははのおんはうみよりもふかし)
血で血を洗う
(ちでちをあらう)
治に居て乱を忘れず
(ちにいてらんをわすれず)
地の塩
(ちのしお)
地の利は人の和に如かず
(ちのりはひとのわにしかず)
血は水よりも濃い
(ちはみずよりもこい)
知命
(ちめい)
血も涙もない
(ちもなみだもない)
茶々を入れる
(ちゃちゃをいれる)
茶腹も一時
(ちゃばらもいっとき)
茶番
(ちゃばん)
忠言、耳に逆らう
(ちゅうげん、みみにさからう)
中原に鹿を逐う
(ちゅうげんにしかをおう)
仲裁は時の氏神
(ちゅうさいはときのうじがみ)
忠臣は二君に仕えず
(ちゅうしんはにくんにつかえず)
忠ならんと欲すれば孝ならず、孝ならんと欲すれば忠ならず
(ちゅうならんとほっすればこうならず、こうならんとほっすればちゅうならず)
中流に船を失えば一瓢も千金
(ちゅうりゅうにふねをうしなえばいっぴょうもせんきん)
寵愛昂じて尼になす
(ちょうあいこうじてあまになす)
長袖よく舞い、多銭よく賈う
(ちょうしゅうよくまい、たせんよくかう)
長所は短所
(ちょうしょはたんしょ)
鳥鵲の智
(ちょうじゃくのち)
長者富に飽かず
(ちょうじゃとみにあかず)
長者に二代なし
(ちょうじゃににだいなし)
長者の万灯より貧者の一灯
(ちょうじゃのまんとうよりひんじゃのいっとう)
長蛇を逸す
(ちょうだをいっす)
提灯に釣り鐘
(ちょうちんにつりがね)
提灯持ち
(ちょうちんもち)
提灯持ち川へはまる
(ちょうちんもちかわへはまる)
提灯持ちは先に立て
(ちょうちんもちはさきにたて)
町内で知らぬは亭主ばかりなり
(ちょうないでしらぬはていしゅばかりなり)
長範が当て飲み
(ちょうはんがあてのみ)
頂門の一針
(ちょうもんのいっしん)
長夜の飲
(ちょうやのいん)
蝶よ花よ
(ちょうよはなよ)
ちょっと来いに油断すな
(ちょっとこいにゆだんすな)
ちょっと嘗めたが身の詰まり
(ちょっとなめたがみのつまり)
塵も積もれば山となる
(ちりもつもればやまとなる)
地を掃う
(ちをはらう)
血を以て血を洗う
(ちをもってちをあらう)
狆が嚏をしたよう
(ちんがくしゃみをしたよう)
沈魚落雁、閉月羞花
(ちんぎょらくがん、へいげつしゅうか)
ちんちんかもかも
(ちんちんかもかも)
沈黙は金、雄弁は銀
(ちんもくはきん、ゆうべんはぎん)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る