「て」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
鄭家の奴は詩をうたう
(ていかのやっこはしをうたう)
庭訓
(ていきん)
亭主関白の位
(ていしゅかんぱくのくらい)
亭主三杯客一杯
(ていしゅさんばいきゃくいっぱい)
亭主の好きな赤烏帽子
(ていしゅのすきなあかえぼし)
亭主の好きを客に出す
(ていしゅのすきをきゃくにだす)
亭主は達者で留守が良い
(ていしゅはたっしゃでるすがよい)
貞女は二夫に見えず
(ていじょはじふにまみえず)
鼎沸
(ていふつ)
鼎立
(ていりつ)
手書きあれども文書きなし
(てかきあれどもふみかきなし)
手が空けば口が開く
(てがあけばくちがあく)
手が入れば足も入る
(てがいればあしもいる)
適時の一針は九針の手間を省く
(てきじのいっしんはきゅうしんのてまをはぶく)
敵に塩を送る
(てきにしおをおくる)
敵に味方あり味方に敵あり
(てきにみかたありみかたにてきあり)
敵は本能寺にあり
(てきはほんのうじにあり)
敵もさるもの引っ搔くもの
(てきもさるものひっかくもの)
敵を見て矢を矧ぐ
(てきをみてやをはぐ)
手ぐすね引く
(てぐすねひく)
手功より目功
(てこうよりめこう)
梃子でも動かぬ
(てこでもうごかぬ)
手塩にかける
(てしおにかける)
手酌五合、髱一升
(てじゃくごごう、たぼいっしょう)
手酌貧乏
(てじゃくびんぼう)
手千両
(てせんりょう)
手出し十層倍
(てだしじっそうばい)
轍鮒の急
(てっぷのきゅう)
鉄砲玉の使い
(てっぽうだまのつかい)
鉄のカーテン
(てつのかーてん)
鉄は熱いうちに打て
(てつはあついうちにうて)
鉄面皮
(てつめんぴ)
手でする事を足でする
(てですることをあしでする)
手なくして宝の山に入る
(てなくしてたからのやまにいる)
手鍋提げても
(てなべさげても)
手に汗を握る
(てにあせをにぎる)
手に据えた鷹を逸らしたよう
(てにすえたたかをそらしたよう)
手の裏を返す
(てのうらをかえす)
手のない将棋は負け将棋
(てのないしょうぎはまけしょうぎ)
手の舞、足の踏む所を知らず
(てのまい、あしのふむところをしらず)
手は一生の宝
(てはいっしょうのたから)
手八丁口八丁
(てはっちょうくちはっちょう)
手前味噌で塩が辛い
(てまえみそでしおがからい)
手も足も出ない
(てもあしもでない)
寺から里へ
(てらからさとへ)
寺から出れば坊主
(てらからでればぼうず)
てらつつきの子は卵から頷く
(てらつつきのこはたまごからうなずく)
寺の隣に鬼が棲む
(てらのとなりにおにがすむ)
手を替え品を替え
(てをかえしなをかえ)
手を拱く
(てをこまねく)
手を出して火傷する
(てをだしてやけどする)
手を翻せば雲となり、手を覆せば雨となる
(てをひるがえせばくもとなり、てをくつがえせばあめとなる)
天、二物を与えず
(てん、にぶつをあたえず)
天下の憂いに先立ちて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ
(てんかのうれいにさきだちてうれい、てんかのたのしみにおくれてたのしむ)
天下は回り持ち
(てんかはまわりもち)
天下分け目
(てんかわけめ)
天機洩らすべからず
(てんきもらすべからず)
天狗になる
(てんぐになる)
天狗の飛び損ない
(てんぐのとびそこない)
天勾践を空しゅうすること莫れ、時に范蠡なきにしも非ず
(てんこうせんをむなしゅうすることなかれ、ときにはんれいなきにしもあらず)
天才とは一パーセントの霊感と九十九パーセントの汗である
(てんさいとはいちぱーせんとのれいかんときゅうじゅうきゅうぱーせんとのあせである)
天災は忘れた頃にやってくる
(てんさいはわすれたころにやってくる)
天知る地知る我知る人知る
(てんしるちしるわれしるひとしる)
天井から目薬
(てんじょうからめぐすり)
天上天下唯我独尊
(てんじょうてんげゆいがどくそん)
転石苔を生せず
(てんせきこけをしょうせず)
天高く馬肥ゆる秋
(てんたかくうまこゆるあき)
椽大の筆
(てんだいのふで)
天地、夏冬、雪と墨
(てんち、なつふゆ、ゆきとすみ)
天地は万物の逆旅
(てんちはばんぶつのげきりょ)
天地を動かし鬼神を感ぜしむ
(てんちをうごかしきじんをかんぜしむ)
点滴、石を穿つ
(てんてき、いしをうがつ)
天道様と米の飯はどこへも付いて回る
(てんとうさまとこめのめしはどこへもついてまわる)
天道様はお見通し
(てんとうさまはおみとおし)
天道、是か非か
(てんどう、ぜかひか)
天道、人を殺さず
(てんどう、ひとをころさず)
天にあらば比翼の鳥地にあらば連理の枝
(てんにあらばひよくのとりちにあらばれんりのえだ)
天に口あり地に耳あり
(てんにくちありちにみみあり)
天に口なし人を以て言わしむ
(てんにくちなしひとをもっていわしむ)
天に跼り地に蹐す
(てんにせぐくまりちにぬきあしす)
天に唾す
(てんにつばきす)
天に二日なし
(てんににじつなし)
天に眼
(てんにまなこ)
天に三日の晴れなし
(てんにみっかのはれなし)
天王山
(てんのうざん)
天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず
(てんのときはちのりにしかず、ちのりはひとのわにしかず)
天の配剤
(てんのはいざい)
天の美禄
(てんのびろく)
天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず
(てんはひとのうえにひとをつくらず、ひとのしたにひとをつくらず)
天は自ら助くる者を助く
(てんはみずからたすくるものをたすく)
天馬空を行く
(てんばくうをゆく)
天網恢々疎にして漏らさず
(てんもうかいかいそにしてもらさず)
天を仰いで唾す
(てんをあおいでつばきす)
天を怨みず人を咎めず
(てんをうらみずひとをとがめず)
泥酔
(でいすい)
泥中の蓮
(でいちゅうのはす)
木偶の坊
(でくのぼう)
弟子は師匠の半減
(でしはししょうのはんげん)
弟子を見る事師に如かず
(でしをみることしにしかず)
出たとこ勝負
(でたとこしょうぶ)
出遣いより小遣い
(でづかいよりこづかい)
出船に船頭待たず
(でふねにせんどうまたず)
出船によい風は入り船に悪い
(でふねによいかぜはいりふねにわるい)
出物腫れ物、所嫌わず
(でものはれもの、ところきらわず)
出る息、入る息を待たず
(でるいき、いるいきをまたず)
出る杭は打たれる
(でるくいはうたれる)
出る船の纜を引く
(でるふねのともづなをひく)
伝家の宝刀
(でんかのほうとう)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る