「な」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
ないが意見の総じまい
(ないがいけんのそうじまい)
ないが極楽、知らぬが仏
(ないがごくらく、しらぬがほとけ)
ない子では泣かれぬ
(ないこではなかれぬ)
内助の功
(ないじょのこう)
ない袖は振れない
(ないそではふれない)
泣いて暮らすも一生、笑って暮らすも一生
(ないてくらすもいっしょう、わらってくらすもいっしょう)
泣いて馬謖を斬る
(ないてばしょくをきる)
ない時の辛抱、ある時の倹約
(ないときのしんぼう、あるときのけんやく)
ない名は呼ばれず
(ないなはよばれず)
ない物食おう
(ないものくおう)
直き木に曲がる枝
(なおききにまがるえだ)
鳴かず飛ばず
(なかずとばず)
鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥
(なかぬならなくまでまとうほととぎす)
鳴かぬ蛍が身を焦がす
(なかぬほたるがみをこがす)
長い浮き世に短い命
(ながいうきよにみじかいいのち)
長生きは恥多し
(ながいきははじおおし)
長居は恐れ
(ながいはおそれ)
長居は無用
(ながいはむよう)
長い目で見る
(ながいめでみる)
長い物には巻かれろ
(ながいものにはまかれろ)
長追いは無益
(ながおいはむえき)
長口上は欠伸の種
(ながこうじょうはあくびのたね)
長崎ばってん、江戸べらぼう、神戸兵庫のなんぞいや
(ながさきばってん、えどべらぼう、こうべひょうごのなんぞいや)
流れに棹さす
(ながれにさおさす)
流れに枕し石に漱ぐ
(ながれにまくらしいしにくちすすぐ)
流れる水は腐らず
(ながれるみずはくさらず)
流れを汲みて源を知る
(ながれをくみてみなもとをしる)
泣きっ面に蜂
(なきっつらにはち)
泣く口は物食う
(なくくちはものくう)
泣く子と地頭には勝てぬ
(なくことじとうにはかてぬ)
泣く子に乳
(なくこにちち)
泣く子は育つ
(なくこはそだつ)
なくて七癖、あって四十八癖
(なくてななくせ、あってしじゅうはっくせ)
泣く泣くもよい方を取る形見分け
(なくなくもよいほうをとるかたみわけ)
鳴く猫は鼠を捕らぬ
(なくねこはねずみをとらぬ)
泣くほど留めても帰れば喜ぶ
(なくほどとめてもかえればよろこぶ)
鳴くまで待とう時鳥
(なくまでまとうほととぎす)
鳴く虫は捕らえられる
(なくむしはとらえられる)
なけなしの無駄遣い
(なけなしのむだづかい)
仲人口は半分に聞け
(なこうどぐちははんぶんにきけ)
仲人は宵のうち
(なこうどはよいのうち)
情けが仇
(なさけがあだ)
情けに刃向かう刃なし
(なさけにはむかうやいばなし)
情けは質に置かれず
(なさけはしちにおかれず)
情けは人の為ならず
(なさけはひとのためならず)
梨の礫
(なしのつぶて)
茄子の花と親の意見は千に一つも無駄はない
(なすびのはなとおやのいけんはせんにひとつもむだはない)
為すようにならないで、なるようになる
(なすようにならないで、なるようになる)
為せば成る
(なせばなる)
鉈を貸して山を伐られる
(なたをかしてやまをきられる)
名高の骨高
(なだかのほねだか)
納所から和尚
(なっしょからおしょう)
夏歌うものは冬泣く
(なつうたうものはふゆなく)
夏の風邪は犬も食わぬ
(なつのかぜはいぬもくわぬ)
夏の虫、氷を笑う
(なつのむし、こおりをわらう)
夏は日向を行け、冬は日陰を行け
(なつはひなたをいけ、ふゆはひかげをいけ)
七重の膝を八重に折る
(ななえのひざをやえにおる)
七転び八起き
(ななころびやおき)
七下がり七上がり
(ななさがりななあがり)
七度尋ねて人を疑え
(ななたびたずねてひとをうたがえ)
七つ下がりの雨と四十過ぎての道楽はやまぬ
(ななつさがりのあめとしじゅうすぎてのどうらくはやまぬ)
七つ七里憎まれる
(ななつななさとにくまれる)
七尋の島に八尋の船を隠す
(ななひろのしまにやひろのふねをかくす)
某より金貸し
(なにがしよりかねかし)
何事も三度
(なにごともさんど)
名にし負う
(なにしおう)
何もせずにいることは悪を為していることなり
(なにもせずにいることはあくをなしていることなり)
難波の葦は伊勢の浜荻
(なにわのあしはいせのはまおぎ)
七日通る漆も手に取らねばかぶれぬ
(なぬかとおるうるしもてにとらねばかぶれぬ)
名主の跡は芋畑
(なぬしのあとはいもばたけ)
名のない星は宵から出る
(なのないほしはよいからでる)
名は実の賓
(なはじつのひん)
名は体を表す
(なはたいをあらわす)
鍋の鋳掛けが釣り鐘を請け合ったよう
(なべのいかけがつりがねをうけあったよう)
ナポリを見てから死ね
(なぽりをみてからしね)
生木を裂く
(なまきをさく)
怠け者の節句働き
(なまけもののせっくはたらき)
生兵法は大怪我のもと
(なまびょうほうはおおけがのもと)
生酔い、本性違わず
(なまよい、ほんしょうたがわず)
訛は国の手形
(なまりはくにのてがた)
涙を揮って馬謖を斬る
(なみだをふるってばしゅくをきる)
波に千鳥
(なみにちどり)
蛞蝓に塩
(なめくじにしお)
習い、性と成る
(ならい、せいとなる)
習うより慣れよ
(ならうよりなれよ)
奈落の底
(ならくのそこ)
成らずば誹れ
(ならずばそしれ)
成らぬうちが頼み
(ならぬうちがたのみ)
ならぬ堪忍、するが堪忍
(ならぬかんにん、するがかんにん)
習わぬ経は読めぬ
(ならわぬきょうはよめぬ)
生業は草の種
(なりわいはくさのたね)
生る木は花から違う
(なるきははなからちがう)
成るは厭なり、思うは成らず
(なるはいやなり、おもうはならず)
成るも成らぬも金次第
(なるもならぬもかねしだい)
名を捨てて実を取る
(なをすててじつをとる)
名を竹帛に垂る
(なをちくはくにたる)
名を取るより得を取れ
(なをとるよりとくをとれ)
南柯の夢
(なんかのゆめ)
難産、色に懲りず
(なんざん、いろにこりず)
汝自身を知れ
(なんじじしんをしれ)
爾に出ずるものは爾に返る
(なんじにいずるずるものはなんじにかえる)
汝の敵を愛せよ
(なんじのてきをあいせよ)
汝の隣人を愛せよ
(なんじのりんじんをあいせよ)
なんでも来いに名人なし
(なんでもこいにめいじんなし)
なんなら茶漬け
(なんならちゃづけ)
なんの糸瓜の皮
(なんのへちまのかわ)
南風競わず
(なんぷうきそわず)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る