「ね」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
根浅ければ則ち末短く、本傷るれば則ち枝枯る
(ねあさければすなわちすえみじかく、もとやぶるればすなわちえだかる)
願うに幸い
(ねがうにさいわい)
願ったり叶ったり
(ねがったりかなったり)
根がなくても花は咲く
(ねがなくてもはなはさく)
寝首を搔く
(ねくびをかく)
猫被り
(ねこかぶり)
猫が肥えれば鰹節が痩せる
(ねこがこえればかつおぶしがやせる)
猫が糞を踏む
(ねこがばばをふむ)
猫でない証拠に竹を描いておき
(ねこでないしょうこにたけをかいておき)
猫に鰹節
(ねこにかつおぶし)
猫に小判
(ねこにこばん)
猫に木天蓼
(ねこにまたたび)
猫にもなれば虎にもなる
(ねこにもなればとらにもなる)
猫の魚辞退
(ねこのうおじたい)
猫の首に鈴
(ねこのくびにすず)
猫の子一匹いない
(ねこのこいっぴきいない)
猫の手も借りたい
(ねこのてもかりたい)
猫の額
(ねこのひたい)
猫の額にある物を鼠が窺う
(ねこのひたいにあるものをねずみがうかがう)
猫の前の鼠
(ねこのまえのねずみ)
猫の目のよう
(ねこのめのよう)
猫は三年の恩を三日で忘れる
(ねこはさんねんのおんをみっかでわすれる)
猫は虎の心を知らず
(ねこはとらのこころをしらず)
猫糞
(ねこばば)
猫も杓子も
(ねこもしゃくしも)
猫も跨いで通る
(ねこもまたいでとおる)
猫を追うより皿を引け
(ねこをおうよりさらをひけ)
猫を被る
(ねこをかぶる)
猫を殺せば七代祟る
(ねこをころせばしちだいたたる)
ねじを巻く
(ねじをまく)
鼠壁を忘る壁鼠を忘れず
(ねずみかべをわするかべねずみをわすれず)
鼠が塩を引く
(ねずみがしおをひく)
鼠捕る猫は爪を隠す
(ねずみとるねこはつめをかくす)
寝た子を起こす
(ねたこをおこす)
寝た間は仏
(ねたまはほとけ)
熱し易きは冷め易し
(ねっしやすきはさめやすし)
熱を執りて濯わず
(ねつをとりてあらわず)
寝ていて転んだ例なし
(ねていてころんだためしなし)
寝ていて人を起こすな
(ねていてひとをおこすな)
子に臥し寅に起きる
(ねにふしとらにおきる)
根太は敵に押させよ
(ねぶとはかたきにおさせよ)
根掘り葉掘り
(ねほりはほり)
寝耳に水
(ねみみにみず)
眠い煙い寒い
(ねむいけむいさむい)
根も葉もない
(ねもはもない)
寝る子は賢い親助け
(ねるこはかしこいおやだすけ)
寝る子は育つ
(ねるこはそだつ)
寝るほど楽はない
(ねるほどらくはない)
寝る間が極楽
(ねるまがごくらく)
根を断ちて葉を枯らす
(ねをたちてはをからす)
年貢の納め時
(ねんぐのおさめどき)
念者の不念
(ねんじゃのぶねん)
念には念を入れよ
(ねんにはねんをいれよ)
年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず
(ねんねんさいさいはなあいにたり、さいさいねんねんひとおなじからず)
念力岩をも徹す
(ねんりきいわをもとおす)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る