「の」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
能ある鷹は爪を隠す
(のうあるたかはつめをかくす)
能書きの読めぬ所に効き目あり
(のうがきのよめぬところにききめあり)
能書筆を択ばず
(のうしょふでをえらばず)
能事畢る
(のうじおわる)
嚢中の錐
(のうちゅうのきり)
嚢中の物を探るが如し
(のうちゅうのものをさぐるがごとし)
能なし犬は昼吠える
(のうなしいぬはひるほえる)
能なしの口叩き
(のうなしのくちたたき)
農は人真似
(のうはひとまね)
軒を貸して母屋を取られる
(のきをかしておもやをとられる)
除けて通せ酒の酔い
(のけてとおせさけのよい)
のけば他人
(のけばたにん)
退けば長者が二人
(のけばちょうじゃがふたり)
残り物には福がある
(のこりものにはふくがある)
熨斗を付ける
(のしをつける)
後の親が親
(のちのおやがおや)
退っ引きならない
(のっぴきならない)
喉から手が出る
(のどからてがでる)
喉元過ぎれば熱さを忘れる
(のどもとすぎればあつさをわすれる)
述べて作らず
(のべてつくらず)
上り一日、下り一時
(のぼりいちにち、くだりいっとき)
上り坂あれば下り坂あり
(のぼりざかあればくだりざかあり)
鑿と言えば槌
(のみといえばつち)
蚤の息も天に上がる
(のみのいきもてんにあがる)
蚤の小便、蚊の涙
(のみのしょうべん、かのなみだ)
蚤の夫婦
(のみのふうふ)
飲む、打つ、買う
(のむ、うつ、かう)
飲む者は飲んで通る
(のむものはのんでとおる)
乗りかかった船
(のりかかったふね)
矩を踰える
(のりをこえる)
のるかそるか
(のるかそるか)
暖簾に腕押し
(のれんにうでおし)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る