「は」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
肺肝を砕く
(はいかんをくだく)
敗軍の将は兵を語らず
(はいぐんのしょうはへいをかたらず)
背水の陣
(はいすいのじん)
吐いた唾は呑めぬ
(はいたつばはのめぬ)
吐いた唾を呑む
(はいたつばをのむ)
杯中の蛇影
(はいちゅうのだえい)
はいに科なし
(はいにとがなし)
灰吹きから蛇が出る
(はいふきからじゃがでる)
肺腑を抉る
(はいふをえぐる)
這えば立て、立てば歩めの親心
(はえばたて、たてばあゆめのおやごころ)
破瓜
(はか)
破瓜の年
(はかのとし)
測り難きは人心
(はかりがたきはひとごころ)
謀は蜜なるを貴ぶ
(はかりごとはみつなるをたっとぶ)
籌を帷幄に運らし、勝ちを千里の外に決す
(はかりごとをいあくにめぐらし、かちをせんりのほかにけっす)
掃き溜めと金持ちは溜まるほど汚い
(はきだめとかねもちはたまるほどきたない)
掃き溜めに鶴
(はきだめにつる)
破鏡再び照らさず
(はきょうふたたびてらさず)
伯牙、琴を破る
(はくが、ことをやぶる)
箔が付く
(はくがつく)
白眼視
(はくがんし)
白玉楼中の人となる
(はくぎょくろうちゅうのひととなる)
拍車をかける
(はくしゃをかける)
白寿
(はくじゅ)
白刃踏むべし
(はくじんふむべし)
伯仲の間
(はくちゅうのかん)
白髪三千丈
(はくはつさんぜんじょう)
白馬馬に非ず
(はくばうまにあらず)
白馬は馬に非ず
(はくばはうまにあらず)
薄氷を履むが如し
(はくひょうをふむがごとし)
白眉
(はくび)
白壁の微瑕
(はくへきのびか)
白面の書生
(はくめんのしょせい)
伯楽
(はくらく)
伯楽の一顧
(はくらくのいっこ)
箱根からこっちに野暮と化け物はなし
(はこねからこっちにやぼとばけものはなし)
箱根知らずの江戸話
(はこねしらずのえどばなし)
箸に当たり棒に当たる
(はしにあたりぼうにあたる)
箸にも棒にも掛からない
(はしにもぼうにもかからない)
箸の転んだもおかしい
(はしのころんだもおかしい)
箸より重い物を持ったことがない
(はしよりおもいものをもったことがない)
走り馬にも鞭
(はしりうまにもむち)
走れば躓く
(はしればつまずく)
恥と頭は搔き次第
(はじとあたまはかきしだい)
恥の上塗り
(はじのうわぬり)
恥は家の病
(はじはいえのやまい)
始めあるものは必ず終わりあり
(はじめあるものはかならずおわりあり)
始めが大事
(はじめがだいじ)
始めちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子泣くとも蓋取るな
(はじめちょろちょろ、なかぱっぱ、あかごなくともふたとるな)
始めの勝ちは糞勝ち
(はじめのかちはくそがち)
始めの囁き後のどよみ
(はじめのささやきのちのどよみ)
始めは処女の如く後は脱兎の如し
(はじめはしょじょのごとくのちはだっとのごとし)
始め半分
(はじめはんぶん)
始めよければ終りよし
(はじめよければおわりよし)
始めを言わねば末が聞こえぬ
(はじめをいわねばすえがきこえぬ)
恥を言わねば理が聞こえぬ
(はじをいわねばりがきこえぬ)
恥を知らねば恥搔かず
(はじをしらねばはじかかず)
畑水練
(はたけすいれん)
畑に蛤
(はたけにはまぐり)
二十過ぎての意見と彼岸過ぎての肥はきかぬ
(はたちすぎてのいけんとひがんすぎてのこえはきかぬ)
働かざる者食うべからず
(はたらかざるものくうべからず)
旗を揚げる
(はたをあげる)
肌に粟を生ず
(はだえにあわをしょうず)
裸一貫
(はだかいっかん)
裸馬の捨て鞭
(はだかうまのすてむち)
裸で道中はならぬ
(はだかでどうちゅうはならぬ)
裸で物を落とした例なし
(はだかでものをおとしたためしなし)
裸百貫
(はだかひゃっかん)
破竹の勢い
(はちくのいきおい)
八細工、七貧乏
(はちざいく、しちびんぼう)
八十の手習い
(はちじゅうのてならい)
八十八夜の別れ霜
(はちじゅうはちやのわかれじも)
蜂の巣をつついたよう
(はちのすをつついたよう)
八分されてもまだ二分残る
(はちぶされてもまだにぶのこる)
八分は足らず十分は零れる
(はちぶはたらずじゅうぶんはこぼれる)
白駒の隙を過ぐるが如し
(はっくのげきをすぐるがごとし)
白虹日を貫く
(はっこうひをつらぬく)
八歳の翁、百歳の童
(はっさいのおきな、ひゃくさいのわらべ)
這っても黒豆
(はってもくろまめ)
八方塞がり
(はっぽうふさがり)
初物七十五日
(はつものしちじゅうごにち)
破天荒
(はてんこう)
鳩が豆鉄砲を食ったよう
(はとがまめでっぽうをくったよう)
鳩に三枝の礼あり、烏に反哺の孝あり
(はとにさんしのれいあり、からすにはんぽのこうあり)
鳩を憎み豆を作らぬ
(はとをにくみまめをつくらぬ)
花一時、人一盛り
(はないっとき、ひとひとさかり)
花多ければ実少なし
(はなおおければみすくなし)
端から和尚はない
(はなからおしょうはない)
鼻糞が目糞を笑う
(はなくそがめくそをわらう)
鼻糞丸めて万金丹
(はなくそまるめてまんきんたん)
鼻薬を嗅がせる
(はなぐすりをかがせる)
鼻毛を読まれる
(はなげをよまれる)
話上手の聞き下手
(はなしじょうずのききべた)
話上手は聞き上手
(はなしじょうずはききじょうず)
話は下で果てる
(はなしはしもではてる)
話半分
(はなしはんぶん)
花七日
(はななぬか)
花に嵐
(はなにあらし)
鼻に反りを打つ
(はなにそりをうつ)
花盗人は風流のうち
(はなぬすびとはふうりゅうのうち)
花の下より鼻の下
(はなのしたよりはなのした)
花の下の半日の客、月の前の一夜の友
(はなのもとのはんじつのかく、つきのまえのいちやのとも)
花は折りたし梢は高し
(はなはおりたしこずえはたかし)
花は桜木、人は武士
(はなはさくらぎ、ひとはぶし)
花は根に鳥は古巣に
(はなはねにとりはふるすに)
花も折らず実も取らず
(はなもおらずみもとらず)
花も実もある
(はなもみもある)
花より団子
(はなよりだんご)
歯に衣着せぬ
(はにきぬきせぬ)
歯の抜けたよう
(はのぬけたよう)
歯の根が合わない
(はのねがあわない)
母在りて一子寒く、母去りて三子寒し
(ははありていっしさむく、ははさりてさんしさむし)
歯亡びて舌存す
(はほろびてしたそんす)
浜の真砂
(はまのまさご)
羽目を外す
(はめをはずす)
早いのが一の芸
(はやいのがいちのげい)
早い者勝ち
(はやいものがち)
早い者に上手なし
(はやいものにじょうずなし)
早牛も淀、遅牛も淀
(はやうしもよど、おそうしもよど)
早起き三両、倹約五両
(はやおきさんりょう、けんやくごりょう)
早起きは三文の徳
(はやおきはさんもんのとく)
早かろう悪かろう
(はやかろうわるかろう)
早合点の早忘れ
(はやがてんのはやわすれ)
早く咲かば早く散る
(はやくさかばはやくちる)
早くて悪し大事なし、遅くて悪し猶悪し
(はやくてわるしだいじなし、おそくてわるしなおわるし)
早寝早起き、病知らず
(はやねはやおき、やまいしらず)
早飯も芸の中
(はやめしもげいのうち)
はやり目なら病み目でもいい
(はやりめならやみめでもいい)
はやり物は廃り物
(はやりものはすたりもの)
はやる芝居は外題から
(はやるしばいはげだいから)
腹が立つなら親を思い出せ
(はらがたつならおやをおもいだせ)
腹が減っては戦ができぬ
(はらがへってはいくさができぬ)
腹立てるより義理立てよ
(はらたてるよりぎりたてよ)
腹に一物
(はらにいちもつ)
腹の皮が張れば目の皮がたるむ
(はらのかわがはればめのかわがたるむ)
腹の立つ事は明日言え
(はらのたつことはあすいえ)
腹の立つように家蔵建たぬ
(はらのたつようにいえくらたたぬ)
腹は立て損、喧嘩は仕損
(はらはたてぞん、けんかはしぞん)
腹八分に医者要らず
(はらはちぶにいしゃいらず)
腹も身のうち
(はらもみのうち)
張子の虎
(はりこのとら)
針で掘って鍬で埋める
(はりでほってくわでうめる)
針の穴から天を覗く
(はりのあなからてんをのぞく)
針の筵
(はりのむしろ)
針は呑まれず
(はりはのまれず)
針ほどのことを棒ほどに言う
(はりほどのことをぼうほどにいう)
春の晩飯後三里
(はるのばんめしあとさんり)
春の雪とおばの杖は怖くない
(はるのゆきとおばのつえはこわくない)
春は蛙が目を借りる
(はるはかえるがめをかりる)
葉を欠いて根を断つ
(はをかいてねをたつ)
反旗を翻す
(はんきをひるがえす)
犯罪の陰に女あり
(はんざいのかげにおんなあり)
半畳を入れる
(はんじょうをいれる)
反哺の孝
(はんぽのこう)
反面の識
(はんめんのしき)
枚を銜む
(ばいをふくむ)
馬鹿があればこそ利口が引き立つ
(ばかがあればこそりこうがひきたつ)
化かす化かすが化かされる
(ばかすばかすがばかされる)
馬鹿と暗闇おっかない
(ばかとくらやみおっかない)
馬鹿と煙は高いところへ上る
(ばかとけむりはたかいところへのぼる)
馬鹿と子供には勝てぬ
(ばかとこどもにはかてぬ)
馬鹿と鋏は使いよう
(ばかとはさみはつかいよう)
馬鹿な子ほど可愛い
(ばかなこほどかわいい)
馬鹿に付ける薬はない
(ばかにつけるくすりはない)
馬鹿の一念
(ばかのいちねん)
馬鹿の大足
(ばかのおおあし)
馬鹿の大食い
(ばかのおおぐい)
馬鹿の三杯汁
(ばかのさんばいじる)
馬鹿の一つ覚え
(ばかのひとつおぼえ)
馬鹿は死ななきゃ治らない
(ばかはしななきゃなおらない)
馬鹿も休み休み言え
(ばかもやすみやすみいえ)
馬鹿を見たくば親を見よ
(ばかをみたくばおやをみよ)
馬鹿を笑うも貧乏を笑うな
(ばかをわらうもびんぼうをわらうな)
馬脚を露す
(ばきゃくをあらわす)
莫逆の友
(ばくぎゃくのとも)
麦秀の嘆
(ばくしゅうのたん)
博打と相場は死ぬまで止まぬ
(ばくちとそうばはしぬまでやまぬ)
化けの皮が剝がれる
(ばけのかわがはがれる)
化け物の正体見たり枯れ尾花
(ばけもののしょうたいみたりかれおばな)
化け物も引っ込む時分
(ばけものもひっこむじぶん)
バスに乗り遅れる
(ばすにのりおくれる)
跋扈
(ばっこ)
祖母育ちは三百安い
(ばばそだちはさんびゃくやすい)
薔薇に棘あり
(ばらにとげあり)
馬齢を重ねる
(ばれいをかさねる)
万斛の涙
(ばんこくのなみだ)
万死一生を顧みず
(ばんしいっしょうをかえりみず)
万事休す
(ばんじきゅうす)
万乗の君
(ばんじょうのきみ)
万卒は得易く、一将は得難し
(ばんそつはえやすく、いっしょうはえがたし)
番茶も出花
(ばんちゃもでばな)
晩の虹は江戸へ行け、朝の虹は隣へ行くな
(ばんのにじはえどへいけ、あさのにじはとなりへいくな)
万緑叢中紅一点
(ばんりょくそうちゅうこういってん)
パンドラの箱
(ぱんどらのはこ)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る