「ひ」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
日、西山に薄る
(ひ、せいざんにせまる)
贔屓の引き倒し
(ひいきのひきたおし)
火打ち石据え石にならず
(ひうちいしすえいしにならず)
日陰の梨
(ひかげのなし)
日陰の豆も時が来ればはぜる
(ひかげのまめもときがくればはぜる)
日方と手間取りは日のうち
(ひかたとてまどりはひのうち)
光を和らげ塵に同ず
(ひかりをやわらげちりにどうず)
光るほど鳴らぬ
(ひかるほどならぬ)
引かれ者の小唄
(ひかれもののこうた)
非学者、論に負けず
(ひがくしゃ、ろんにまけず)
東に近ければ西に遠い
(ひがしにちかければにしにとおい)
東は東、西は西
(ひがしはひがし、にしはにし)
彼岸過ぎての麦の肥、三十過ぎての男に意見
(ひがんすぎてのむぎのこえ、さんじゅうすぎてのおとこにいけん)
蟇の息さえ天に昇る
(ひきのいきさえてんにのぼる)
飛脚に三里の灸
(ひきゃくにさんりのきゅう)
低き所に水溜まる
(ひくきところにみずたまる)
日暮れて途遠し
(ひくれてみちとおし)
卑下も自慢のうち
(ひげもじまんのうち)
庇を貸して母屋を取られる
(ひさしをかしておもやをとられる)
膝っ子に目薬
(ひざっこにめぐすり)
膝とも談合
(ひざともだんごう)
肘鉄砲を食う
(ひじてっぽうをくう)
秘事は睫
(ひじはまつげ)
ひそかに諌めて公に褒めよ
(ひそかにいさめておおやけにほめよ)
顰に倣う
(ひそみにならう)
左団扇
(ひだりうちわ)
左褄を取る
(ひだりづまをとる)
左は勝手、右は得手
(ひだりはかって、みぎはえて)
左鮃右鰈
(ひだりひらめみぎかれい)
左前
(ひだりまえ)
ひだるい時にまずい物なし
(ひだるいときにまずいものなし)
引っ越し三両
(ひっこしさんりょう)
引っ越し貧乏
(ひっこしびんぼう)
匹夫罪なし璧を懐いて罪あり
(ひっぷつみなしたまをいだいてつみあり)
匹夫の勇
(ひっぷのゆう)
匹夫も志を奪うべからず
(ひっぷもこころざしをうばうべからず)
羊をして狼に将たらしむ
(ひつじをしておおかみにしょうたらしむ)
羊を以て牛に易う
(ひつじをもってうしにかう)
筆舌に尽くし難い
(ひつぜつにつくしがたい)
必要の前に法律なし
(ひつようのまえにほうりつなし)
必要は発明の母
(ひつようははつめいのはは)
旱に雨
(ひでりにあめ)
人、木石に非ず
(ひと、ぼくせきにあらず)
人ある中に人なし
(ひとあるなかにひとなし)
人一寸
(ひといっすん)
人衆ければ則ち狼を食らう
(ひとおおければすなわちおおかみをくらう)
人衆ければ天に勝つ
(ひとおおければてんにかつ)
人食い馬にも合い口
(ひとくいうまにもあいくち)
人屑と縄屑は余らぬ
(ひとくずとなわくずはあまらぬ)
一口物に頬焼く
(ひとくちものにほおやく)
人肥えたるが故に貴からず
(ひとこえたるがゆえにたっとからず)
人こそ人の鏡
(ひとこそひとのかがみ)
人事言えば影が差す
(ひとごといえばかげがさす)
人事言わば筵敷け
(ひとごといわばむしろしけ)
人盛んにして神祟らず
(ひとさかんにしてかみたたらず)
人酒を飲む、酒酒を飲む、酒人を飲む
(ひとさけをのむ、さけさけをのむ、さけひとをのむ)
一筋縄では行かない
(ひとすじなわではいかない)
一筋の矢は折るべし十筋の矢は折り難し
(ひとすじのやはおるべしとすじのやはおりがたし)
一つ穴の貉
(ひとつあなのむじな)
一つ余って大津へ戻る
(ひとつあまっておおつへもどる)
一つ鏡に二つ顔
(ひとつかがみにふたつかお)
一つ釜の飯を食う
(ひとつかまのめしをくう)
一つ事は同じ事
(ひとつことはおなじこと)
一粒の麦
(ひとつぶのむぎ)
一つよければまた二つ
(ひとつよければまたふたつ)
人と入れ物は有り合わせ
(ひとといれものはありあわせ)
一時違えば三里の遅れ
(ひとときちがえばさんりのおくれ)
人と煙草の良し悪しは煙になって後の世に出る
(ひととたばこのよしあしはけむりになってのちのよにでる)
人と屏風は直ぐには立たぬ
(ひととびょうぶはすぐにはたたぬ)
人通りに草生えず
(ひとどおりにくさはえず)
人に勝たんと欲する者は必ず先ず自ら勝つ
(ひとにかたんとほっするものはかならずまずみずからかつ)
人に七癖、我が身に八癖
(ひとにななくせ、わがみにやくせ)
人には飽かぬが病に飽く
(ひとにはあかぬがやまいにあく)
人には添うてみよ馬には乗ってみよ
(ひとにはそうてみようまにはのってみよ)
人に一癖
(ひとにひとくせ)
人に施しては慎みて念うこと勿れ
(ひとにほどこしてはつつしみておもうことなかれ)
人の過ち我が幸せ
(ひとのあやまちわがしあわせ)
人の意見は四十まで
(ひとのいけんはしじゅうまで)
人の痛いのは三年でも辛抱する
(ひとのいたいのはさんねんでもしんぼうする)
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
(ひとのいっしょうはおもにをおうてとおきみちをゆくがごとし)
人の一寸、我が一尺
(ひとのいっすん、わがいっしゃく)
人の初事は咎めぬもの
(ひとのういごとはとがめぬもの)
人の噓は我が嘘
(ひとのうそはわがうそ)
人の生まるるや憂いと倶に生まる
(ひとのうまるるやうれいとともにうまる)
人の噂は倍になる
(ひとのうわさはばいになる)
人の噂も七十五日
(ひとのうわさもしちじゅうごにち)
人の踊る時は踊れ
(ひとのおどるときはおどれ)
人の口に戸は立てられぬ
(ひとのくちにとはたてられぬ)
人の苦楽は壁一重
(ひとのくらくはかべひとえ)
人の心は面の如し
(ひとのこころはおもてのごとし)
人の心は九分十分
(ひとのこころはくぶじゅうぶ)
人の事は我の事
(ひとのことはわれのこと)
人の事より我が事
(ひとのことよりわがこと)
人の子の死んだより我が子の転けた
(ひとのこのしんだよりわがこのこけた)
人の牛蒡で法事する
(ひとのごぼうでほうじする)
人の七難より我が十難
(ひとのしちなんよりわがじゅうなん)
人の十難より我が一難
(ひとのじゅうなんよりわがいちなん)
人の疝気を頭痛に病む
(ひとのせんきをずつうにやむ)
人の空言は我が空言
(ひとのそらごとはわがそらごと)
人の宝を数える
(ひとのたからをかぞえる)
人の頼まぬ経を読む
(ひとのたのまぬきょうをよむ)
人の情けは世にある時
(ひとのなさけはよにあるとき)
人の女房と枯れ木の枝ぶり
(ひとのにょうぼうとかれきのえだぶり)
人の蠅を追うより己の蠅を追え
(ひとのはえをおうよりおのれのはえをおえ)
人の花は赤い
(ひとのはなはあかい)
人のふり見て我がふり直せ
(ひとのふりみてわがふりなおせ)
人の褌で相撲を取る
(ひとのふんどしですもうをとる)
人の将に死なんとするその言や善し
(ひとのまさにしなんとするそのげんやよし)
人の物より自分の物
(ひとのものよりじぶんのもの物)
人は石垣人は城
(ひとはいしがきひとはしろ)
人は一代、名は末代
(ひとはいちだい、なはまつだい)
人は落ち目が大事
(ひとはおちめがだいじ)
人は陰が大事
(ひとはかげがだいじ)
人は堯舜にあらず、何ぞ事事によく善を尽くさん
(ひとはぎょうしゅんにあらず、なんぞことごとによくぜんをつくさん)
人はしれぬもの
(ひとはしれぬもの)
人は善悪の友による
(ひとはぜんあくのともによる)
一旗揚げる
(ひとはたあげる)
人は足るを知らざるを苦しむ
(ひとはたるをしらざるをくるしむ)
一肌脱ぐ
(ひとはだぬぐ)
人は万物の尺度なり
(ひとはばんぶつのしゃくどなり)
人はパンのみにて生くるにあらず
(ひとはぱんのみにていくるにあらず)
人は見かけによらぬもの
(ひとはみかけによらぬもの)
人は見目よりただ心
(ひとはみめよりただこころ)
人は病の器
(ひとはやまいのうつわ)
人は悪かれ我善かれ
(ひとはわるかれわれよかれ)
人一盛り
(ひとひとさかり)
一人口は食えぬが二人口は食える
(ひとりぐちはくえぬがふたりぐちはくえる)
独り自慢の褒め手なし
(ひとりじまんのほめてなし)
一人相撲を取る
(ひとりずもうをとる)
一人の文殊より三人のたくらだ
(ひとりのもんじゅよりさんにんのたくらだ)
一人娘と春の日はくれそうでくれぬ
(ひとりむすめとはるのひはくれそうでくれぬ)
人を射んとせば先ず馬を射よ
(ひとをいんとせばまずうまをいよ)
人を怨むより身を怨め
(ひとをうらむよりみをうらめ)
人を思うは身を思う、人を憎むは身を憎む
(ひとをおもうはみをおもう、ひとをにくむはみをにくむ)
人を知る者は智なり、自ら知る者は明なり
(ひとをしるものはちなり、みずからしるものはめいなり)
人を謗るは鴨の味
(ひとをそしるはかものあじ)
人を叩いた夜は寝られぬ
(ひとをたたいたよはねられぬ)
人を恃むは自ら恃むに如かず
(ひとをたのむはみずからたのむにしかず)
人を使うは苦を使う
(ひとをつかうはくをつかう)
人を使うは使わるる
(ひとをつかうはつかわるる)
人を呪わば穴二つ
(ひとをのろわばあなふたつ)
人を見たら泥棒と思え
(ひとをみたらどろぼうとおもえ)
人を以て鑑と為す
(ひとをもってかがみとなす)
人を以て言を廃せず
(ひとをもってげんをはいせず)
人を見て法を説け
(ひと(にん)をみてほうをとけ)
火に油を注ぐ
(ひにあぶらをそそぐ)
髀肉の嘆
(ひにくのたん)
日に就り、月に将む
(ひになり、つきにすすむ)
火の消えたよう
(ひのきえたよう)
火の車
(ひのくるま)
陽の照っているうちに干し草を作れ
(ひのてっているうちにほしくさをつくれ)
火のない所に煙は立たぬ
(ひのないところにけむりはたたぬ)
日の下に新しきものなし
(ひのもとにあたらしきものなし)
火は火で治まる
(ひはひでおさまる)
火は火で消えぬ
(ひはひできえぬ)
火は火元から騒ぎ出す
(ひはひもとからさわぎだす)
雲雀の口に鳴子
(ひばりのくちになるこ)
火蓋を切る
(ひぶたをきる)
暇ほど毒なものはない
(ひまほどどくなものはない)
ひもじい時にまずい物なし
(ひもじいときにまずいものなし)
火元は七代祟る
(ひもとはしちだいたたる)
百害あって一利なし
(ひゃくがいあっていちりなし)
百菊作るに因って花変ず
(ひゃくぎくつくるによってはなへんず)
百芸は一芸の精しきに如かず
(ひゃくげいはいちげいのくわしきにしかず)
百歳の童、七歳の翁
(ひゃくさいのわらべ、しちさいのおきな)
百尺竿頭一歩を進む
(ひゃくしゃくかんとういっぽをすすむ)
百姓の泣き言と医者の手柄話
(ひゃくしょうのなきごとといしゃのてがらばなし)
百姓百層倍
(ひゃくしょうひゃくそうばい)
百丈の木に登って一丈の枝より落つる
(ひゃくじょうのきにのぼっていちじょうのえだよりおつる)
百川、海に朝す
(ひゃくせん、うみにちょうす)
百戦百勝は善の善なる者に非ず
(ひゃくせんひゃくしょうはぜんのぜんなるものにあらず)
百日の説法、屁一つ
(ひゃくにちのせっぽう、へひとつ)
百日の労、一日の楽
(ひゃくにちのろう、いちにちのらく)
百年河清を俟つ
(ひゃくねんかせいをまつ)
百聞は一見に如かず
(ひゃくぶんはいっけんにしかず)
百も承知、二百も合点
(ひゃくもしょうち、にひゃくもがてん)
百里来た道は百里帰る
(ひゃくりきたみちはひゃくりかえる)
百里を行く者は九十里を半ばとす
(ひゃくりをいくものはくじゅうりをなかばとす)
冷や酒と親の意見は後で利く
(ひやざけとおやのいけんはあとできく)
冷や飯を食う
(ひやめしをくう)
氷山の一角
(ひょうざんのいっかく)
平仄が合わない
(ひょうそくがあわない)
氷炭相愛す
(ひょうたんあいあいす)
氷炭相容れず
(ひょうたんあいいれず)
瓢箪から駒が出る
(ひょうたんからこまがでる)
瓢箪で鯰を押さえる
(ひょうたんでなまずをおさえる)
瓢箪に釣り鐘
(ひょうたんにつりがね)
瓢箪の川流れ
(ひょうたんのかわながれ)
豹は死して皮を留め人は死して名を留む
(ひょうはししてかわをとどめひとはししてなをとどむ)
豹変
(ひょうへん)
非力十倍、欲力五倍
(ひりきじゅうばい、よくりきごばい)
放り出しの嗅ぎ出し
(ひりだしのかぎだし)
広い世間を狭くする
(ひろいせけんをせまくする)
火を避けて水に陥る
(ひをさけてみずにおちいる)
火を見たら火事と思え
(ひをみたらかじとおもえ)
火を見るより明らか
(ひをみるよりあきらか)
火を以て火を救う
(ひをもってひをすくう)
牝鶏晨す
(ひんけいあしたす)
顰蹙を買う
(ひんしゅくをかう)
貧者の一灯
(ひんじゃのいっとう)
貧すれば鈍する
(ひんすればどんする)
貧にして楽しむ
(ひんにしてたのしむ)
貧の盗みに恋の歌
(ひんのぬすみにこいのうた)
貧は諸道の妨げ
(ひんはしょどうのさまたげ)
貧ほど辛いものはなし
(ひんほどつらいものはなし)
比丘尼に笄
(びくににこうがい)
美女舌を破る
(びじょしたをやぶる)
美女は悪女の敵
(びじょはあくじょのかたき)
美人というも皮一重
(びじんというもかわひとえ)
美人に年なし
(びじんにとしなし)
美人の終わりは猿になる
(びじんのおわりはさるになる)
美人は言わねど隠れなし
(びじんはいわねどかくれなし)
尾生の信
(びせいのしん)
鼻祖
(びそ)
鐚一文
(びたいちもん)
尾大掉わず
(びだいふるわず)
微に入り細を穿つ
(びにいりさいをうがつ)
美味も喉三寸
(びみものどさんずん)
屏風と商人は直ぐには立たぬ
(びょうぶとあきんどはすぐにはたたぬ)
貧乏柿の核沢山
(びんぼうがきのさねだくさん)
貧乏怖いものなし
(びんぼうこわいものなし)
貧乏難儀は時の回り
(びんぼうなんぎはときのまわり)
貧乏人の子沢山
(びんぼうにんのこだくさん)
貧乏は達者の基
(びんぼうはたっしゃのもと)
貧乏花好き
(びんぼうはなずき)
貧乏暇なし
(びんぼうひまなし)
ピンからキリまで
(ぴんからきりまで)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る