「へ」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
平気の平左
(へいきのへいざ)
平家を滅ぼすは平家
(へいけをほろぼすはへいけ)
平地に波瀾を起こす
(へいちにはらんをおこす)
兵強ければ則ち滅ぶ
(へいつよければすなわちほろぶ)
丙丁に付す
(へいていにふす)
兵は詭道
(へいはきどう)
兵は神速を貴ぶ
(へいはしんそくをたっとぶ)
弊履を棄つるが如し
(へいりをすつるがごとし)
臍が茶を沸かす
(へそがちゃをわかす)
臍繰り
(へそくり)
下手があるので上手が知れる
(へたがあるのでじょうずがしれる)
下手が却って上手
(へたがかえってじょうず)
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる
(へたなてっぽうもかずうちゃあたる)
下手の射る矢
(へたのいるや)
下手の考え休むに似たり
(へたのかんがえやすむににたり)
下手の長糸、上手の小糸
(へたのちょういと、じょうずのこいと)
下手の道具調べ
(へたのどうぐしらべ)
下手の長談義
(へたのながだんぎ)
下手の真ん中、上手の縁矢
(へたのまんなか、じょうずのふちや)
下手の横好き
(へたのよこずき)
糸瓜の皮とも思わない
(へちまのかわともおもわない)
屁と火事は元から騒ぐ
(へとかじはもとからさわぐ)
屁の河童
(へのかっぱ)
蛇に噛まれて朽ち縄に怖じる
(へびにかまれてくちなわにおじる)
蛇に睨まれた蛙
(へびににらまれたかえる)
蛇に見込まれた蛙
(へびにみこまれたかえる)
蛇の生殺し
(へびのなまごろし)
減らぬものなら金百両、死なぬものなら子は一人
(へらぬものならかねひゃくりょう、しなぬものならこはひとり)
箆増しは果報持ち
(へらましはかほうもち)
屁を放って尻窄める
(へをひってしりすぼめる)
辺幅を飾る
(へんぷくをかざる)
片鱗を示す
(へんりんをしめす)
米寿
(べいじゅ)
弁慶に薙刀
(べんけいになぎなた)
弁慶の立ち往生
(べんけいのたちおうじょう)
弁慶の泣き所
(べんけいのなきどころ)
弁当は宵から
(べんとうはよいから)
弁当持ち先に食わず
(べんとうもちさきにくわず)
ペンは剣よりも強し
(ぺんはけんよりもつよし)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る