「ほ」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
法あっての寺寺あっての法
(ほうあってのてらてらあってのほう)
方位家の家潰し
(ほういかのいえつぶし)
法三章
(ほうさんしょう)
法師の戦話
(ほうしのいくさばなし)
褒じの一笑国を傾く
(ほうじのいっしょうくにをかたむく)
法は人でない人は法でない
(ほうはひとでないひとはほうでない)
朋友は六親に叶う
(ほうゆうはりくしんにかなう)
吠える犬はめったに噛みつかない
(ほえるいぬはめったにかみつかない)
頬を顔
(ほおをかお)
帆掛け船に艪を押す
(ほかけぶねにろをおす)
星を戴いて出で、星を戴いて帰る
(ほしをいただいていで、ほしをいただいてかえる)
星を数うる如し
(ほしをかぞうるごとし)
細くても針は呑めぬ
(ほそくてもはりはのめぬ)
細くも長けれ
(ほそくもながけれ)
臍を固める
(ほぞをかためる)
臍を噛む
(ほぞをかむ)
発句苦になる馬鹿になる
(ほっくくになるばかになる)
北国の雷
(ほっこくのかみなり)
仏千人、神千人
(ほとけせんにん、かみせんにん)
仏作って魂入れず
(ほとけつくってたましいいれず)
仏の顔も三度
(ほとけのかおもさんど)
仏の光より金の光
(ほとけのひかりよりかねのひかり)
仏ほっとけ神構うな
(ほとけほっとけかみかまうな)
仏もなき堂へ参る
(ほとけもなきどうへまいる)
仏も昔は凡夫なり
(ほとけもむかしはぼんぷなり)
骨折り損のくたびれ儲け
(ほねおりぞんのくたびれもうけ)
褒め手千人、悪口万人
(ほめてせんにん、わるくちまんにん)
褒めらるる身の持ちにくさ
(ほめらるるみのもちにくさ)
褒める人には油断すな
(ほめるひとにはゆだんすな)
褒める人は買わぬ
(ほめるひとはかわぬ)
ホメロスすら時に失策を犯す
(ほめろすすらときにしっさくをおかす)
ホメロスにさえ眠いところがある
(ほめろすにさえねむいところがある)
洞ケ峠
(ほらがとうげ)
法螺と喇叭は大きく吹け
(ほらとらっぱはおおきくふけ)
蒲柳の質
(ほりゅうのしつ)
惚れたが因果
(ほれたがいんが)
惚れた腫れたは当座のうち
(ほれたはれたはとうざのうち)
惚れた病に薬なし
(ほれたやまいにくすりなし)
惚れた欲目
(ほれたよくめ)
惚れて通えば千里も一里
(ほれてかよえばせんりもいちり)
本卦還りの三つ子
(ほんけがえりのみつご)
本丸から火を出す
(ほんまるからひをだす)
本来無一物
(ほんらいむいちもつ)
ホーマーにさえ眠いところがある
(ほーまーにさえねむいところがある)
忘形の交わり
(ぼうけいのまじわり)
暴虎馮河の勇
(ぼうこひょうがのゆう)
望蜀
(ぼうしょく)
坊主捨て置け医者大事
(ぼうずすておけいしゃだいじ)
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い
(ぼうずにくけりゃけさまでにくい)
坊主の花簪
(ぼうずのはなかんざし)
坊主の不信心
(ぼうずのふしんじん)
坊主丸儲け
(ぼうずまるもうけ)
忙中閑あり
(ぼうちゅうかんあり)
棒に振る
(ぼうにふる)
忘年の交わり
(ぼうねんのまじわり)
棒ほど願って針ほど叶う
(ぼうほどねがってはりほどかなう)
忘憂の物
(ぼうゆうのもの)
亡羊の嘆
(ぼうようのたん)
暴を以て暴に易う
(ぼうをもってぼうにかう)
墨守
(ぼくしゅ)
木石に非ず
(ぼくせきにあらず)
木鐸
(ぼくたく)
朴念仁
(ぼくねんじん)
墓穴を掘る
(ぼけつをほる)
牡丹に唐獅子、竹に虎
(ぼたんにからじし、たけにとら)
襤褸を着ても心は錦
(ぼろをきてもこころはにしき)
盆と正月が一緒に来たよう
(ぼんとしょうがつがいっしょにきたよう)
煩悩の犬は追えども去らず
(ぼんのうのいぬはおえどもさらず)
ぽつぽつ三年、波八年
(ぽつぽつさんねん、なみはちねん)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る