「む」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
六日の菖蒲、十日の菊
(むいかのあやめ、とおかのきく)
無為にして治まる
(むいにしておさまる)
無為にして化す
(むいにしてかす)
無為の治
(むいのち)
無何有の郷
(むかうのさと)
昔から言う事に嘘はない
(むかしからいうことにうそはない)
昔千里も今一里
(むかしせんりもいまいちり)
昔年寄りに弱い者なし
(むかしとしよりによわいものなし)
昔取った杵柄
(むかしとったきねづか)
昔の剣、今の菜刀
(むかしのつるぎ、いまのながたな)
昔は今の鏡
(むかしはいまのかがみ)
昔は肩で風を切り、今は歩くに息を切る
(むかしはかたでかぜをきり、いまはあるくにいきをきる)
昔は昔、今は今
(むかしはむかし、いまはいま)
麦飯で鯉を釣る
(むぎいいでこいをつる)
麦と姑は踏むが良い
(むぎとしゅうとめはふむがよい)
無患子は三年磨いても黒い
(むくろじはさんねんみがいてもくろい)
向こう三軒両隣
(むこうさんげんりょうどなり)
無告の民
(むこくのたみ)
無辜の民
(むこのたみ)
婿は座敷から貰え、嫁は庭から貰え
(むこはざしきからもらえ、よめはにわからもらえ)
虫が知らせる
(むしがしらせる)
虫が好かない
(むしがすかない)
虫が付く
(むしがつく)
虫酸が走る
(むしずがはしる)
虫でも向かってくるものである
(むしでもむかってくるものである)
虫の息
(むしのいき)
虫の居所が悪い
(むしのいどころがわるい)
虫も殺さぬ
(むしもころさぬ)
矛盾
(むじゅん)
無常の鬼が身を責むる
(むじょうのおにがみをせむる)
無常の風は時を選ばず
(むじょうのかぜはときをえらばず)
娘三人持てば身代潰す
(むすめさんにんもてばしんだいつぶす)
娘でも嫁と名が付きゃ憎うなる
(むすめでもよめとながつきゃにくうなる)
娘に甘いは親父の習い
(むすめにあまいはおやじのならい)
娘一人に婿八人
(むすめひとりにむこはちにん)
むすめふさほせ
(むすめふさほせ)
娘を見るより母を見よ
(むすめをみるよりははをみよ)
鞭を惜しめば子供は駄目になる
(むちをおしめばこどもはだめになる)
胸三寸に納める
(むねさんずんにおさめる)
胸に一物
(むねにいちもつ)
胸に釘
(むねにくぎ)
夢寐にも忘れない
(むびにもわすれない)
無明の酒に酔う
(むみょうのさけによう)
無用の長物
(むようのちょうぶつ)
無用の用
(むようのよう)
紫の朱を奪う
(むらさきのあけをうばう)
無理が通れば道理引っ込む
(むりがとおればどうりひっこむ)
無理も通れば道理になる
(むりもとおればどうりになる)
無累の人
(むるいのひと)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る