「や」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
八百長
(やおちょう)
焼きが回る
(やきがまわる)
焼き餅と欠き餅は焼く方が良い
(やきもちとかきもちはやくほうがよい)
焼き餅は狐色
(やきもちはきつねいろ)
焼き餅焼くとて手を焼くな
(やきもちやくとててをやくな)
役者に年なし
(やくしゃにとしなし)
薬餌に親しむ
(やくじにしたしむ)
薬石効なし
(やくせきこうなし)
薬石の言
(やくせきのげん)
薬籠中の物
(やくろうちゅうのもの)
焼け跡の釘拾い
(やけあとのくぎひろい)
焼け石に水
(やけいしにみず)
焼けたあとは立つが死んだあとは立たぬ
(やけたあとはたつがしんだあとはたたぬ)
火傷、火に怖じる
(やけど、ひにおじる)
焼野の雉子、夜の鶴
(やけののきぎす、よるのつる)
やけのやん八
(やけのやんぱち)
焼け木杭には火がつきやすい
(やけぼっくいにはひがつきやすい)
野狐禅
(やこぜん)
養う所を以て其の養う所を害せず
(やしなうところをもってそのやしなうところをがいせず)
夜叉が嫁入り
(やしゃがよめいり)
夜食過ぎての牡丹餅
(やしょくすぎてのぼたもち)
安い物と化け物はない
(やすいものとばけものはない)
安かろう悪かろう
(やすかろうわるかろう)
安きこと泰山の如し
(やすきことたいざんのごとし)
安きを偸む
(やすきをぬすむ)
安物買いの銭失い
(やすものかいのぜにうしない)
鑢と薬の飲み違い
(やすりとくすりののみちがい)
痩せ腕にも骨
(やせうでにもほね)
痩せ馬に重荷
(やせうまにおもに)
痩せ馬鞭を恐れず
(やせうまむちをおそれず)
痩せ我慢は貧から起こる
(やせがまんはひんからおこる)
痩せても枯れても
(やせてもかれても)
痩せの大食い
(やせのおおぐい)
宿取らば一に方角、二に雪隠、三に戸締り、四には火の元
(やどとらばいちにほうがく、ににせっちん、さんにとじまり、しにはひのもと)
宿六
(やどろく)
柳に風
(やなぎにかぜ)
柳に雪折れなし
(やなぎにゆきおれなし)
柳の下にいつも泥鰌はいない
(やなぎのしたにいつもどじょうはいない)
柳は緑花は紅
(やなぎはみどりはなはくれない)
野に遺賢なし
(やにいけんなし)
野に下る
(やにくだる)
やはり野に置け蓮華草
(やはりのにおけれんげそう)
藪医者の玄関
(やぶいしゃのげんかん)
藪医者の手柄話
(やぶいしゃのてがらばなし)
藪医者の病人選び
(やぶいしゃのびょうにんえらび)
藪から棒
(やぶからぼう)
藪に蛇なかれ村に事なかれ
(やぶにへびなかれむらにことなかれ)
藪の外でも若竹育つ
(やぶのそとでもわかたけそだつ)
藪の中の荊
(やぶのなかのうばら)
藪蛇
(やぶへび)
破れても小袖
(やぶれてもこそで)
藪をつついて蛇を出す
(やぶをつついてへびをだす)
病膏肓に入る
(やまいこうこうにいる)
病上手に死に下手
(やまいじょうずにしにべた)
病治りて薬師忘る
(やまいなおりてくすしわする)
病には勝たれぬ
(やまいにはかたれぬ)
病は癒ゆるに怠る
(やまいはいゆるにおこたる)
病は気から
(やまいはきから)
病は口より入り、禍は口より出ず
(やまいはくちよりいり、わざわいはくちよりいず)
病は治るが癖は治らぬ
(やまいはなおるがくせはなおらぬ)
山師の玄関
(やましのげんかん)
山師山で果てる
(やましやまではてる)
山高きが故に貴からず
(やまたかきがゆえにたっとからず)
山に躓かずして垤に躓く
(やまにつまずかずしててつにつまずく)
山に蛤を求む
(やまにはまぐりをもとむ)
山の芋鰻とならず
(やまのいもうなぎとならず)
山の芋鰻になる
(やまのいもうなぎになる)
山の芋を蒲焼にする
(やまのいもをかばやきにする)
山より大きな猪は出ぬ
(やまよりおおきないのししはでぬ)
山を掛ける
(やまをかける)
闇から牛を引き出す
(やみからうしをひきだす)
闇から闇に葬る
(やみからやみにほうむる)
闇に鉄砲
(やみにてっぽう)
闇夜に烏、雪に鷺
(やみよにからす、ゆきにさぎ)
闇夜の提灯
(やみよのちょうちん)
闇夜の礫
(やみよのつぶて)
闇夜の錦
(やみよのにしき)
病む身より見る目
(やむみよりみるめ)
病め医者死ね坊主
(やめいしゃしねぼうず)
矢も楯もたまらず
(やもたてもたまらず)
やらずぶったくり
(やらずぶったくり)
槍玉に上げる
(やりだまにあげる)
槍でも鉄砲でも持ってこい
(やりでもてっぽうでももってこい)
八幡の藪知らず
(やわたのやぶしらず)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る