「り」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
梨園
(りえん)
李下に冠を正さず
(りかにかんむりをたださず)
理外の理
(りがいのり)
理屈上手の行い下手
(りくつじょうずのおこないべた)
理屈と膏薬はどこへでも付く
(りくつとこうやくはどこへでもつく)
理屈を言えば腹が立つ
(りくつをいえばはらがたつ)
律儀は阿呆の唐名
(りちぎはあほうのからな)
律義者の子沢山
(りちぎもののこだくさん)
六国を滅ぼす者は六国なり
(りっこくをほろぼすものはりっこくなり)
立錐の余地もない
(りっすいのよちもない)
理詰めより重詰め
(りづめよりじゅうづめ)
理に勝って非に落ちる
(りにかってひにおちる)
溜飲が下がる
(りゅういんがさがる)
流言は知者に止まる
(りゅうげんはちしゃにとどまる)
竜虎相搏つ
(りゅうこあいうつ)
柳絮の才
(りゅうじょのさい)
竜と心得た蛙子
(りゅうとこころえたかえるこ)
竜の髭を撫で虎の尾を踏む
(りゅうのひげをなでとらのおをふむ)
柳眉を逆立てる
(りゅうびをさかだてる)
竜馬の躓き
(りゅうめのつまずき)
凌雲の志
(りょううんのこころざし)
良禽は木を択んで棲む
(りょうきんはきをえらんですむ)
燎原の火
(りょうげんのひ)
良工は材を択ばず
(りょうこうはざいをえらばず)
良賈は深く蔵して虚しきが如し
(りょうこはふかくぞうしてむなしきがごとし)
梁山泊
(りょうざんぱく)
領袖
(りょうしゅう)
梁上の君子
(りょうじょうのくんし)
両端を持す
(りょうたんをじす)
両手に花
(りょうてにはな)
遼東の豕
(りょうとうのいのこ)
猟は鳥が教える
(りょうはとりがおしえる)
両刃の剣
(りょうばのつるぎ)
両方聞いて下知をなせ
(りょうほうきいてげちをなせ)
両方立てれば身が立たぬ
(りょうほうたてればみがたたぬ)
良薬は口に苦し
(りょうやくはくちににがし)
両雄並び立たず
(りょうゆうならびたたず)
林間に酒を煖めて紅葉を焼く
(りんかんにさけをあたためてこうようをたく)
悋気嫉妬は女の常
(りんきしっとはおんなのつね)
悋気せぬ女は弾まぬ鞠
(りんきせぬおんなははずまぬまり)
悋気は女の七つ道具
(りんきはおんなのななつどうぐ)
悋気は恋の命
(りんきはこいのいのち)
綸言汗の如し
(りんげんあせのごとし)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る