「ろ」からはじまる故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
労多くして功少なし
(ろうおおくしてこうすくなし)
老化は足から
(ろうかはあしから)
老骨に鞭打つ
(ろうこつにむちうつ)
狼藉
(ろうぜき)
蠟燭は身を減らして人を照らす
(ろうそくはみをへらしてひとをてらす)
壟断
(ろうだん)
籠鳥雲を恋う
(ろうちょうくもをこう)
老婆心
(ろうばしん)
老馬の智
(ろうばのち)
老兵は死なず、消え去るのみ
(ろうへいはしなず、きえさるのみ)
隴を得て蜀を望む
(ろうをえてしょくをのぞむ)
艪櫂の立たぬ海もなし
(ろかいのたたぬうみもなし)
魯魚の誤り
(ろぎょのあやまり)
六十の手習い
(ろくじゅうのてならい)
碌でなしが人の陰言
(ろくでなしがひとのかげごと)
盧生の夢
(ろせいのゆめ)
露命を繋ぐ
(ろめいをつなぐ)
艪も櫂も立たぬ
(ろもかいもたたぬ)
呂律が回らない
(ろれつがまわらない)
艪を押して櫂は持たれぬ
(ろをおしてかいはもたれぬ)
論語読みの論語知らず
(ろんごよみのろんごしらず)
論に負けても実に勝つ
(ろんにまけてもじつにかつ)
論に負けても理に勝つ
(ろんにまけてもりにかつ)
論より証拠
(ろんよりしょうこ)
ローマにいる時はローマの人がするとおりにせよ
(ろーまにいるときはろーまのひとがするとおりにせよ)
ローマは一日にしてならず
(ろーまはいちにちにしてならず)

五十音検索に戻る

五十音から検索
   
       

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る