「玉」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
開けて悔しき玉手箱
(あけてくやしきたまてばこ)
氏なくして玉の輿
(うじなくしてたまのこし)
憂いを掃う玉箒
(うれいをはらうたまははき)
女は氏無うて玉の輿に乗る
(おんなはうじのうてたまのこしにのる)
褐を被て玉を懐く
(かつをきてたまをいだく)
艱難、汝を玉にす
(かんなん、なんじをたまにす)
玉山崩る
(ぎょくざんくずる)
玉斧を乞う
(ぎょくふをこう)
酒は憂いの玉箒
(さけはうれいのたまははき)
玉となって砕くとも瓦となって全からじ
(たまとなってくだくともかわらとなってまったからじ)
玉に瑕
(たまにきず)
玉の輿
(たまのこし)
玉の杯、底なきが如し
(たまのさかずき、そこなきがごとし)
玉磨かざれば器をなさず
(たまみがかざればきをなさず)
玉磨かざれば光なし
(たまみがかざればひかりなし)
玉を衒いて石を売る
(たまをてらいていしをうる)
鉄砲玉の使い
(てっぽうだまのつかい)
白玉楼中の人となる
(はくぎょくろうちゅうのひととなる)
目の寄る所へは玉も寄る
(めのよるところへはたまもよる)
槍玉に上げる
(やりだまにあげる)

「玉」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る