「声」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
相手見てからの喧嘩声
(あいてみてからのけんかごえ)
空き家で声嗄らす
(あきやでこえからす)
あの声で蜥蜴食らうか時鳥
(あのこえでとかげくらうかほととぎす)
一犬影に吠ゆれば百犬声に吠ゆ
(いっけんかげにほゆればひゃっけんこえにほゆ)
楽屋で声を嗄らす
(がくやでこえをからす)
君子は交わり絶ゆとも悪声を出さず
(くんしはまじわりたゆともあくせいをださず)
声なきに聴き、形なきに視る
(こえなきにきき、かたちなきにみる)
声なくして人を呼ぶ
(こえなくしてひとをよぶ)
雀の千声鶴の一声
(すずめのせんこえつるのひとこえ)
声涙、倶に下る
(せいるい、ともにくだる)
大声は里耳に入らず
(たいせいはりじにいらず)
民の声は神の声
(たみのこえはかみのこえ)
鶴九皐に鳴き、声天に聞こゆ
(つるきゅうこうになき、こえてんにきこゆ)
鶴の一声
(つるのひとこえ)
問い声よければいらえ声よい
(といごえよければいらえごえよい)
民衆の声は神の声
(みんしゅうのこえはかみのこえ)

「声」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る