「赤」を含む故事・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

五十音順に並んでいます。

故事・ことわざ(読み方)
赤いは酒の咎
(あかいはさけのとが)
赤子のうちは七国七里の者に似る
(あかごのうちはななくにななさとのものににる)
赤子の手を捩じるよう
(あかごのてをねじるよう)
赤子は泣き泣き育つ
(あかごはなきなきそだつ)
赤子を裸にしたよう
(あかごをはだかにしたよう)
赤の他人
(あかのたにん)
朱に交われば赤くなる
(しゅにまじわればあかくなる)
赤貧洗うが如し
(せきひんあらうがごとし)
橙が赤くなれば医者の顔が青くなる
(だいだいがあかくなればいしゃのかおがあおくなる)
亭主の好きな赤烏帽子
(ていしゅのすきなあかえぼし)
隣の花は赤い
(となりのはなはあかい)
始めちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子泣くとも蓋取るな
(はじめちょろちょろ、なかぱっぱ、あかごなくともふたとるな)
人の花は赤い
(ひとのはなはあかい)

「赤」の読み方・部首・画数

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る