「明日ありと思う心の仇桜」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 明日ありと思う心の仇桜
読み方 あすありとおもうこころのあだざくら
意味 いつ何が起こるかわからない、人生や世の中の無常をいった言葉。桜の花が、明日も咲いているだろうと安心していると、夜中の嵐で散ってしまうかもしれないという意から。「夜半に嵐の吹かぬものかは」という句がこれに続く。
出典 『親鸞上人絵詞伝』
漢字詳細 「明」を含むことわざ
「明」という漢字の詳細
「日」を含むことわざ
「日」という漢字の詳細
「思」を含むことわざ
「思」という漢字の詳細
「心」を含むことわざ
「心」という漢字の詳細
「仇」を含むことわざ
「仇」という漢字の詳細
「桜」を含むことわざ
「桜」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る