「他人の疝気を頭痛に病む」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 他人の疝気を頭痛に病む
読み方 たにんのせんきをずつうにやむ
意味 自分には関係のない物事で、いらぬ心配をすることのたとえ。「疝気」は漢方で腰・下腹部の病気のこと。他人の疝気を心配して自分が頭痛になるという意から。「隣の疝気を頭痛に病む」「人の疝気を頭痛に病む」ともいう。
類語

踵で頭痛を病む

漢字詳細 「他」を含むことわざ
「他」という漢字の詳細
「人」を含むことわざ
「人」という漢字の詳細
「疝」を含むことわざ
「疝」という漢字の詳細
「気」を含むことわざ
「気」という漢字の詳細
「頭」を含むことわざ
「頭」という漢字の詳細
「痛」を含むことわざ
「痛」という漢字の詳細
「病」を含むことわざ
「病」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る