「玉の杯、底なきが如し」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 玉の杯、底なきが如し
読み方 たまのさかずき、そこなきがごとし
意味 外見はすばらしいが、肝心なところに欠点があり、使いものにならないもののたとえ。美しい杯も、底がなければ用をなさないという意から。
出典 『韓非子』外儲説右上
漢字詳細 「玉」を含むことわざ
「玉」という漢字の詳細
「杯」を含むことわざ
「杯」という漢字の詳細
「底」を含むことわざ
「底」という漢字の詳細
「如」を含むことわざ
「如」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る