「鶯鳴かせたこともある」の意味

スポンサーリンク

スポンサーリンク

言葉 鶯鳴かせたこともある
読み方 うぐいすなかせたこともある
意味 若いころは魅力的で異性にもてはやされたこともあったと、老女が昔を自慢していうことば。女性の美しさを梅、男性を鶯にたとえて枝にとまらせて鳴かせたという意味。
漢字詳細 「鶯」を含むことわざ
「鶯」という漢字の詳細
「鳴」を含むことわざ
「鳴」という漢字の詳細

故事・ことわざ辞典TOP

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 故事・ことわざ辞典オンライン

ページ先頭に戻る