七尺去って師の影を踏まずについて

七尺去って師の影を踏まず
読み方しちしゃくさってしのかげをふまず
意味師につき従って行く時は、弟子は後ろから歩き、師の影を踏んではいけないということ。弟子が師を敬う心がけを説いた言葉。「三尺下がって師の影を踏まず」ともいう。
出典

使用されている漢字

ページ先頭に戻る