濫觴について

言葉濫觴
読み方らんしょう
意味ものごとの始まり、起源。「濫」は浮かべる、「觴」は杯(さかずき)のことで、大河である揚子江もその源は、杯を浮かべるほどの細流であったという意から。
出典

使用されている漢字

「濫」を含むことわざ

「濫」を含むことわざを全て見る

「觴」を含むことわざ

ページ先頭に戻る